2024年06月08日

埼玉県知事と不法滞在クルド人プロパガンダ!


トルコのクルド系国会議員と埼玉知事が面会「PKK関係との認識ない」「川口の話はせず」 「移民」と日本人
6/4(火) 17:54配信 産経新聞

sai
記者会見する埼玉県の大野元裕知事=4日、県庁

埼玉県の大野元裕知事が先月末、トルコの少数民族クルド系の国会議員らと県庁で面会していたことが4日わかった。議員はクルド系の有力野党に所属し、トルコ政府がテロ組織と指定する非合法武装組織クルド労働者党(PKK)の傘下とされる政党の創設メンバー。大野氏は同日の定例記者会見で「トルコで正式に国会議員として選出された方で、それ以上の認識は特にない」と述べた。同県では川口市に集住するクルド人と地元住民らの軋轢が表面化している。

kawa
【写真】クルド人ら約100人が病院周辺に殺到し騒ぎがあった現場

大野氏によると、先月31日にトルコの国会議員、ヴェジル・パルラク氏ら2人が来庁し、知事応接室で約10分間面会した。「埼玉県訪問のための表敬と聞き、私が国会議員時代に日本トルコ友好議連のメンバーでもあったので、知事という立場だがお会いした」と説明。

「二国間関係の増進などを議論した。私のほうからは『国籍にかかわらず、すべての外国人と日本人が共存して安心して暮らせるように努めていきたい』という話をした」と語った。

川口市内で、クルド人と地元住民らの軋轢が表面化している問題については「川口のクルド人についてという特定の話はなかった」と述べた。

日本の国会議員有志らでつくる「人権外交を超党派で考える議員連盟」の資料によると、ヴェジル氏は「クルド政治運動の青年部門で積極的に活動」「国民民主主義党(HDP)の創設メンバーで、昨年の総選挙で人民の平等と民主主義党(DEM)所属の国会議員に当選した」と紹介されている。

HDPはクルド系の有力野党で、トルコ最高検は2021年3月、PKKの傘下組織と断定、憲法裁判所に解党を申し立てている。

大野氏はこの点について「トルコで正式に国会議員として選出された方が、トルコの国会議員として訪問されることについて表敬訪問を受けたということで、それ以上の認識は特にない」と応じた。

今回の面会について県は公表していなかったが、ヴェジル氏側がSNS(交流サイト)上で写真などを掲載したことで明らかになった。面会に職員が同席した県国際課は、経緯について「知事の公務と政務の中間くらいの立場で、県政と直接関係ないため、詳細を公表するつもりはなかった」としている。

大野氏は3月の記者会見で「川口市の一部で軋轢やトラブルが生じていることは認識している」と述べていた。

PKKは、クルド人国家の樹立を掲げて1984年に武装闘争を開始、90年以降、国内各地でテロを引き起こしてきた。日本の警察庁は国際テロリスト等財産凍結法に基づき、PKKを「国際テロリスト」に指定、財産凍結などの対象としている。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 「テロ支援都市」宣言でもする気なのか?

なりふり構わない不法滞在者コミュニティへの擁護!

 埼玉県の大野元裕知事が5月下旬、クルド系トルコ人のトルコ国会議員らと面会していたことが明らかにされた。

 非合法武装組織『クルド労働者党(PKK)』の関連とされる政党『国民民主主義党(HDP)』の創設メンバーでもあり、PKKもトルコ政府からテロ組織に指定されているが、HDPもPKKとの絡みからトルコ最高検によって同国の憲法裁判所へ解党を申し立てられている。

 どちらにしても反体制の非合法武装組織に変わりはないわけだが、埼玉県知事との面会はトルコ国内のクルド人勢力と、双方に強いコネクションを持つ者らによってセッティングされたことは間違いないだろう(それにしても後々大問題になるようなトンだ連中を引き合わせてしまったものだ)。

 埼玉県の川口市や蕨市で不法滞在クルド人問題を追及するデモ街宣で知られる右派市民運動勢力(行動する保守運動系)についても同じことが言えるが、水面下で接触を図り、妥結点や打開策を模索すること自体まで否定されるべきではない。

 ただ、大野知事のように自治体首長ともなると、その面会という事実を以って特に埼玉県内での不法滞在クルド人問題へのプロパガンダに悪用されるかも知れないだけにその扱いは要注意だ。

 トルコ国内で反政府テロを繰り広げるクルド人勢力の国会議員が、日本で不法滞在を続けるクルド人(PKK支援者など)とどう繋がっているかも分からないし、何らかの繋がりがあると考えるのが妥当なだけに、どう影響するとも分からない。

 まして埼玉県などは(部外者である周囲が騒いでいるだけだとしても)不法滞在クルド人問題をめぐってヘイト規制までが取り沙汰されつつあるような状況だ。

:拙ブログの「大野・埼玉県知事」関連エントリー
2024年03月28日 「埼玉ヘイト規制」(?)に物申す!


 …面会の事実を報じた産経新聞の記事では、大野知事が今年3月の記者会見で川口市内での不法滞在クルド人問題に言及したことが伝えられているが、「強制送還一択」でしかない不法滞在外国人問題をめぐってヘイトスピーチも差別も何もあったものではない。

 大野知事もトンだ面会の事実をすっぱ抜かれたものだが、産経新聞の記事で特筆すべきは「日本の警察庁が『国際テロリスト等財産凍結法』に基づき、PKKを『国際テロリスト』に指定し、財産凍結などの対象としている」という事実。

 国際テロリスト等財産凍結法とはなかなか聞き慣れない法律だが、これまで不法滞在クルド人を支援する勢力が主張していたような「トルコ政府がテロ指定したに過ぎない」とする説が虚偽だったことが白日の下に晒されたと言えるだろう。

 日本政府はテロ組織及びその支援者に何ら指定していない…だから日本国内にクルド人のテロ組織・支援団体は存在しない…埼玉県内のクルド人らはテロ組織とは無関係であるかのように説く主張は全て虚偽のウソ八百、デタラメだったのである。

 トルコ政府が何と言っているかという問題よりも、他ならぬ日本の『警察庁』という治安組織が国際テロリスト等財産凍結法という法的根拠と法治主義に基づき、PKKを国際テロ組織に指定し、財産凍結の対象としているという事実がある。

 そうした事実がある以上、そのPKKに連なる者、連なる組織・団体の財産は直ちに凍結されなければならないし、実際に凍結された事実に基づき、日本での在留資格に違法性があれば速やかに法治主義に則った措置(強制送還)を講じなければならない。

 日本の対トルコの外交ルートはトルコの政府・与党であって、反体制のクルド人勢力ではない。従って日本での不法滞在クルド人を支援する勢力には「独自外交」に基づき、PKKに連なるトルコ国内のクルド人実力者を日本の自治体首長(埼玉県知事など)に引き合わせる焦燥感に駆られていたのだろう。

 しかし、それこそ県外で地元民(埼玉県民)ではない者らがやって来ては勝手に騒いでいるに過ぎないクルド人への支援活動のせいで、埼玉県が「テロ支援都市」のレッテルを貼られるような暴挙である。

 ありもしないヘイトスピーチや差別発言が云々の前に、不法滞在クルド人を支援する者らは事を拙速に急ぐあまり、日本の法治主義を破壊して埼玉県にテロ支援都市宣言でもさせるつもりなのか?

 いよいよ、テロ組織にも連なる不法滞在クルド人への支援がなりふり構わない段階に突入してきたと言えそうだ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪






◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト&Youtubeチャンネル



gaiboku
  
Posted by samuraiari at 23:45Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 | 『自由社会を守る国民連合』(連帯・反原発・ヘイト規制・LGBT関連)

2024年06月07日

外国人犯罪への警告!

aichi
画像:約10年前、愛知県知立市で薬物中毒と見られるブラジル人による奇声と大暴れが発生! 駆けつけた警察官のホルスターから拳銃を強奪して発砲し、警察官の右腕に負傷させる事件が発生した!
手足への被弾では当たり所が悪ければ手足の切断という事態もあり得るだけに、警察官の発砲で容疑者が被弾・負傷することよりも、警察官や市民が被弾して犠牲になることのほうが恐ろしい!

鉄パイプで襲いかかるブラジル国籍の男に警察官が拳銃を構え警告 発砲はせず 公務執行妨害の疑いで男を逮捕 富山市
6/1(土) 17:59配信 チューリップテレビ

富山中央警察署によりますと、6月1日午後0時半ごろ、富山市向新庄町で住民から「1時間ほど前から路上で叫んでいる男がいる」と警察に通報がありました。

通報を受けて、警察官が現場に駆けつけ盾などをもって、大声を出している男に鉄パイプを捨てるよう説得していましたが、午後1時20分ごろ、男は盾を持っていた警察官に鉄パイプで殴りかかる暴行を加えたということです。その後、別の警察官が拳銃を構え警告。発砲はしませんでした。そのほかの警察官が男を取り押さえ、富山市向新庄町のブラジル国籍の49歳の男を公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕しました。けが人はいなかったということです。

警察の調べに対し、男は容疑を認めているということです。

富山中央警察署は「現時点で拳銃の使用について問題なかったと考えている」としています。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ ブラジル人容疑者による街中での奇行!

入国管理崩壊…麻薬蔓延…組織犯罪増長…地域のスラム化?

 富山県富山市向新庄町内の路上で6月1日、奇声を発して叫びながら鉄パイプを振りかざして暴れていたブラジル人の男に警察官が拳銃を抜いて警告の上で武器を捨てるように命令。

 すぐに他の警察官らがブラジル人の男を取り押さえて公務執行妨害の現行犯で逮捕。

 この騒ぎでは楯を持った警察官らが出動する騒ぎとなったものである。

 警察官による発砲はなかったが、発砲することなく凶行を抑止出来たのであれば、それに越したことはない。

 似たような事件は10年前にも愛知県知立(ちりゅう)市で発生した。この時もブラジル人の男が凶器を手に奇声を発して暴れていたわけだが、駆けつけた警察官と揉み合いになり、その最中、警察官が腰に携行していたホルスターから男が拳銃を強奪して発砲。

 警察官が右腕に被弾して負傷させられたものだ。

 中部・東海地方は特にブラジル人など南米系外国人が多いことで知られるが、北陸地方の富山県とて南米系の数は少なくない。

 関東の埼玉県では目下、不法滞在クルド人コミュニティが問題になっているが、中部・東海から北陸・近畿の一部にかけてはブラジル人など南米系外国人。

 外国人に限ったことではないが、事件が起きた際に不用意に接近するのは要注意である。特に日本の警察官の場合、柔道経験者が多いために組み合いや揉み合いには自信があるのかも知れないが、これが危険。

 体格で日本人に勝る外国人容疑者の中には馬鹿力の持ち主も少なくないため、刃物でも持っていれば余計に危険だし、たとえ素手だったとしても一たび拳銃のグリップを握られでもすれば非常に危うい。それを振り解こうにも至難の業だ。

 日本人ではそうはいないだろうが、特にブラジルなど南米系外国人の場合は子供の頃から銃器に触れていた経験もあるため、一たび手にすれば拳銃のトリガー(引き金)を引くにも躊躇いがない。

 結果、愛知・知立では大変な惨劇となったものである。

 そうした愛知県警での失敗も踏まえたものかも知れないが、鉄パイプを手にした狂人に対しては楯で対応。その上で警察官の一人が拳銃を構えて対処したのは適切だったと言えるだろう。これが容疑者の凶行に一定の歯止めを生じさせ、その隙に別の警察官が身柄を確保することに成功している。

 …事件はこれで一件落着したのだが、問題は愛知・知立市でのケースでもそうだったが、何故にブラジル人の男が大声で奇声を発して暴れていたのか、ということだろう。

 実際に愛知県豊田市のブラジル人集住地区として知られる『保見団地』を訪れて見聞きした光景だが、団地のベランダから何やら奇声を発していた南米系外国人らしき男を目撃したものである。

 近隣住民の日本人に訊くと、保見団地住民として長年見聞きしてきた経験からか「薬物でもやっているんじゃないか。ヤバいね」と述べたものだ。

◆ 外国人犯罪撲滅協議会 広報リンクより再掲

2018年04月19日 【愛知】ブラジリアンタウン『保見団地』レポート


2018年04月20日 【愛知】ブラジリアンタウン『知立団地』レポート


 …ヤク(違法薬物)でなければ、単なる精神異常の類いなのか? 日本での入国審査では精神疾患などは問われないだけに、日系南米人労働者の受け入れでそうしたブラジル人が少なからず混じっていたとしても不思議ではない。

 さらに恐ろしいのはこうした薬物常用のブラジル人など外国人が増えていることで、日本での麻薬売買(密売)市場のシェア拡大を下支えしては組織犯罪の収益になっているということである。

 同時に異常者による奇声、大暴れ、そして警察官への抵抗から拳銃強奪・発砲までが起きている事実は地域のスラム化を物語っている。

 関東圏の中東系外国人コミュニティも深刻だが、ブラジル人など南米系外国人の問題とて日本という国・社会をどうするかの瀬戸際だ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


以下、直近の外国人犯罪ニュースより!

◆ 外国人犯罪撲滅協議会 公式サイト(事件簿)より

peru beto
画像上:不法滞在ベトナム人への不法就労斡旋で収益を得たとしてペルー人らが逮捕された! 外国人が不法滞在外国人の就労斡旋に携わっている! 偽造在留カードを雇用保険に通せば犯行が発覚するだろうに、どうせバレる犯行はやらない…というのは日本人にしか通用しない発想である!

beto
画像上:こちらは解体現場で不法滞在ベトナム人を不法就労させたとして支那人(中国人)容疑者を逮捕! 不法滞在ベトナム人6人も逮捕されており、そのうち1人の在留期間の延長が確認されたことで釈放されたことをマスコミは強調して伝えているが、ブローカーらと他5人が不法就労で逮捕という事実に変わりはない!

ira
画像上:覚せい剤成分を混入させたボタンを衣類に取り付け、日本に密輸しようとしたイラン人の男を逮捕! その本数・枚数たるや数千と言うから密輸の巧妙化も然ることながら、量的にも凄まじい! 暴力団にせよ国外のマフィア組織にせよ、犯罪組織による組織的な密輸が巧妙化している! イラン人犯罪は単に違法薬物の密売のみならず、国際シンジケートへと変質しようとしている!

shina
画像上:日本人の男と偽装国際結婚しようとした支那人(中国人)の女を逮捕! 婚姻届の提出は2年以上も前だが、たとえどんなに以前だろうと偽装婚は厳しく摘発・処罰し、堂々、一度与えた在留資格であろうと断固として取り消すことが望ましい!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪






◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト&Youtubeチャンネル



gaiboku
  
Posted by samuraiari at 08:18Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
ブラジル人犯罪・日系人特権問題 | 外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪

2024年06月06日

靖国神社汚損テロの支那人容疑者!


◆ 声明!!(令和6年6月4日付)

靖国神社「汚損テロ」を断じて許さない!!

「国際指名手配」で法治国家としての毅然とした措置を!!


◆ 外国人犯罪撲滅協議会 公式サイト(事件簿)より


shina2
画像:靖国神社汚損テロ事件を捜査する警視庁の捜査員ら


【独自】靖国神社の石柱に“放尿”し「トイレ」と落書き 犯行動画に映る中国人の男すでに帰国済みと判明
6/3(月) 11:54配信 FNNプライムオンライン(フジテレビ系)

東京・千代田区の靖国神社の石柱に「トイレ」と落書きされた事件で、落書きをしたとみられる男が、すでに中国に帰国していることがわかった。

shina
【連続画像】中国人が靖国神社の石柱に落書きする一部始終を見る

中国のSNSで拡散されている映像には、男が石柱に向かって放尿をするしぐさをした後、赤いスプレーで英語で「トイレ」と落書きし、立ち去る様子が映っている。

6月1日朝、靖国神社の社号標と呼ばれる石柱に、落書きが見つかった事件の映像とみられる。

警視庁は動画に映る中国人の男の行方を追っているが、この男が、すでに中国に帰国していることが捜査関係者への取材でわかった。

この男は、別の男とともに、発覚前日の5月31日午後10時ごろに、付近の防犯カメラに映っていたとみられることも新たにわかり、警視庁は複数の人物が関与したとみて捜査している。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 首相の公式参拝不履行に起因する?

全ては政権与党・内閣の裁量にかかっている!

 さる6月1日早朝、靖国神社(東京都千代田区)の社号票(石柱)が汚損されているのが発見された。

 ほどなく支那人(中国人)らによる犯行だということが判明した。「董光明」という氏名の支那人であることと、既に日本を発って帰国したことまで判明。日本政府は外交ルートを通じて中共(中国)に対する抗議を申し入れている。

 母国では詐欺などの罪によって服役したことが伝えられているが、こうした前科前歴のある者まで易々と入国させていた我が国の入国管理政策の在り方まで疑問視する向きが強まりそうだ。


画像:有志らによるXポストより

 日本政府・与党として中共に対しての抗議の申し入れも然ることながら、汚損という刑法レベルで見れば極めて軽い罪を犯した外国人被疑者の蛮行についてまで外交問題にするよりも、そこまで政権政党としても問題にしているなら直ちに岸田文雄首相自らが靖国神社を公式参拝して如何なる思想信条であろうと神社仏閣への汚損・破損などは許されないとする声明を発しなければならないだろう。

 事件そのものに関して、のみではない。

 8月15日の終戦記念日などの節目に際しては必ず首相が公式参拝に訪れ、さらに日本人が参拝へと訪れる機会が増えるように努める。

 やがては天皇陛下が参拝に訪れられる環境を整えることで、靖国神社への汚損・破損が刑法レベルでの軽重に限らず、いかに日本人にとって「重罪」であるかを内外に思い知らせなければならないだろう。

 ろくに首相も参拝に訪れない…訪れられないところで中共に何の文句を言ったところで然して功を奏さない。

 汚損事件の被疑者という、前科もある「スパイ工作員」を鉄砲玉の如く日本に送り込み、たかが落書き程度で右往左往する日本側の大騒ぎをよそに、中共が見ているのは事件そのものへの反応のみではない。

 いかに日本の首相・閣僚らが靖国参拝に訪れ難い状況を作れるか…その一点のみにあると言っても過言ではないだろう。

 別の観点から逆に言うと、日本側が首相の靖国神社公式参拝に踏み切らない限りは何の抗議にもメッセージにもならないし、日本側からの唯一絶対の反撃手段は首相の靖国神社公式参拝であり、ゆくゆくは天皇陛下による参拝のみである。

 それでなくとも靖国神社をめぐっては近年、汚損にとどまらず放火や爆発物の設置によるテロ破壊工作まで続発しているという信じ難い状況だ。

 たかが名を上げたいがための外国人チンピラによる犯罪行為だが、政権与党・内閣としてしっかりしていなければ末端レベルでこういう手合いの犯罪続発を招く。

 全ての外国人犯罪抑止・入国管理政策に同じことが言えるが、全ては政権与党・内閣の裁量にかかっていると言えるだろう。

 それを示したのが支那人チンピラによる蛮行であり、靖国神社をめぐる政治的意図に限らず、寺社仏閣をめぐっては異教徒の外国人による蛮行も各地で起きている。

 カルトなど新興宗教である特定教団と政党との政教分離は図らなければならないが、こと日本の政治とて祭政一致でなければ続々異教徒や共産圏(中共など)からテロ工作員紛いの愚か者が来ては寺社仏閣への蛮行が頻発する事態を招く。

 政権与党内にまで複数教団のカルトが跋扈する状態を招く一方、我が国に在らねばならない祭政一致が損なわれたことで続々諸外国とその工作員による破壊工作が頻発する状態をものの見事に示している。

yasu2
画像:汚損されてブルーシートが被せられた石柱

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪






◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト&Youtubeチャンネル



gaiboku
  
Posted by samuraiari at 01:43Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 | 池袋中華街追放・日中国交断絶