2021年10月31日

『日本第一党』の反中グランドフィナーレ!

1
画像上:衆院選最終日の日本第一党による選挙演説(東京テレポート駅前にて)
画像下:中共大使館前でのグランドフィナーレより
4

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画紹介!

10/28亀戸駅北口 『日本第一党』街頭演説! 〜安倍晋三、逃亡〜

10/28亀戸駅北口 『日本第一党』街頭演説(2)! 〜自民党の老人虐待〜

10/29 創価学会 葛飾平和会館 〜探訪記〜
(提供:国民の総意ちゃんねる)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告! 10/30 IN港区六本木

衆院選最終日と日本第一党主催のグランドフィナーレ

目下、国内最大の「反チャイナ」機運と国家革新の兆し!

2
画像上下:東京テレポート駅前にて
3

 令和3年10月30日(土)午前、第49回衆院選の最終日、『日本第一党』(桜井誠党首)は東京・江東区の東京テレポート駅前にて最後の選挙演説を行ない、同日の夕刻より港区六本木の中共(中国)大使館前でグランドフィナーレの反中抗議演説を大々的に展開した。

 東京テレポート駅前では「妨害集団」が精いっぱいの動員をかけながらも僅かに数名が押しかけただけで、まったく相手にはならず。

 なお、同駅前での「選挙妨害」では、川崎駅前での(保守系による)街宣活動への妨害と同様、神奈川新聞の石橋学記者は終始、妨害集団側に位置しており、第一党関係者らと睨み合うなどして、とても報道関係者としての中立を装うことさえもしていない。

 …それはともかく、東京テレポート駅前の選挙演説には土曜の午前中にも関わらず、大勢の第一党支持者が詰めかけ、夕刻よりの中共大使館前でのグランドフィナーレでは約300名もの第一党支持者が大集結。

6
画像上下:集合場所となった六本木メトロハット広場にて
9

7
画像上下:中共大使館前にて
5

8

 集合場所となった六本木メトロハット広場より、一列で行進しての中共大使館への大行進は北京五輪当時(平成20年)の反チャイナ機運を彷彿とさせるものだった。

 選挙運動としての街頭演説活動でなければ、中共大使館前での大々的な抗議行動さえも容認されない…これが「言論の自由」が尊ばれたはずの我が国の嘆かわしき現状である。

 当日のグランドフィナーレでは東京15区(江東区)より立候補している桜井誠党首の他、東京比例ブロックより立候補している同党の中村和弘氏、岡村みきお氏、堀切笹美氏、先崎玲氏らをはじめ、主だった日本第一党関係者らが選挙カーより演説。

 …支那・中共(中国)に対して思うことは大まかに二つ。

 よく日本企業関係者が「スパイ容疑」で摘発されているが、これは紛れもなくスパイ摘発に名を借りた「日本人拉致事件」。北朝鮮のみならず、日本人漁民を拿捕したロシアも韓国も拉致国家であり、そして中共など、日本のまわりは拉致国家だらけ。この状況に鑑みて、北朝鮮による日本人拉致事件くらいは全面解決させなければならない。

 次に私事として直に経験したことだが、かつて中共への日本人旅行者が土産物として「明治時代の日本円硬貨(一円玉)」を大量購入して日本へ持ち帰ったところ、後に全てが偽造硬貨だったと判明した。

 仮にそれが本物だとすれば(大東亜戦争での)戦中のドサクサで大陸進出時代の日本人が置き去りにしたという解釈も成り立つのだが、明治期より支那(中国)大陸で日本円硬貨を(それも大々的に)偽造していた事実を物語る。

 そして昨今、一層顕著になってきた尖閣諸島周辺の侵略と、チベット・ウイグルへの侵略および台湾への侵略…。

 その支那・中共での市場を展開しているのが日本の財界であり、その財界団体の全面的な支援を受けているのが自民党政権。その自民党と連立を組んでいるのが中共の「ご用聞き」「第五列」である公明党なる政権与党。

 …今や時代は台湾の総統が米軍の駐留と、米軍による台湾軍への訓練を公に容認するに至った。

 これまで非公式とされていた米軍関係者の駐留を、台湾総統からしてこれを全面的に公言・容認している時代なのだ。

taiw
画像上下:ネットニュースより
taiw3
taiw2

 オーストラリアは台湾への中共による攻撃があらば、同盟国の米国とともに対応すると同国の国防相が明言した。

 既にオーストラリアは米英とともに新たな(対中)同盟を締結している。

gou
画像:同

 …一方の中共はアフガンのタリバンの幹部らと会談し、支援を継続すると表明した。

 ロシアと同様、国内にイスラム圏(ウイグル)を抱える中共にとってイスラム問題は一種のアキレス腱。

 既にアフガンより撤退した米国だが、これで「自由主義圏」VS「支那・中共」の双方がともにイスラム過激派の存在をよそに、双方が対峙する状況が整ったと言える。

tarib
画像:同

 …こうした目まぐるしい国際情勢の激変にあって、未だ政権与党とその支持母体からして中共の顔色ばかりをうかがい、ウイグル侵略での対中非難決議にさえ至れない…台湾との国交回復にさえ至れない我が国の状況が何とも嘆かわしい。

 日本第一党への選挙応援に馳せ参じる道中の電車内では、トレインニュースでオーストリアとの同盟をめぐり、関係が悪化したとされる米仏関係が改善の兆しにあると伝えられていた。

 日本も自由主義圏同士で組める国とは組まなければならないし、敵基地攻撃能力を云々する以前に在日米軍基地での「核配備」はもはや世界の常識。誰もが知っていながら公言には至れないことを台湾同様、公言しなければならない状況にある。

 衆院選の最終日、中共大使館を包囲するように大集結した人々の群れは選挙結果をよそに、日本第一党による運動が「政治運動」としては大成功であり、日本最大の「反中闘争」になったことを物語っている。

 この反中機運が国家革新の原動力たり得ると確信するものだ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s


バナー
  

Posted by samuraiari at 11:24Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 池袋中華街追放・日中国交断絶 

2021年10月29日

眞子内親王殿下、ご結婚おめでとうございます。

1
画像:婚約発表会見から早や3年、幾多もの苦難と障壁を乗り越えられて小室圭さんとのご結婚に至られた眞子内親王殿下(当時、現・小室眞子様)

眞子内親王殿下、

ご結婚おめでとうございます。

一国民として、

心よりお慶び申し上げます。

殿下こそは
我が国が誇るべき
「プリンセス」であり、
「大和撫子」と称するに相応しい!

2
画像:ご結婚会見で、お二人からの報告が説明のように簡潔で言葉が少ない…などとする批判もあったが、政治家の説明責任ではあるまいし、マスコミ報道にはまるで皇室に対する「敬意」というものがない!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆慶祝!

 眞子内親王殿下が婚約者の小室圭さんとご結婚なされ、晴れて「小室眞子」様となられた。

 右翼・民族派と称される大御所の方々の間では、お二人のご結婚を祝福して賛辞を贈る向きにあるが、筆者(有門大輔)としても当初よりそれに全面同意するものだ。

 最初の婚約会見から早や3年…。その間、小室家に関する様々な憶測と情報が飛び交い、マスコミ報道は言うに及ばず、ネットを中心にお二人のご結婚に対して懐疑的で否定的な見解が平然と飛び交ったものだ。

 拙ブログとしてはこれまで一貫して眞子様(当時は内親王殿下)のご結婚について意見することを差し控えてきたが、この機会に敢えて申し上げたい。

 …まず、何が素晴らしいと言って、小室圭さんのご家庭が母子家庭であり、そう裕福とも言えなかったご家庭の出身であるにも関わらず、その社会的ステイタスや地位に関係なく、小室圭さんのその人となりでご結婚相手としてお選びになられたことが素晴らしい。

 内親王殿下であられた眞子様のお立場なら財界の御曹司や超イケメン俳優ですらご結婚相手に選ぶことも出来たであろうが、世間で言われるような地位や収入、名誉でお選びにはなられていないということ。

 加熱する一方のマスコミ報道の最中、圭さんは司法試験のため、米国へと飛び立たれた。

 たとえ半年1年であっても恋焦がれた人と結婚を目前に、海を隔てて離れ離れになるというのは想像を絶する辛さだが、圭さんは眞子様の愛が「本物」であることを固く信じたからこそ司法試験に没頭する米国での生活に専心することが出来た。

 単なる留学ではない。まるでスナイパーの如く、マスコミのカメラマンが自身を(それも年中)パパラッチしている最中での3年間という月日は筆舌に尽くし難いものがある。

 圭さんのお立場であれば、公道で道を尋ねられた通りすがりの女性に笑顔で会釈しただけでもスクープされてスキャンダルにされてしまいかねなかった。

 まして女性とともに歩いたりすることさえも絶対にしてはならないし、女性と口を利くにも神経を尖らせたことだろう。

 よく遠距離恋愛とは聞くが、こういう状況下での生活は凡人には到底耐え難い。

 この小室圭さんについては以前、マスコミ報道でパンクロックのような出で立ちの写真が「チャラ男」として大々的に掲載されたが、薬物パーティーを開いていたわけではあるまいし、マスコミも世間もどうでも良いような、しょうもないことで逐一騒ぐ。

 むしろ、男はそのくらいの「毒」があったほうが良い。

 そして何より眞子様。小室圭さんとの愛を信じ、長い年月を乗り越えてご結婚に至られたことに改めて祝意を述べたい。

 …現在、日本の女子高生の「処女卒業」率はおよそ30数パーセント。世間一般で考えられるほど多くはないものの、それでも大体が大学入学後には処女を卒業するや男をとっかえひっかえ…。

 ちょっと山の手育ちのお嬢様であっても風俗店に勤め、1日に5〜6人くらいの客を取ればたった1日で15〜16万円を稼ぐとも言われる。

 逆に男で1日に15〜16万円を稼げる商売など存在しない。そうして、稼いだお金で歓楽街のホストクラブに行っては初対面の男(ホスト)に対して「お前」呼ばわりでストレスを発散。

 そう考えればホストという商売も決して楽ではない。店で売れっ子になるまではタコ部屋同然の部屋住み。逆に風俗嬢なら最初から一人住まいの部屋をあてがわれるというのに…。

 風俗嬢なら当日ドタキャンの休みも当たり前。…逆に風俗店で黒子(ボーイ)の男性従業員がドタキャン休業などすれば大目玉の上に即クビだろう。

 やがて社会人となったお嬢様たちは「婚活市場」で免疫のない草食男子で稼ぎの良い公務員や会社員をゲットして結婚に至るというセオリー。

 昭和後期から平成時代にかけて見られた婚活市場と変わらないが、それが現在では女性たちの男を見る目は完全に「お金」「収入」「蓄財」が対象。もう男などはおカネとしか見られていない。

 …何だか女性不信になりそうな話でもあるが、マスコミ報道でよく聞くパパ活など、そういう女性が爆発的に増えている。

 そうした中での真実の愛を貫かれてご結婚に至られた眞子様こそは一筋の光明を差し込むものだった。

 畏れ多くも、眞子様のご結婚に反対意見を主張していた女性らの主張とは、概ね「妥協ではないか?」「もっとステイタスの高い男を選ぶべき!」などというバカで下劣で、世俗的な価値観を皇族にまで強要しようとするものだった。

 眞子様は決して、そのような下劣な価値・基準で小室圭さんをお選びになられてはいない。

 まさに眞子様のご結婚は令和にあっての奇跡。

 世間では液晶テレビでの報道を前に、「初めての男だっただろうからさ」などと冷ややかに見る向きもあったが、今どき皇族でしか見られないと言っても過言ではなさそうな処女を奉げた男性とご結婚に至られるという古めかしくも至高の価値観を眞子様はご自身のご結婚でお示しになられた。

 皇族、まして内親王殿下というお立場にあられて、ご結婚相手をお選びになられるにも至難の業だが、自らのご意思を貫かれたものだ。

 小室夫妻となられたお二人の渡米とその後の生活について、「駆け落ち婚」などと冷やかす向きもあり、低俗なマスコミ報道とそれに煽られた連中も少なくないことだろうが、お二人のご結婚を心から祝福し、慶んでいる国民が大勢いることをお忘れにならないで頂きたい。

 …さらに畏れ多きことに公道で公然と「結婚反対デモ」なる暴挙があったことが報じられてもいた。

k
画像上下:まさに国旗・日の丸を穢す「俄か保守」による破廉恥なデモ行進!
b

 仮にこうした無責任で、無軌道な言論(民意)によってご結婚が覆されるようなことがあれば、それはもはや民主主義とは言えない。

 皇室のご意思は言わば「神」のご意思。

 それが無責任な民意によって左右されたり、覆されるようなことがあってはならない。

 かつて幕末の頃、「公武合体」を目論んで、徳川十四代将軍・家茂(いえもち)のもとに皇女が嫁いだ。

 その時にも「将軍家とはいえ、皇女がなぜに格下の武家に嫁ぐのか」として反対運動のような向きがあったようだが、公武合体の意図がどうなったにせよ、当時も皇室のご意思は貫かれた。

 …余談ながら男女雇用機会均等法の制定・施行以降、女性の社会進出が進み、各分野・各層への女性の登用が進んでいる。

 男社会で男性が高収入を得るや女性を養い、子供をつくって家庭を築くが、女性が雇用を得て管理職などに登用されて高収入を得ても、まず女は性質上、自分のことしか考えないので逆に男性を養って家庭を築くようなことは基本的にない。

 男女平等で女性の高学歴化が進んでいる現在、この女性の社会進出にはますます拍車がかかるだろう。

 しかし、高学歴で高収入の女性はまず「それ以下」の男性とは結婚しない。どうしても「それ以上」を見てしまうからだ。良くて同等…。医学界や法曹界にも女性の進出が著しいが、世の中に「医者以上の職業」「弁護士以上の職業」「大学教授以上の職業」など思いつくだろうか?(ちなみに女医の場合、3分の1が結婚出来て、3分の1が離婚…残る3分の1が未婚のままだと言われる)

 そう考えると女性の高学歴化と社会進出は夫婦共働きで収入増になるどころか、男女間の分断と男女ともに未婚化・晩婚化を招くなど、当の女性にとっても何らのメリットもなかったことが分かろう。

 こういうご時世にあって、まさしく国ぐるみとも言える妨害や様々な雑音がありながらも、自らのご意思を貫かれてご結婚に至られた眞子様こそは自らの生き様として「大和撫子」を具現化されたものだ。

 何度も書くようだが、改めてお慶び申し上げたい。

3
画像:正式なご結婚の後、妹であられる佳子内親王殿下と抱き合われる眞子様
願わくば佳子内親王殿下にあられても、姉上をお手本として、ご結婚なされることが望ましい!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪
  
Posted by samuraiari at 23:46Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 社会保障その他、政界・政局、国内外の諸問題 

2021年10月28日

日本第一党VS共産革命・暴動!

1
画像:JR新宿駅南口にて『日本第一党』桜井誠党首(東京衆院15区にて立候補中)による演説に詰めかけた大勢の聴衆・支持者!
中には「外国人のザル入国やめろ!」と書かれたプラカードを手にした人も!

★動画ご紹介!
桜井誠 東京比例区応援 新宿駅南口
(桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

防衛費の増額を阻害するカルト政党!(10月27日付)
衆院東京12区での不穏な動き…?
koumei


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

動画紹介と「カナロコ記事」糾弾!(10月28日付)
jiyu


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

川崎市内での「もう一つの集スト事件」!(10月28日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/38990206.html
5

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


衆院選 ☆終盤戦でのヘイト・レッテル!

「差別反対」に名を借りた演説妨害と、「多文化共生」の正体?

 終盤に差し掛かった衆院選は各地で様々な戦況が報じられ、様々な憶測を呼んでいる。

 静岡県で行なわれた直近の参院補選では野党候補が勝利したことで一気に野党が優位かと思いきや、それ以前には保守5分裂とまで言われた地方選を自民公認候補が制しており、与党・自公VS野党統一候補の戦いは各選挙区で優劣が入り乱れていて予断を許さない。その意味では非常に興味深い選挙戦となっている。

 一方、自民党元副総裁の山崎拓氏が野党候補・辻元清美の応援演説に立つ珍事が発生。これに対して自民党内には同氏の党からの除名を求める動きが出ている。

 いずれにしても憲法問題が争点にならず、各候補者が改憲論争には尻込みしている状況にあって、与野党のいずれが勝利するにせよ、然したる実りのない「真の勝利者なき選挙」となることは確実だろう。

 …そうした主要政党・候補の争いをよそに、『日本第一党』(桜井誠党首)の選挙運動について神奈川新聞(カナロコ)・石橋学記者が特集記事にしていた。

 日本第一党は桜井党首が東京15区(江東区)で立候補した他、東京比例ブロックに中村和弘氏、堀切笹美氏、岡村みきお氏、先崎玲氏を擁立している。

 …それにしてもカナロコにおける石橋記者の記事は杜撰の一言に尽きると言えるだろう。

 こういう結論付けにしたい…という起承転結は記事・文章を書く上でのセオリーだが、その中間を端折り過ぎていると言うか、到底、結びつかないもの同士を強引に結びつけては自身で描いたとおりのシナリオに持っていきたいがために、あまりにもお粗末な印象操作となっている。いや、正確には印象操作・情報操作の類にもなっていない。

2
画像上下:神奈川新聞ネット版より(一部)
3

4

 あたかも桜井誠党首・日本第一党による選挙戦で暴力事件が起きたかのような触れ込みだが、野次を飛ばしてきた妨害者に対して、壇上(選挙カー)の上から「文句があるなら言ってみろ!」と駆け寄ることのどこが暴力的なのか?

 野次に対して「言論」で真っ向勝負の桜井党首による姿勢だが、単にヘタレ記者がヘタレただけの話だろう。

 …そもそも、カナロコ・石橋記者が言うように、選挙戦に差別を持ち込んでいる…などと、何を以って差別なのか、そこが漠然としていて非常に曖昧だ。

 在日朝鮮人が(日本第一党による選挙運動の)動画を見ただけで「怯えた」と言うなら、政治や選挙に一切関わらなければ良い。

9
画像:同

 そもそも日本での参政権のない人々が日本での政治参加を強いられる謂われもないし、たかが保守派候補の演説動画を視聴しただけで恐れおののくような根性無しに参加してもらう道理もない。

 今回の衆院選にあっても日本に帰化して、選挙権どころか「被選挙権」まで行使して選挙に立候補しつつ、「朝鮮半島統一のために尽くす」などと宣(のたま)う候補者もおられるようなので、そういう人の応援にでも馳せ参じてはどうか?

 選挙戦にまで「反差別」やら「反ヘイト」やらを持ち込んでは候補者に批判的なプラカードを掲げているのは自分たちだというのに、そういう連中のためだけの選挙戦ではない。

 …途中を省略したが、石橋記者の記事は日本第一党による選挙運動と同党への応援をかの関東大震災直後における朝鮮人虐殺(?)に擬えたものだ。

10
画像上下:同
11

 そして、その系譜に戦後(現在までの)自民党政治があるとしている。不法滞在スリランカ人の名古屋入管での病死までを引き合いに…。

 政治や政策が桜井党首ら日本第一党の主張に「お墨付きを与えている」も何も、「外国人犯罪者は強制送還しましょう」「入国管理を厳格化しましょう」と言うのは、むしろ政府方針に沿ったものでしかない。

 …日本第一党の選挙戦とは別に先日、保守系団体による川崎市内での街宣活動で然る弁士による演説がヘイトスピーチ認定されかかったが(議会で否決)、これとて在日韓国・朝鮮人が代を重ねながら帰化もせぬまま参政権を要求していることを問題視した発言で、日本国政府は憲法上も外国人の参政権を容認していないのだから、日本国の方針・政府の方針に沿った主張でしかないだろう。

 それを(戦前・戦中の)「強制連行」などという虚構を口実に、参政権の要求は当然だと言わんばかりに演説そのものを封じようなどは反差別・反ヘイトそして「多文化共生」を口実にした一種の「共産革命・暴動」に他ならない。これが共産主義者の手口である。

 差別反対・ヘイト反対を口実に、彼らが強要しているのは虚構の歴史認識。そして虚構の歴史認識に基づく多文化共生…。

 この共産プロパガンダを担っている急先鋒が神奈川新聞。

 中でも石橋記者による記事の結びはある意味で(共産・左翼プロパという意味で)秀逸である。

12
画像:同

 議会で与党どころか野党にも位置していない日本第一党を引き合いに自民批判を暗に展開し、最後は「政権交代するしかない」と結んだ。

 巧妙なレトリックのつもりなのだろうが、ならば石橋記者は日本第一党ではなく、自らが元凶だとする自民党に張り付いて批判記事でも書くべきだろう。

 在日が多数を占める特別永住者における重犯罪者の強制送還は法制度に明記されていることであり、その強制送還を主張したところで何ら差別には該当しない。

 そもそも特別永住者などは平等・公正を謳った憲法に鑑みても(制度上は)歪な存在であり、その憲法で保障された「言論・表現の自由」に基づいて違憲条例の疑いが濃厚なヘイト規制条例を廃止しようと主張することも出来る。

 日本の周辺国の状況に鑑み、周辺国を批判しつつ安全保障の強化に努めよとすることも言論の自由であり、それらの主張・政策を競うための選挙戦。

 それが「ダメだ」「認められない」とするならカナロコ石橋記者の他、共産・左翼勢力こそは憲法の改正を主張して言論の自由に関する項目を削除することに努めてみてはどうか?

 尤も、それこそが共産革命そのものだが、今や憲法で書かれた条文、日本国政府の方針・見解であることさえも主張・明言出来なくなった全ての既成政党・議員に成り代わり、それを大々的且つ高らかに主張しているのが日本第一党である。

 共産革命・暴動の阻止は日本第一党の躍進、議会進出しかない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 18:16Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 社会保障その他、政界・政局、国内外の諸問題 | 『自由社会を守る国民連合』(連帯・反原発・ヘイト規制・LGBT関連)

2021年10月27日

日仏・国民第一主義VS移民犯罪!

futsu3
画像:フランスで人気急上昇中の極右エリック・ゼムール氏の「国民第一主義」が国民の拍手喝采と脚光を浴びる!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

裁判報告と卑劣な(演説&選挙)妨害!(10月26日付)
「言論弾圧」をめぐる動きに立ち向かう!
1


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

川崎駅前の集団ストーキング!(10月26日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/38982921.html
「朝鮮カルト」の仕業!
ari

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「真の争点」無き衆院選も終盤戦…

『日本第一党』と自由主義圏各国での極右台頭!

 衆院選の大勢は自民が議席微減ながら単独過半数を維持し、公明や立憲民主がほぼ横ばいで、共産・れいわの議席増が予想されている他、泡沫扱いで旧NHKから国民を守る党の所謂N国党がほぼ壊滅的との状況が伝えられた。

 既存メディアからはまったく無視されつつも、独自の完全ネット選挙を展開する『日本第一党』(桜井誠党首)については地方からの反応はサッパリであるものの、都市部では街頭演説に馳せ参じた運動関係者より続々「桜井さんの演説を聴きに行った」とする報告が電話にて筆者(有門大輔)の元に寄せられたものだ。

 …考えてみれば、日本第一党が産声をあげて早や4〜5年が経つわけで、それが今回、遂に国政選挙にまで初めて進出したことは実に感慨深い。
 
★動画ご紹介!

桜井誠 東京比例区応援 吉祥寺駅北口

衆議院議員選挙 比例代表は日本第一党 大森

桜井誠 東京15区 亀戸駅前

東京15区 桜井誠 住吉駅前

東京15区 桜井誠 豊洲駅前
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

 桜井党首及び日本第一党の主張・政策は「日本人の雇用を第一に」で一貫されている。

 所謂「(隠れ)労働移民」で言えばコンビニエンスストアにいるようなベトナム人留学生が最も身近で見ることが出来る存在かも知れないが、これらはベトナム人労働移民の中でもエリートだとされる。

 日本語が読み書き出来て話せるだけエリートには違いないが、これとておかしい。そもそも留学生は学業が本分であり、本当の留学生ならアルバイトなどせずとも、生活していけるだけの貯えがあるような富裕層の出身でなければおかしい。

 日本の然る留学生が米国の名門大学に通っている当時、残高証明の提出を義務付けられたというから、留学生に就労などさせないとする姿勢が徹底している。こういうのを本当の留学と言う。

 たとえ法律で留学生の労働時間が定められているとはいえ、それを守っているのは全体の数パーセントに過ぎないだろう。

 日本人よりも勤勉だと喜んでいる場合でもない。外国人留学生の労働移民が存在するということは、その数だけ社会が有用な日本人の若者を見出して育成する機会を自ら失っているのと同義である。

 かつて20年ほど前に懸念されていた労働移民が高校生のアルバイトさえも奪うという懸念は既に現実のものとなっている。

 比較的エリート…というのでもダメ。留学生なら超がつくスーパー・エリートのみを受け入れて帰国後は親日派・知日派のリーダーとなって母国で活躍してくれなければ何ら意味がない。

 まして比較的エリートとされる層の下のさらに下あたりにいるような技能実習生ではなおのこと話になるまい。

 技能実習生同士で何とも短絡的な喧嘩沙汰の凶悪犯罪をしょっちゅう起こしているし、街中を無目的に徘徊しては一文無しになるや、これまた日本人を標的に凶悪な犯行(強盗事件)に及んでいる。

beto
画像上下:直近のネットニュースより
外国人技能実習生らによる凶悪犯罪の数々!
shina

beto2

 これら期間限定とはいえど、一定期間、日本に住み着いた「事実上の移民」が引き起こしている犯罪に加え、日本に定住・永住化した外国人移民による犯行、そして日本で生まれ育った「移民2世」「3世」による犯行も目立つ。

 外国人犯罪の様相はかつてのように短期ビザでの来日間もない外国人がヒット・エンド・ランで繰り広げるようなものとは様変わりしている。韓国人(朝鮮人)売春婦を含め、それらヒット・エンド・ラン型の犯罪に加え、外国人犯罪の様相は2本立てにも3本立てにもなって複雑化・巧妙化している。

 本稿で敢えて「移民犯罪」とエントリー・タイトルに銘打ったのはそのためだ。

beto3
画像上下:直近のネットニュースより
定住者を含め、外国人による組織犯罪の数々!
shina2

toru

 …一方のこちらはオールド・カマーの(特別)永住外国人によると見られる犯罪。

 広域暴力団の分裂・抗争が長引いて久しいが、いかに暴力団社会が高齢化しているとはいえ、80歳を過ぎて「現役組」とは凄まじい。

kan
画像:直近のネットニュースより

 広域暴力団からの分派組は今や本家に対し組織衰退が伝えられているが、同じく渡世を張る稼業相手ではなく、カタギ相手に組織名を誇示していても致し方ないだろう。

 その他、特権的な入国・在留資格で定住化しているブラジルほか日系南米人の「逆移民」による犯罪も地域的に目立つ。

bura
画像:直近のネットニュースより

 …日本第一党候補(衆院東京15区)の桜井誠党首による演説にもあったのだが、かつて昭和期の中曽根内閣時代に支那人(中国人)留学生の受け入れが始まり、これはそれより前の昭和47年の日中国交回復(即ち台湾との国交断絶)に端を発する。

 それが平成初頭に起きた「ベルリンの壁」崩壊と旧ソ連の崩壊(東西冷戦の崩壊)に端を発するグローバル化に伴なって爆発的に急増した。外国人技能実習制度(当時は研修制度)が始まったのも平成初頭のことだ。

 つまり、平成の丸30年間こそは日本にとって…いや、日本が失われた時代だった。

 それを、この令和の時代より取り戻さなければならない。

 その意味で昨今の国際社会における自由主義圏同盟軍による「対中包囲網」の形成を歓待したい。

 日本の隣に北朝鮮〜中共(中国)〜ベトナムへと、半島から支那大陸そしてインドシナ(東南アジア)へと続く「共産圏ライン」は何とも不気味に形成されている。

 そして、そのいずれもの国が対日テロ(日本人拉致事件)や人口輸出で治安のみならず、日本の安全保障を脅かしていることに留意しなければなるまい。

 日本第一党が国政選挙にまで進出したから言うわけではないが、自由主義圏同盟軍としての対中包囲網も然ることながら、ベトナムとの関係が深まっている現代にあってフランスとの関係は重要である。

 かつての植民地時代にはベトナムの宗主国であり、第二次大戦中(大東亜戦争中)には日仏両国がベトナムを共同統治下に置いた経緯を持つ。

 特にフランスでは目下、EUに属してグローバリゼーションに毒されつつも新たな極右が台頭しつつある。

futsu
画像上下:ネットニュースより
futsu2

 反中の自由主義圏同盟軍の締結にあっては、特に「ウルトラ極右」と形容されるリーダーが選出される国との同盟関係が望ましい。

 既に日本は、先の大統領選に敗れたとはいえ、世界に先駆けて自国ファーストを打ち出したドナルド・トランプ大統領(当時)を輩出した米国と同盟関係にある。

 EU離脱を主導したボリス・ジョンソン首相の英国との関係も深い。

 そして約半年後には大統領選が控えるフランスでは極右の政治評論家エリック・ゼムール氏が世論調査で16%の支持率を獲得している。政治基盤を持たないゼムール氏だが、正式に大統領選への出馬を表明すればゆうに20%を超えるだろうか?

 EUやTPP加盟の是非に関係なく、今や自由主義圏とて「移民問題」と「対中同盟」にあって「極右革命」の真っ只中。

 各国が同盟関係にあって相互に感応する時代にあるが、このコロナ渦にあって、やがて日本とて対中制裁を発動しなければならない状況にあって、ますます極右が牽引する国々との関係は重要になってくる。

 日本とて自由主義圏の各国並に「国民第一」主義にならなければならない、この21世紀にあって。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”6月5日に投稿したなう”


バナー
  
Posted by samuraiari at 00:44Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 | 新世界秩序(国際情勢及び日本の安全保障・国土防衛/外交)

2021年10月25日

「対中包囲網」と自由主義圏での同盟の在り方!

2
画像:このほど、米艦隊とともに南シナ海に派遣されたドイツのフリゲート艦!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

下手物3択の衆院東京12区(創価の牙城)崩壊…!(10月24日付)
http://cultbuster.seikyou-bunri.net/?eid=538
12区


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

沖縄県警への派遣・出向、身分替えは正当!(10月25日付)
愛知県の上告を断固支持!
nawa2


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

集スト対策の参加報告!(10月25日付)
1

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆独フリゲート艦アジア派遣と台湾のTPP加盟!

「対チャイナ包囲網」と自由主義圏での同盟(覇権)合戦!

doku2
画像上下:ネットニュースより
doku
doku3

 今年8月にドイツを出港したフリゲート艦バイエルンが先ごろ、米艦隊とともにフィリピン沖を航行。

 異例とも言われたドイツのフリゲート艦のアジア派遣は日本でも報道されたが、予定されていた中共(中国)への寄港が中共側より拒否されたと伝えられたのが先月(9月)のこと。

 来月(11月)には日本・東京への寄港が予定されている。日米両軍との合同軍事演習も予定されているという。

 ドイツは先の第二次大戦における敗戦国で、これまで中共との関係も浅からぬものがあり、「チャイナ包囲網」への参加には及び腰であったため、欧米各国にあっても出遅れたのかも知れない。

 刻一刻、段々と国際情勢は19世紀末から20世紀初頭の植民地時代に似てきた。欧米列強のアジア回帰。

 しかし、ドイツの動きも分かったものではない。大東亜戦争(第二次大戦)に至る「日中戦争」当時は中国国民党に与するなどしており、元よりドイツとチャイナの関係は深かった(一方の日本も大戦中、「対ソ戦」の不参加でナチス・ドイツを裏切る形となったことから言えた義理ではないが)。

 ドイツ・フリゲート艦のアジア出港が伝えられたのが今年2月で、フィリピン沖での航行が8月、中共への寄港拒絶が9月のことでいずれも日本では菅内閣の頃だったが、日本寄港が予定されている11月には衆院選の大勢も判明しており、おそらく岸田政権としての出迎えとなる(防衛相は前内閣から岸田内閣でも留任・継続)。

 …岸田内閣・政権による解散で現在、衆院選挙の真っ最中だが、岸田文雄首相が選出された背景とは何だったのだろうか?

kishi
画像:新総裁・総理に選出された岸田文雄首相

 総裁選より改めて振り返ると、マスコミ報道では河野太郎(現・党広報本部長)の有利が伝えられたが、立候補者の全員が過半数に達しなかった第一回目の投票より、岸田首相が1票差ながら首位でリードしての決選投票。

 この時点で同じく総裁選を争った高市早苗氏(現・政調会長)の陣営との連合を組んでいた岸田首相の勝利は半ば確定的だった。

 これがもし10年前の状況であったとすれば、間違いなく河野太郎が勝利していただろう。

 小泉進次郎前環境相や連立政権パートナーの公明党と同じく、チャイナ・ソーラー利権の河野ではなく、岸田首相が選出された背景には昨今の対中包囲網の強化が多分に関係していたものと思われる(加えて岸田首相の祖父が台湾で事業展開していたという系譜も)。

 首相になれるも、なれないも時の「運」次第。全ては時勢とめぐり合わせ…。

 …既にその下地は以前からあったのだろうが、岸田内閣の登場前後は折しも台湾がTPP加盟に動きを加速させ始めた頃。

nittai
画像:同

 この台湾のTPP加盟申請とて、対中包囲網の強化と(トランプ前政権の時代より)米国による台湾の独立支援があったればこそだろう。

 10年前あるいは5年前では考えられなかったことが現在、普通に起きている。

 日本と台湾…日台関係は近年かつてないほどに急接近しているが、まさしく日台が国交断絶した(日中が国交樹立した)昭和時代の逆パターンのようでさえある。

 米国とてトランプ前政権よりバイデン現政権に移行しているが、それでも「対中路線」ではトランプ時代と変わらない。

 米国による台湾への関与強化に対しては中共に呼応するように北朝鮮が猛反発を示している。

beitai
画像:同

 …ここに中朝なる極東アジアにおける共産主義国家群がいかに極東アジアの平穏を乱す存在であるかが見事に示されていると言えるだろう。

 朝鮮半島だけを見ていても北朝鮮問題の進展・解決には至らない。中共が侵略し続けるチベット・ウイグル問題も然り。

 欧米各国の自由主義圏による対中包囲網の強化と台湾の独立支援…これらの動きが包括的に固まった時に北朝鮮も中共も断末魔の叫びを聞くことになる。

 即ち「第二次朝鮮動乱」「台湾有事」「尖閣(諸島)有事」の勃発と同義。その逆もまた然りである。

 まさに極東アジアこそは「冷戦構造の残滓(ざんし)」であり、かつての東西(米ソ)冷戦構造をそっくりそのまま21世紀にまで持ち越したものだ。

 しかし、それらもこの今世紀初頭…どんなに遅くとも今世紀半ば頃までには完全決着がつくと見て間違いない。

 場当たり的で何気なく、ありふれた結論にしかならないが、日本としては日米同盟の強化に加え、とにかく自由主義圏との同盟に次ぐ同盟しかない。

 「自由主義」という価値観を一にする各国との同盟強化…。

 日米同盟に加え、かつてのように「日英同盟」の復活も良い…フランスとの新たな「日仏同盟」も良い…台湾との「日台同盟」も必要…ドイツとの「日独『再』同盟」だってあるかも知れない。

 無論、米国はその中でも主導権を握ろうと必死に覇権争いに食い込んで来るであろうことは言うまでもないが、結局、どの同盟が生きて、何の条約が生かされて勝利者になるも敗北者になるも、生き残りの生存者になるも全ては時の運と時勢、そしてめぐり合わせ…。

 これまでも各国との縦横無尽な同盟・条約関係の中で生き残ったものだけが次代に生かされた。

 「日ソ中立条約」などという日本の敗色が濃厚になるや簡単に破られては北方四島侵略の発端のようなものは失敗例の典型で、時を同じくして日独伊三国軍事同盟なるものも前述のように、結果的にほとんど生かされることはなかった。

 どこの国との何の同盟がどのように生かされて、どこの国と何の同盟がまったく生かされないかというのも時の運と時勢、めぐり合わせ…。

 確実に言えることとは共産主義国こそが巧みに分断工作を仕掛けては大戦中のように「(日独という)共通の敵」をつくり出しては破滅的な争いを仕掛けるということ。

 かつてのソ連の存在は中朝など極東アジアの共産主義国家群に置き換えられる。

 自由という価値観を信じ、そのための自主独立を保つことに専心する以外ない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 20:06Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 新世界秩序(国際情勢及び日本の安全保障・国土防衛/外交) 

2021年10月23日

『日本第一党』VS外国人犯罪!

s1
画像:衆院選にて東京15区内(江東区内)で演説する桜井誠候補(『日本第一党』党首)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★動画ご紹介!
桜井誠 東京15区 豊洲ビバガーデン前
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

:拙ブログの前エントリーより
2021年10月22日 衆院選と「日本第一主義」の理念!

 衆院選の序盤、街頭での演説にて「政治理念」を説くことに重点を置いた桜井誠候補(『日本第一党』党首)は中盤戦に際し一転、「超積極財政」などの政策論に重点をシフトしつつ、自民党をはじめとする既成政党と全国会議員への批判を展開した。

 桜井党首をはじめ、日本第一党が主張していた100兆円の国債を刷る積極財政を政府・与党はやっておきながら、消費税から所得税に至るまで全ての税金をタダに出来るにも関わらず、何一つやっていない。

 国会議員の年収約2千万円。その他、前期・後期に分かれた特別賞与(ボーナス)や文書・交通費など領収証不要の公費(月100万円)合わせて年間3800万円も得ている議員が身を切ってそれらの給与・特別賞与・公費を返上したという例は一例とて存在しない。

 …一方、コロナ渦で塗炭の苦しみに喘ぐ国民にはスーパーやコンビニで買い物をする度にレジ袋にまで2円3円5円の税金がかけられている。

 「我々が主張していた超積極財政を政府・与党は実際にやった。だから我々の主張とは絵空事でも何でもない。それでも政府・与党は出来るはずの税金の無税化を国民のためにやらない」「本当に国民のための政治をやったら国会議員の収益、キックバックが何もないからだ!」「選挙の度に『身を切って国民の皆様のために…』などと言っている議員が一度でも身を切ったことがあるのか?」(桜井党首)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

集ストを生む「言論弾圧」条例!(10月22日付)
1


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

直ちに「北朝鮮による拉致事件の普及啓発を推進する決議」を!
(10月22日付)
kita


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

公明党が大苦戦の衆院選!(10月22日付)
koumei2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


衆院選! ☆当落でも勝敗でもなく…

ただ「自国民の生存」を賭した闘争!

 目下、衆院選を戦う『日本第一党』党首の桜井誠候補は、自らが立候補した東京15区(江東区)の新木場駅前にて、ベトナム人ほか多発する外国人犯罪に言及。

 単に治安が悪化したという問題にとどまらず、300万人以上の在留外国人に対して200万人以上の日本人失業者(いずれも公式的な統計より)の問題に始まり、コロナ渦にあってなおも旧正月に合わせた支那人(中国人)ウェルカムをやった時の安倍政権による失策を追及するところから始まった。

★動画再掲!
(※その内容が過激であるとされたゆえか、現在、YouTube動画にダイレクトにアクセスしてしか視聴出来なくなっているが、アドレスを貼り付けておきたい)

日本第一党 衆議院選挙 新木場駅前
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

 …やれ高度人材であり、善良な人々ばかりであるとして技能実習生の受け入れ拡大に狂奔してきた結果がグエン姓が圧倒的に多いベトナム人による犯罪の多発!

 その自民党政権に一票を投じて支持してきたのが日本の有権者であり、「その責任を果たさなければならない」ことを桜井候補は選挙演説にて主張したものだ。

 …もはや、桜井候補の選挙戦は当選するか落選するか、勝つか負けるかの次元ですらなく、ただ在るのは「生存者のみ」の戦い。

 この選挙戦の最中、都内在住の80歳代の女性からキャッシュカードを騙し取って現金100万円を引き出したとして支那人とモンゴル人のカップルが摘発されている。

shina mon
画像上下:ネットニュースより
shina mon2

 その他、桜井候補が選挙戦を戦う東京15区内(江東区内)の亀戸では支那人マッサージ店が強盗被害に遭って現金約3千万円を強奪されている。

 外国人による犯行かどうかは分からないが、殴打されるなどの被害に遭った支那人従業員が「日本語を話していた」とする意味深な証言。

shina3
画像:同

 外国人犯罪の脅威に晒され、被害に遭った日本人が在りもしない「過去の(アジアへの)侵略」を口実に黙って耐えていろ…などと我慢を強いられる謂われもない。そのような忍耐を強いる者こそ姿形は日本人でもその精神は「売国奴」。

 もはや守るか奪われるか…生きるか死ぬかの瀬戸際にまで追いやられた最大の元凶は自民党に一票を投じてきた有権者にあり、自民党政権を勝たせ続けてきた日本国民こそが「最大の犯罪者」であると桜井候補は断じた。

 単に外国人ばかりを責めて済む問題ではない。雇用・失業や治安の問題も然ることながら、国の在り方が問われた選挙でむざむざ自民票ならぬ「自殺票」を投じてきた日本の有権者こそが最大の犯罪者…。

 その結果が外国人犯罪の多発となり、今になって表面化してきている。

 身寄りのない老齢者にとって、たとえ100万円であれど奪われれば死活問題。

 まさに曾祖父母、祖父母、両親、兄弟姉妹、子や孫らの生存を守るために問われているのが選挙の結果。

 このコロナ渦ではベトナム人同士による誘拐事件が頻発し、母国の家族に身代金を要求する事件が急増傾向にあると報じられたが、単に外国人が強盗殺人をしただとか誘拐事件を起こしたといった問題ではなく、ベトナム人が何したコレしたの問題でもなく、そういう社会にしてしまった自民党ほか野党など既成政党に投票してきたことの帰結だとして桜井候補が総括。

 そういう外国人ばかりを増やしては野放しにしてきた自民党ほか既成政党にこそ責任があるが、そういう政党ばかりを選挙で選んできた有権者にこそ責任ならぬ「罪」があると。

shina2
画像上下:各地で頻発する支那人やベトナム人による犯罪の数々!
無職の外国人が堂々日本に居座り、挙げ句、缶ビール1本のために強盗に及んでその後も居座りを続けられる国など、考えてみれば尋常なことではない!
shina

beto
画像上下:たかだが「3千円」と言えども、それを奪うために強盗に及ぶなど、かつて年収800万と言われた時代より年収300万以下が平均的となっている日本は一握りの富裕層のために最貧国に成り下がりつつある!
beto2

 まさしく問われているのは日本人の「生死」

 多発する外国人犯罪が怖いです…どうにかならないですか?…どうにかして下さい…とはよく聞くが、外国人問題だけがどうにかなったりはしない。

fi
画像上下:その他の外国人犯罪より!
外国人との共生社会の実態は麻薬汚染の拡大!
組織的な偽装婚で在留資格を得た外国人が今日も我が物顔で!
toru

 …その外国人の受け入れを拡大させている政権与党からしてどうにかしなければならない。

 どこかの政党・候補者を選ばなくても良い。単に投票率が上昇して人々が政治の動向に関心を強めた…。ただ、その一事で如何に政権与党と言えども、もう好き勝手な門戸開放さえ出来なくなってしまう。

 まずは既成政党がなべて「移民推進党」である状況から、まず「売国」を止めよう。それが他党の誰にもない桜井候補の主張である。

 その結果、社会保障(生活保護の支給など)から漏れたり、在留資格の喪失による就学・就労の道を閉ざされたと主張する外国人には今の日本人が言われていることと同じことを言えば良い。

 「てめぇの生き方はてめぇで決めろ!」…それしかない。「てめぇの国はてめぇの国で生きろ!」

imin
画像上下:10月23日付の東京新聞朝刊より
さも自民党のみが受け入れ拡大に反対しているかのようなアンケート結果で、これで自民党は票を得ているのだろうが、選挙後には自民党こそが受け入れ拡大に狂奔!
原発再稼働推進のように「やる」と言ったことをやらない…逆に外国人受け入れ拡大のように「やらない」と言ったことをやる…自民党政権はまるでアベコベ公約!
genpa

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 15:52Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 | 社会保障その他、政界・政局、国内外の諸問題

2021年10月22日

衆院選と「日本第一主義」の理念!

1
画像上下:衆院選での桜井誠党首の第一声より
2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

公明党なる最大の阻害勢力!(10月21日付)
日本の安全保障ばかりか極東アジアを危機に陥れる!
koumei


★動画紹介!
10/21 川崎市への開示請求と、ヘイトスピーチなる所謂「虚偽告訴」への反撃!
(提供:国民の総意ちゃんねる)


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

川崎市への開示請求と、ヘイトなる所謂「虚偽告訴」への反撃!(10月21日付)
jiyu

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆実務最優先・実務至上の戦後日本への風穴!

『日本第一党』桜井誠党首らが戦う異次元の選挙戦!

:拙ブログの関連エントリー
2021年10月19日 衆院選の告示と『日本第一党』!

3
画像上下:衆院選における日本第一党の街頭演説より
4

 …まず、衆院が解散した経緯から振り返ってみたい。

 9月末の自民党総裁選と、続く10月4日の首班指名投票を経て選出された岸田文雄首相は党総裁・総理への就任から程なく衆院を解散するとした。

 今回の衆院選をかつて自民党が政権転落した平成21年(09年)の衆院選に擬える人もいるが、よく根拠もない中、やたら民主党(当時)押しが激しかった当時とはまったく雰囲気が異なっている。

 岸田政権では自民党副総裁に就任した麻生太郎氏が首相在任中のこと。あの平成21年初頭には民主党の小沢一郎に金権疑惑が持ち上がり、同時に麻生政権にあって閣僚を務めていた二階俊博にも疑惑が持ち上がった時だった。

 ここで二階を切ると同時に、小沢・民主党を追及するとして衆院解散に打って出れば麻生・自民党は勝てたと見る識者もいたが、全ては後の祭り…。

 任期ギリギリでの解散となった同年秋の衆院選で自民党は大敗して政権転落。その約3年後に安倍晋三総裁(当時)率いる自民党として政権復帰を果たし、菅政権を経て現在の岸田政権に至る。

 就任早々、ありとあらゆるボロが出る前に解散に踏み切った自民党の大敗はなく、むしろ、「単独過半数」までがささやかれる状況にある。

 以上が世間一般的な衆院選の行方と予想だが、本稿で述べたい衆院選はまったくの異次元…。

 およそ9党による党首討論が開かれる一方、既存メディアからはまったく黙殺されている『日本第一党』(桜井誠党首)は桜井党首が江東区をはじめとする衆院東京15区から、そして東京比例ブロックには4名の候補者を擁立して立候補。

★動画ご紹介!

衆議院議員選挙東京15区 桜井誠出馬 第一声

【桜井誠】日本第一党 衆議院選挙(東大島)

桜井誠 東京15区 住吉駅前

桜井誠 東京15区 イオン東雲店前

日本第一党 衆議院選挙 新木場駅前

桜井誠 東京15区 門前仲町駅前

日本第一党 衆議院選挙 事務所より
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

 …さっそく選挙という「実戦」における桜井党首の演説を拝聴したが、自民党をはじめ国会に議席を持つ、ありとあらゆる主要政党と主要候補を扱き下ろすことに終始。

 保守運動の関係者が口々に言うように、選挙戦なんだから少しは第一党の政策を…と思っていたが、そのような懸念を要さず! いかに戦後70年余の自民党政治をはじめ、既成政党が「日本人を殺し続けてきたか」

 いかに日本第一…ならぬ「日本最下位主義」の自民党政治によって日本人の生活が破壊されまくったかを説くことから始まっていた。

 桜井党首が述べているのは政策よりも「理念」! この理念こそは司法からも立法からも行政からも、そしてマスコミ報道からも「実務」ばかりを優先するあまり、戦後日本から喪失されて欠片も見当たらなくなってしまったものだった。

 自民党政権をはじめとする既成政党はこの「戦後日本」という状態を現状維持のまま、小手先の景気対策を説くことに終始している。国という大枠にあって、これほどのセセコマシイ選挙戦があるだろうか?

 従って憲法改正をはじめとする安全保障などは最たる争点にはならない。日本という国を周辺国の侵略からどう守って、どう発展させていくか、その理念が選挙戦では説かれず、当然、選挙の後にも何らの理念も生まれない。

 では誰が…どのような形でその理念を説くか? その理念をどう上手く人々に伝えることが出来るのか? それを実行することの出来るカリスマが渇望されていた。

 「 桜 井  誠 」という人はその理念を(演説で)伝えるのに類稀なるセンスと天才的な能力を持っているのかも知れない。

futsu
画像上下:フランスで新たに台頭し、大統領選への呼び声高い極右は「日本を手本」としているようだが、それは日本を買いかぶり過ぎだ!
futsu2
futsu3

 …確かに政治は理念だけではダメ。しかし、その理念こそが現代日本の戦後政治からはスッポリと大きく抜け落ちてしまっているものに他ならない。

 日本第一党と言えば、『在特会(在日特権を許さない市民の会)』の系譜より、あたかもヘイトスピーチの代名詞であり、外国人排撃の象徴であるかの如く左翼・在日の反日勢力から…時に右派・保守陣営からの攻撃にも晒されているが、大まかに言うと「移民反対」が同党の理念だとしても、単に外国人移民を批判するだけでもダメ。

 いかにして日本人を虐げる政策・政治の延長上に外国人移民流入の問題があり、その結果、なおも日本人が殺され続けようとしている現状を最大限に説くことで、日本第一主義(日本国が一番、日本人が最優先)の理念を説かなければならない。

 その意味で日本第一党・日本第一主義とは、まさに桜井党首が説かんとしている理念にこれ以上にピッタリなネーミングはないだろう。

 「おいコラ!」「オッサン!」「おいババァ!」「かかって来い!」「バカタレ!」「クソ!」…などなど、普通の人が言えば単なるチンピラかゴロツキになってしまうが、こと選挙戦にあっては特に候補者にとって禁句とされている表現も桜井党首ただ一人が使うことを許される。

 許される…などと言えば語弊があるが、これらの汚くて乱暴な表現を実にコミカル且つ自在に駆使することが出来るのは、まさに桜井誠というキャラクターゆえ。

 桜井党首が説かんとしている理念を説くためにはそれらの刺激的な表現が必要。言わば理念を説く突破力が汚くて乱暴な言葉づかいさえもモノともしない。

 並の候補者が他党の批判や他の候補者を扱き下ろすような演説に終始すれば、忽ち「他人の悪口ばかりじゃなくて政策を言って下さい」などと野次が飛ぶところだろうが、他党・他候補の扱き下ろしに終始するからには、それこそ「世間の万人が納得し得る理念」でなければならない。

 この頽廃し切った現代の戦後日本にあって、日本国に在らねばならない理念を説き、ただ1本のマイクでの演説のみで伝えることに誰よりも長けた桜井誠というアジテーターはもしかすると、かの「アドルフ・ヒトラー」の演説力に匹敵するのかも知れない。

 安全保障・外交をはじめ、原発などエネルギー問題、景気や税金…どれ一つとして日本の領土が拡張され、資源が増えて日本人個々の財布の中身が増えるようなことはなく、むしろ削り取られていく一方…。

 確かに子供から年寄りまでが携帯電話(スマホ)を持ち、いつでもどこでも自在にネットにアクセス出来る時代となり、かつてと比べて社会は驚異的に便利にはなったが、それは科学技術が発達したというだけで、日本人は20年前30年前あるいは40年前と比べても格段に生活レベルは下がり、貧しくなっている。何よりも精神が貧しくなっている。

 コロナ感染が格好のケースだが、いかに日本人が殺され続け、いかに日本人の財産がむしり取られていく一方の状況にあって、だからこそ正反対で真逆な日本第一主義に向かわなければならない。

 今やっていることと正反対のことをやれば良い…要はそれがカラクリなのだが、それ一つを伝えるためにとてつもないエネルギーと「百数十年に一人」と言うくらいの才能を要する。

 とてつもないカリスマと同じ時代を生きているのかも知れない。

5
画像上下:日本第一党の出馬会見と出陣式より
6

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s

バナー
  
Posted by samuraiari at 01:02Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 社会保障その他、政界・政局、国内外の諸問題 

2021年10月21日

衆院選の最中の外国人犯罪!

2
画像上下:このほど『日本国民党』(代表:鈴木信行葛飾区議会議員)の機関紙「しんぶん国民」最新号(令和3年10月号)に、筆者(有門大輔)が執筆した外国人犯罪関連の記事が掲載されました!
貴重な機会を頂いたことと、機関紙の寄贈に御礼申し上げます! 記事の内容につきましては実際に新聞をご購読されてお読み下さい♪
1

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 もうひとつ御礼です。

 『日本第一党』(桜井誠党首)と言うか、その「支持層」の厚さに改めて日本第一党勢力によるネット右派層への浸透を見ました。

 ブログ・ランキングが久々にランク再浮上です!

ari2
画像:人気ブログ・ランキング(政治カテゴリー)より

 「応援クリック」を有り難う御座いました!

 これまでも日本第一党を離れた人、新たに入党した人、最初から入っていない人…色んな立場はありますが、それぞれの思惑や私情はあれど、日本国民党が戦う葛飾区議選と同様、一たび選挙戦に突入した以上は自分たちの代わりに出て選挙戦を戦ってくれているとも言えるのですから、そこにチカラを結集させなければならないでしょう。

 自分たちの日頃の行動や主義主張に対する審判でもあります。

 …この度の衆院選では「外国人技能実習生」受け入れの是非や外国人への生活保護支給の是非を問うアンケートが飛び交っています。

imin
画像上下:ネットニュースより
imin2

 これまで既存メディアではまったく問われることのなかった争点ですが、目下、衆院選を戦う日本第一党には「日本の極右政党」たる地位を不動のものとすべく、徹底して外国人問題で日本第一主義を貫いてもらいたいものです。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

衆院選と売国・公明党!(10月20日付)
「100万票」減を狙え!


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

旧日本人の国籍復帰!(10月20日付)
「特別永住」廃止の足掛かりへ?


suto2
関連ブログ 「ストーカー規制法」改正推進本部より

suto2
上野事件に思う(10月20日付)
http://blog.livedoor.jp/syusutosoudan/archives/38945016.html
所謂「仄めかし」被害者が隔離・収容対象者に!? 
suto3


★NPO法人外追 公式サイト(広報)より

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆「チャイナ系しばき隊」の本格台頭!

コロナ渦の集中・徹底摘発は政権与党の意向か?

 巷間よく聞かれる外国人犯罪とは違った事件より、お伝えします。

 東京都内で開かれていた中共(中国)政府によるウイグル及びチベットへの侵略を非難する政治集会に乱入し、これを妨害したとして支那人(中国人)の男7人が書類送検されました。

shina3
画像上下:ネットニュースより
shina2

 この事件では支那人の男3人が逮捕され、既に釈放されていますが、このうちの1人が中心的人物で、おカネで雇う形で人員を集め、集会に乗り込んで妨害を仕掛けたとのことでした。

 いよいよ、右派市民デモ街宣への妨害で知られる『しばき隊』がチャイナ系を中心に有形無形の形で組織される前兆だと言えるでしょう。

 政治的意図でのデモ街宣妨害は当初こそ在日韓国・朝鮮系の意向を汲んだものでしたが、今後はそれが中華系に移行する兆しとも取れます。

 こうした傾向は「香港独立デモ」隆盛の頃から起きていましたが、今後、台湾有事などでさらに顕著になってくることが懸念されます。

 しかし、この時期での摘発と報道は目下、展開中の衆院選とその結果に何らかの関係があるのかも知れません。あるいは日本の政権の出方・方向性を示唆しているものなのかも?

 …他方、東京都新宿区内にあるウイグル・トルコ料理店の経営者がコロナ対策での協力金を騙し取ったとして逮捕されました。

ui
画像:同

 摘発に乗り出した警視庁公安部によると、酒を提供していないにも関わらず、さも提供しているかのように装って協力金を詐取したとのことですが、この事件の摘発に公安部が乗り出している点が気がかりです。

 同店舗では支那人従業員が入管法違反容疑で摘発されており、その最中に協力金を詐取する虚偽申請が判明したとのことです。

 逮捕された経営者はその素性が詳しく伝えられていないものの、日本人らしからぬ名前であることから、大陸系(中国系)なのかも知れません。

 いよいよ対中包囲網が一般刑法犯の治安レベルから動き出したということでしょうか? やはり台湾有事・台湾の独立問題を見据えての動きに思えてなりません。

 …同じく新宿区内の歌舞伎町では、黒人に客引きさせる形で無許可のクラブを営業していたとして、支那人の経営者が逮捕されています。

shina
画像:同

 協力金の詐取にコロナ渦での無許可営業での飲食提供と接客…これが外国系店舗を野放しにした結果です。

 …次はベトナム人犯罪ですが、技能実習生の間で妊娠・出産に至ってしまい、結果的に帰国せざるを得ないことが報じられていました。

 それにしても、新生児の遺棄に関わったとされるベトナム人が記者会見しているとはどういう了見なのでしょうか?

beto5
画像上下:同
beto4

 結果的にも何も、そもそも妊娠が発覚した段階で強制送還されるのが外国人労働者を受け入れている国の常識です。

 シンガポールなどはその辺りの法運用が厳格に適用・運用されています。

ari3
画像:筆者・有門のツイートより

 その辺りの取り決めもせず、法制化もしていない技能実習生の受け入れ制度など直ちに全廃しなければなりません。

 …愛知県豊田市ではベトナム人の男性(23歳)が刃物で襲われる事件が発生しました。

beto
画像上下:ネットニュースより
beto2

 襲われて怪我を負った男性は7人で知人宅を訪れて被害に遭ったそうですが、7人もの人数で押しかけてトラブルに発展したのか、それとも偶発的なトラブルだったのでしょうか?

 …その後、敢え無く加害者のベトナム人容疑者は逮捕されました。

beto3
画像:同

 これまでも全国各地で相次いでいるベトナム人グループ同士の争いからも、グループ間での争いの延長上の事件だと思われても致し方ないでしょう。

 …静岡県では店舗などでの窃盗で得た盗品を海外(母国?)に輸送したとして、ベトナム人らが逮捕されました。

beto7
画像:同

 これまでドラッグストアなどでの窃盗容疑でいくつものベトナム人グループが摘発されていますが、盗品を海外輸送した時点での摘発としては珍しいケースだと言えるでしょう。

 結局は生活のため…などではなく、全ては本国などの盗品マーケットへ流すための組織的な窃盗に他なりません。

 技能実習生や留学生の受け入れを拡大するのなら、直ちにベトナム政府との司法協定(犯罪人の引き渡しや捜査協力など)の締結こそ先決でしょう。

以下、その他のベトナム人ほか外国人犯罪より!

beto8
画像上:ベトナム人留学生の女らを雇用していたとして、ベトナム人ガールズバーが摘発されました! 海外でもそうなのですが、この類の店ではボッタクリのようなことが平然と起きる上、人の財布にまで指を突っ込んで平気でお金を抜き取るような輩が少なくありません! 留学生という名の犯罪者予備軍の受け入れです!

beto6
画像上:医薬品医療機器法にも抵触するとして指定されている薬物の植物片などを持ち込もうとしたとしてベトナム人が告発・逮捕されました! 
直接的に麻薬でなくとも、あの手この手で薬物を持ち込もうとするのがベトナム人! 人そのものの受け入れさえ規制すればこの手の事件は起きません! 彼らの本国で存分にやってもらう分にはこちら(日本側)としては構わないのです!

suri
画像上:山口県で他人名義の海外カードを使用し、宝飾品などを詐取したとしてスリランカ人の男が逮捕されました! スリランカ人をめぐっては名古屋入管での死亡事故ばかりが繰り返し伝えられますが、こういうスリランカ人全般の蛮行も併せて報道してもらいたいものです!

ind
画像上:インド人男性の殺害事件で無罪・無関係を主張するパキスタン人被告! インド人の建設会社社長が殺害された事件です! 強盗の共犯者として押しかけ、殺害にも積極的に協力した…とする指摘と、立ち合いのために同行しただけ…とする食い違った見解です!

ei
画像上:福島県郡山市で以前に自身が勤めていた英会話教室でドアのカギ穴を接着剤で固定するなどして使用不可にした器物損壊容疑で元講師の男が逮捕されました! 実際に英会話教室に勤務していた者を知っていましたが、イタズラ電話をかけまくるなど、連中の中にはよく分からない…幼稚なことをする手合いも少なくありません! どこの国の出身者だろうと英会話の講師だろうと、日本に来ているのはレベルの低い連中だと言われます! そして外国人コミュニティの中では英会話講師という職種はそう高いレベルではないどころか、むしろ最低ランクだということを忘れてはなりません!

gai
画像上下:ネットニュースより
gai nawa

 …岩手県と沖縄県で、いずれも警察官の職務質問から逃れて逃走した外国人の件がニュースになっていました。

 こうした事件から不法滞在や麻薬・凶器所持などの余罪が露見することも少なくありません。おそらく、よほど都合の悪いことがあったので必死で逃げたのでしょうね。

ari
画像:筆者・有門のツイートより

 もしかすると、重大事件に関わっている者だったのかも知れません。

 賢明な捜査及び警戒強化を要望します。どうせまた、すぐにバカなことをしでかして警察沙汰になるでしょう。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s


バナー
  
Posted by samuraiari at 00:26Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 

2021年10月19日

衆院選の告示と『日本第一党』!

1
画像:桜井誠党首が立候補した東京都知事選のフィナーレより
この混迷の時代…絶えず「桜井旋風」は吹き続けている!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


★NPO法人外追 公式サイト(広報)より
【東京】『旭日会』月例街宣活動!(参加報告) 2021年10月17日
FB40QJzUUAA2Kbe


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

インタビュー記事より政教一致!(10月19日付)
souka4


jiyu
関連ブログ『一般社団法人自由社会を守る国民連合』

沖縄県への警察部隊の派遣をめぐり…(10月19日付)
極左対策に足枷を狙う左翼法律家ども!
nawa2


★動画ご紹介!

日本第一党 自主記者会見 2021.10.17

桜葉館(復活編) 〜日本再編の道を考える〜
上掲動画にて、桜井党首が元首相とともにロシア領(?)を訪問した某新右翼関係者に言及してくれたことも非常に嬉しい!

日本第一党 衆議院選挙 出陣式
(提供:桜井誠チャンネル【日本第一党 公式】)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆党首の「サクライズム」躍進や如何に?

エセ保守・自民党とカルト公明の連立政権への明確な対立軸たれ!

 10月19日、いよいよ衆院選が告示された。

 その直前、然る地方選では保守5分裂とされた戦いの最中、自民党公認候補がこの選挙に勝ち抜いて当選を果たした。

 同日、北朝鮮は弾道ミサイル2発を発射しており、これで自民党の衆院選での大勝は確定的になったと言えるだろう。

ari
画像:筆者・有門のツイートより

 曲がりなりにも東京都民である筆者(有門大輔)の投票先は言うまでもなく、『日本第一党』(桜井誠党首)を置いて他にない。

 日本第一党・桜井党首については保守派層の間でも意見は多種多様だろうが、同党首がまったくの無名時代だった頃より知っている筆者・有門としては、その後に地べたでマイクを持っていた一介の市民活動家を経て日本第一党を設立するに至り、遂に地方選のみならず、国政選挙を戦うことになったこれまでの経過に感慨深いものがある。

 こと日本での国政選挙にあっては明確な右派・愛国政党は存在しなかった。

 かつてはその役割を担っていたのが『維新政党・新風』だったが、それ以降は皆無であり、ここに来ての国政選挙への候補者擁立はネット右派層への新たな選択肢を与えてくれたものである。

 それまでの間、「ヘイトスピーチ」や「差別主義者」というあらぬ誹謗中傷や多方面からの集中砲火に臆することなく、右派市民勢力「行動する保守運動」を先頭で率いてきた桜井党首のこれまでの軌跡を大いに讃えるものだ。

 …桜井党首の個人動画チャンネル桜葉館での事実上の「出馬表明」となった動画にて、同党首の演説を視聴して改めて思ったことはまず既存メディアの徹底否定。

 かつてのように泡沫とも言える弱小の右派・愛国政党が街頭で声を枯らさずとも、ネット動画チャンネルを通じて一定数の視聴者がアクセスを通じて来場しているということ。

 主要候補・政党の動向ばかりを伝え、それ以外の者にはまったく焦点を当てない既存メディアの報道姿勢は明らかに偏向・偏重のフェイク報道であり、桜井党首が言うようにまさしく「その役割は終えた」

 桜井党首は政党(選挙団体)を率いる政治運動家であると同時に、歴史研究家でもある。

 桜葉館での演説動画を視聴していると、明治維新以降のご一新を全否定することで「議会VS日本第一党」と位置付けることにより、戦前からの系譜として続く現在までの自民党政権と全面的に戦わんとしている。

 これは前出の維新政党・新風にもなかった視点だ。

 以前、私自身が「武家幕藩・大江戸回帰」路線を提唱していた頃を思い出すが、まさかこういう形で自分自身が提唱したイデオロギーが生かされているとは思いもよらなかった。

 まさに日本第一党こそは近代全否定の新体制を志向した新興イデオロギー勢力に他ならない。

3
画像:日本第一党主催によるデモ行進より
日本社会に出現したネオ・イデオロギー集団!


 ここで私見ながら筆者・有門の意見を言わせてもらうと、与党・自公以外の各党ともに「消費税ゼロ(全廃)」「減税」の方向性にあることはコロナ渦にあって当然だが、党としての主張に「共産党の非合法化」と「創価学会をはじめとするカルト教団(宗教法人)への課税」を大々的に掲げることが望ましい。

 所詮、議会は左右両党・保守と革新の寄り合い所帯であり、一たび議会に入ってしまえば共産党とも公明党などのカルト政党とも馴れ合いになってしまう。

 それを是とせず、他方、明治以前の徳川・幕藩体制を絶賛しないまでも「近代」という括りで議会体制に挑むとした桜井党首。大東亜戦争の敗戦によって日本国民に惨禍の辛酸を舐めるに至らせてしまい、その系譜として今なお重税によって国民を苦しめ続ける自公政権に対して「議会体制」という枠での対決姿勢を明確にしたものだ。

 桜井氏の動画演説では「武士道」についても言及されている。

 「武士は食わねど高楊枝」とはよく聞く道徳心だが、それは幕藩体制が確立した時代に下層武士を律して忠孝に励ませるための規範であり、それ以前の戦国乱世では下剋上を目指したものが本来の武士道とされた。

 主たる産業が育たず、特産物もない地域では領民を食わせるためには他の領地に攻め込んででも必要な資源を奪っていくしかなかったことを桜井党首は説かれたものだ。

 現代日本もそれをやれば良い。何も年収が300万円にも満たないような非正規雇用で下層の労働者にまで重税を課す必要はない。

 たとえば朝鮮総連や韓国民団とそれに連なるパチンコ産業…中核派や各マル派といった極左暴力集団とそれに連なる企業・団体…広域暴力団組織…部落解放同盟といった同和団体…など、それらがシコタマ貯め込んだ蓄財から分捕れば良い。

 在日韓国・朝鮮人に限って言えば何もそれらを強制送還する必要もないし、東京湾に叩き込めなどと言うつもりもない。

 ただ、それらの組織が貯め込んだ莫大な蓄財を分捕って来て日本国民を食わせれば良い。

 人々が潤って、且つ朝鮮総連の弱体化・崩壊・消滅で北朝鮮の日本人拉致事件も解決すれば一石二鳥。

 それら近代全否定と近代以前への回帰…戦国乱世における武士道への回帰など、これら既成政党と候補者では絶対に口には出来ない主張をこれほどまでにコミカル且つスマートに主張することの出来る候補(予定)者・政治運動家を他に知らない(まさにサクライズム?)

 聴く人が聴けば必ず聴き入る、聴き入る人が聴けば必ず魅了されずにはいられない。

 例えは良くないかも知れないが、もはや「芸人」の域とも言える類まれなる政治運動家のカリスマ・桜井誠党首が率いる日本第一党と、同党が初めて戦う国政選挙。

 歴史的にも運命的な台頭とも言える日本第一党・桜井党首の登場は日本の近現代における政治史にネット右翼・ネット右派層なる新たな金字塔を打ち立てるのではないか?

 きょうび選挙区での全勝(?)を謳う公明党でさえ、創価学会を支持母体に選挙戦をフル展開すれど都議選では約10万票、国政選でも約100万票も減らす有り様…。

 当落をよそに、「ネット選挙」としての勝敗ラインは確実に超えると見ている。

★NPO法人外追 公式サイト(広報)より
【東京】『日本第一党埼玉県本部』主催によるポスティング活動(参加報告) 2021年08月08日

2
画像:JR川崎駅前での桜井党首による演説より

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s


バナー
  
Posted by samuraiari at 22:22Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 社会保障その他、政界・政局、国内外の諸問題 

2021年10月18日

「スパイ防止法」制定即ち拉致事件の解決要求街宣!

1
画像上:日曜日とはいえ、帰宅途中の大勢の中高生が通る九段下での街宣!
画像下:ゲスト参加で演説する筆者・有門
FB40QJzUUAA2Kbe

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


seikyoubunnri
関連ブログ『政教分離を求める会

カルトの選挙とカルトの凶行!(10月17日付)
創価支援とアレフ施設前での壮挙…!
cult


★動画紹介!

10/17九段下 【旭日会 主催】街頭演説活動! 〜ダイジェスト版〜

10/17九段下 【旭日会 主催】街頭演説活動! 〜弁士:有門大輔〜

10/17九段下 【旭日会 主催】街頭演説活動! 〜弁士:高橋幸夫 代表〜

https://youtu.be/jpbNj9YcBz8

10/17九段下 【旭日会 主催】街頭演説活動! 〜2周目 各弁士ダイジェスト版〜

https://youtu.be/hfKvSGR1Nd0
(提供:国民の総意ちゃんねる)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


☆参加報告! 10/17 IN九段下・靖国神社前

右派系市民団体『旭日会』主催

「スパイ防止法」の制定と安全保障・治安問題!

「ゾルゲ事件」から満80年を前に無防備日本を哭(な)く!

4
画像上:演説する高橋代表
「当会の靖国神社前の街宣は雨の日の演説ばかりだが、これは英霊たちの涙だ!」
画像下:ゾルゲ事件から80年を記念して企画された街宣活動!
5

 令和3年10月17日(日曜日)、右派市民団体『旭日会』(高橋幸夫代表)による月例の街頭演説活動が行なわれ、筆者(有門大輔)もこれにゲスト的に参加したものだ。

 街宣が行なわれた17日の翌18日には戦前に発生・摘発された旧ソ連共産党のスパイ「ゾルゲ事件」から満80年目を迎えるというタイミングだった。

 従い、当日の街宣テーマは「スパイ防止法」の制定と安全保障・治安。

 当日のテーマでの街宣を前に述べさせてもらったことだが、筆者・有門の亡き母のさらに母(祖母)方の家系だが、曽祖父が特高警察(特別高等警察)の刑事として昭和20年の終戦まで共産党の摘発に従事していた。

 それ以前は昭和天皇の弟君の護衛官として付き従っていた時期もあり、皇族の護衛を務めていたというのが我が血筋としての誇りである。それだけに当日の街宣には妙に感慨深いものがあったものだ。

 各弁士の演説にも随所で触れられたが、大東亜戦争(第二次世界大戦)の直前、日本は北進してのソ連(当時)討伐か、南進しての米英との対決かで揺れる最中、ソ連共産党スパイの暗躍によって北進から南進へと誘導された。

 開戦直前の状況を客観的に考察しても、当時の日米両国に戦火を交える理由などなく、時のルーズベルト米国政権による対日制裁・禁輸措置によって対米開戦に至らざるを得ない状況へと追い込まれたものだ。

 常識的に考えても同盟国のナチス・ドイツがソ連と戦っている以上、日本としては極東方面から対ソ開戦へと「反共の戦い」に突き進むのが当然だっただろう。

 しかし、ルーズベルトがスターリンと、そして米ソ両政権が結託しての日独打倒の画策から考えると、たとえ日本が北進していたとしても、いずれ何らかの形で日米の衝突は不可避だったと見る向きもある。

 …過ぎたことはともかくとして、重要なのは同じ過ちを繰り返してはならないということ。

 今も昔も、自由主義圏の国にとっての最大の敵は「共産主義」

 目下、日本の隣りには中共(中国)と北朝鮮という共産主義国家群が位置しているが、米英豪印そして仏(フランス)といった自由主義圏が「対中包囲網」を形成している最中、こと極東アジアにあってはかつての米ソ冷戦構造がそっくりそのまま引き継がれている。

 米英仏が競って形成・展開している安全保障上での同盟関係と極東アジアでの軍事展開は19世紀末〜20世紀初頭の「欧米列強・植民地時代」を彷彿とさせる。

 さながら正規軍も持たない日本は、各国による侵出・租界の草刈り場にもなっており、ある意味では幕末の状況にも似ていなくもない。

 幕末と欧米列強・植民地時代、そして第二次大戦後の冷戦時代が一度にやって来たかのような状況だ。

 ゾルゲ事件に話を戻すが戦前の…皇軍も治安維持法も特高警察も存在した時代でさえゾルゲのようなソ連・コミンテルンの意向を受けたスパイが暗躍しては日本の国策まで歪めたという事実より、皇軍も治安維持法も特高警察も存在しない戦後日本の現状を思うに改めて寒々しい。

 いかに現在までの戦後日本とは外国人スパイが蔓延った「スパイ天国」であるかを思わせる。

 …九段下での当日の街宣は各弁士がそれぞれ演説を2度づつ。最初は対中包囲網への「反共防波堤」への日本国としての参戦に言及し、2度目の演説では戦後最大のスパイ事件として「北朝鮮による日本人拉致事件」に言及した。

 間もなく衆院選に突入するが、先の自民党総裁選と国会での首班指名の折、岸田文雄首相は拉致事件の解決に向け、北朝鮮の独裁者・金正恩との直接会談をも示唆したものである。

 総裁選後と首班指名に際しては拉致被害者・横田めぐみさんの母・早紀江さんの拉致事件解決へ向けた悲痛な懇願が繰り返し報道されたものだ。

 岸田内閣の発足に伴ない、連立パートナー『公明党』との自公連立合意書で初めて「拉致事件の解決」が盛り込まれたことにも注目したい。

 日本人拉致事件こそは年端もいかぬ児童の拉致という例外を除いて、天涯孤独の日本人を連れ去り(葬り去り)、そこに当人に成り済まさせた工作員を送り込んでは何食わぬ顔でスパイ・諜報活動を展開させることを目的としてのものだった。

 まさに拉致事件こそは戦後最大にして最悪のスパイ事件だったと言えよう。

 外国人スパイの暗躍を阻止することは勿論、昭和の時代より取り沙汰されていたスパイ防止法を制定するにあたっては主に北朝鮮を念頭に、日本人拉致事件を解決するための手段として制定し、そのメッセージを北朝鮮は当然のことながら世界に強く発信しなければならない。

 かつて自民党首脳の国会議員が「日本の核武装」に言及したのみで中共(中国)は大慌てとなり、北朝鮮がそれまでボイコットしていた6ヵ国協議に復帰した。

 何も性急に改憲や国防軍の創設が出来るとは思えないが、少なくともそのための下準備は整えておかなければならない。いつでもスパイ防止法を制定出来る…いつでも改憲して国軍を持てる…いつでも核なり敵基地攻撃能力を保有出来る状態であるとして…。

 そうした武力と言わないまでも、「実行力」に裏打ちされてこそ拉致事件の解決に向けた首脳会談も日本側の優位に進む。

 その他、拉致事件と似通ったところでは外国人同士による誘拐事件と母国の家族への身代金要求など誘拐ビジネスが日本各地で相次いでいるといった外国人犯罪にも言及。

 児童や女性を標的とした連れ去りによる人身売買が水面下では頻発しているのではないかと思われるが、その一方、日本国こそが「人身売買の加害国」であるかのように言われるのは本末転倒。

 不法入国・不法滞在の外国人娼婦が摘発されるや「売られて来た」「人身売買の被害者だ」と供述するのは常套手段。

 将来的には「元従軍慰安婦」などと称しては日本に賠償金を求めてタカっている自称慰安婦と同様、外国人娼婦らが日本国に対して賠償なり補償を求めてくる未来像が懸念される。

 徹底した犯罪の摘発強化・強制送還によって人身売買の加害国という汚名を雪(そそ)ぎ、(先制攻撃能力を含む)防衛力の強化によって拉致事件を解決へと導かなければならない。

 本来、来たる衆院選ではそうしたことが争点になるべきところだが、改憲を絶対的なタブーとし、コロナ渦における「緊急事態条項」の創設をも阻害したカルト政権・公明党に対しても厳しく批判したものだ。

 留学・実習など様々な名目でこれ以上、外国人スパイ天国の状況を看過してはならない。

2
画像上:演説する志村会長
画像下:高橋代表が掲げるプラカード
7

3
画像上:演説する中澤忠雄氏
画像下:スパイ防止法と国家反逆罪の制定を要求するプラカード
6

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s
”ヲチャ特有の思考回路”
”6月16日に投稿したなう”


バナー
  
Posted by samuraiari at 05:30Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 抗議・街宣行動