2006年08月28日

安易に外国人を伴侶にする勿れ!

f2183990.jpeg

 ちょうど1ヶ月前の7月28日のエントリーになるが、当ブログ「中国人が増加する狢臻椨瓩海獣任董」にNinja様より、あるブログのアドレスをご紹介頂いたので、本日のエントリーでは国際結婚について考えてみたい。

 件のブログは『中国人妻の行方・・・彼女の完璧な偽造結婚計画』というもので、若くて美しい中国人女性と現地での見合いの末に結婚したものの来日後、姿をくらました妻を捜し求めて情報提供を呼びかけることを趣旨としているようです。ちなみにブログ・タイトルは偽造結婚…よりも「偽装結婚」が適当ではないでしょうか。
 四十、五十の峠を越えた日本人男性が結婚相手として10〜20歳くらい、あるいはそれ以上に歳の離れた中国人女性を選ぶというパターンがここ数年で急増していると言われます。
 よく人権派団体は外国人労働者問題でも「受け入れるのは単なる労働力ではなく、人間なのだから非人道的な扱いは許されない」旨を説きます。
 そう、国際結婚でも相手は単なる道具や機械ではなく、人間だから厄介な問題なのです。人間には向上心があれば欲望もあります。最初、現状に満足していても慣れれば人間はより良い生活を求めがちなもので、餌さえ与えていればいいペットやTV画面さえ見ていればいいバーチャル世界のようにはいきません。

 昔―、十年近く前の話ですが、近隣の工場社長(破産寸前)が若くてピチピチの中国人女性と結婚し、来日後は2人で工場を切り盛りするんだと言って意気揚々と中国へ乗り込みました(見合いのため)が、そもそも中国人の女は日本で不法就労するために大金を払ってでも国際偽装結婚という手段を用いて不法入国するのであって、何が愉しくて六十過ぎのオッサンと結婚して潰れかかった工場を切り盛りするというのでしょうか。
 その後、来日した中国人の女は成田空港に到着直後、迎えに現れたブローカーと共に姿を消したようで、戸籍と引き換えにわずかな金額を支払われたのみで、不法入国の片棒を担がされた工場社長が意気消沈したことは言うまでもありません。

 これは偽装結婚=不法入国に手を貸した「超」が付くくらいにぶっ飛んだ愚か者の例ですが、真面目な結婚を考えている方の場合、日本人と中国人とでは結婚に対する価値観が著しく異なる以上、数回しか会っていない相手と安易に結婚を決めることは危険と背中合わせと言えるでしょう。
 勿論、結婚後に金遣いが荒くなったり、無断で外出・外泊果ては失踪するなど中国人妻が突然豹変する例ばかりではありません。上手くいっている例も少なくはないでしょう。しかし、総体的な傾向として文化や生活習慣の違いなど、国際間での結婚には多くの困難が待ち構えていることは久しく指摘されている通りのようです(危険な前兆が見えた時、夫が妻を引っ叩くのは当然ですが、今やDV防止法によって足枷があります。この法律を推進した勢力が参政権や人権擁護法を推進する勢力と結託していることから、かのドメスティック・バイオレンス防止法成立の意図が日本の多民族・多人種化と密接に結び付いていると考えるのが妥当でしょう)
 失踪した件の中国人妻然り、彼女らに裏切ったという概念は無いのかも知れません。生存する本能として今の夫の元にいるべきか、新たなステージを求めるべきか、どちらが損か得か、強者に付くか弱者に付くか、熾烈な競争社会を生きてきた者としての選択瓩砲靴過ぎないのかも知れない。
 以下は二十代独身女性らに話を訊いてみた―。
「結婚相手として外国人なんて考えられません。日本人同士でも相手のことがよく分からないのに…外国人なんて余計に分からなくなる」

 日本人の異性に幻滅しているからといって人生の伴侶に外国人を選ぶのは自由です。ですが、外国人の異性にはより幻滅させられるリスクが極めて高いことを覚悟すべきでしょう。
(有門大輔)
ブログ・ランキングへの応援クリックを!



Posted by samuraiari at 21:53 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
おひさしぶりです侍蟻さん。

以前は隣に住んでいる中国人のことで相談に乗っていただきありがとうございました。
その後、私はその中国人と何故か酒を酌み交わしながら色々本音で話しました。いろんな情報が得られました。まず中国人留学生は歌舞伎町で麻薬の売買をしながらこずかい稼ぎをしているそうです。あと中国人留学生の多くは暴力団に知り合いがいるそうです(同じ臭いで呼び寄せあうんでしょうね)。日本の警察は全然怖くないといってましたが、私は日本をなめるなよお前と何度もいってやりました。
結論から言うとまったく我々日本人とかけ離れた属性の持ち主ということです。犯罪をすることをなんとも思っていません。それどころか戦争をする日本の方がよっぽど恐ろしいと言って来る始末です。私の部屋に酒やさしみ等を持ってくる根はいい奴でしたが、裏の属性に気がつかず騙される日本人はよっぽど愚かで嘆かわしいです。

Posted by unnown改めAKIRA at 2006年08月29日 00:31
続きです

私は警察に通報しておきましたが、まったくこたえていませんでしたね。警察も本当に弱腰でしたが私が「中国人は危険極まりない」と進言したら「よく分かってる」と言ってました。
私はその後引っ越しましてこの件は終わりましたが、中国人には「お前は警察にマークされてるから日本で犯罪はするな」と強く言っておきました。まあするでしょうねというのが私の予想です。
長くなりましたが侍蟻さんのブログはもっと人に読まれるべきと思いランキングポチッとしておきます^^以前忘れていたので(よく忘れてしまいます)。これからも不法滞在、入国特ア人問題を
とりあげていって下さい。

追伸 中国人は戦争は反対で残酷と思いっているくせに、殺人はなんとも思っていないようです。怖い怖い。

Posted by unnown改めAKIRA at 2006年08月29日 00:33
>AKIRA様
お久しぶりで御座います。自ら相手の懐に飛び込んで直に話をするというのも一つの策ですね。中国人と共存を図る一方で、末端の不良分子が一定のラインを超えないように牽制するやり方に似ていると思います。その中国人が話した内容の裏を返せば、外国人犯罪の元凶となっているのが何であるのか一目瞭然ですね。逆に言えば「日本人は中国人を舐めるな。警戒心を強めよ」ということになると思いますが、これは裏社会で中国人を使役している側にも言えると思います。今はアゴで使っていても連中を肥え太らせると厄介なことになると。
とにかくご苦労様でした。今後とも宜しく。御力になれることでしたら何なりと。
Posted by 侍蟻 at 2006年08月29日 11:36
ヨメさんを金で買える時代になっちまったね。自分はヨメさんを金で入手しようとは思わん
Posted by ゲータレード大佐 at 2006年08月30日 02:41
>ゲータレード大佐様
安い買物のつもりが、恐ろしく高い支払いをする破目にもなりかねません。
結婚は所謂、妥協の産物という側面もあると思います。夫婦喧嘩が日常茶飯事でも、それでも寄り添っていれば上手くいっている証左。
しかし、外国人妻ともなればその質が異なります。純愛などと崇高な理念を唱えるつもりはありませんが、されどおカネを積んで安易に中国人妻を買おうとは私も思いません。
Posted by 侍蟻 at 2006年08月30日 11:22