2007年03月23日

安易な人道主義で世論を分断させるな!

一人、12周年の意味を噛み締める!

 冒頭から私事で恐縮だが、本日3月23日というのは、私にとってはちょっとした「記念日」のようなものである。

 誕生日など祝ってもらうような歳ではなくなってから久しいが、今日という日付は自分にとっては重い意味を持つ。

 去る平成7年のこの日、私が上京して極右運動に参戦してから12年という歳月が流れた。

 あの日の夜、瀬戸弘幸・世界戦略研究所代表(現・極右評論主宰)や仲間らが焼肉店でささやかな歓迎会を開いてくれたのが、まるで昨日のことのようだ。

 当時、二十歳だった私も既に三十路に突入し、移りゆく時の早さを痛感せずにはいられない。

5bd8ca05.JPG
写真:瀬戸弘幸・極右評論主宰(奥)と侍蟻





 私が極右運動に参加し始めた12年前から見て、不法滞在外国人問題に対する世間の認識は、驚異的に高まったように思う。

 しかしながら、不法滞在外国人問題を取り上げるマスメディアの論点は、恣意的に、著しく変考(偏向)していると言わざるを得ない。

 不法滞在外国人及び在日朝鮮人の犯罪による治安問題を考える上で、日本人同士が争う、即ち日本の世論が分断されるような状況はまことに嘆かわしく、危機的でさえある。

 不法滞在を含め外国人犯罪に対する認識がいかに高まろうとも、「人権・人道」というファクターを持ち出されることで、本来、あるはずのない論点瓩生じる。
 これが変考(偏向)マスメディアの手口だ。

「子供が学校に通っている」
「日本で生まれ育ち、帰っても母国の生活に適応できない」
「日本で真面目に働いてきた」
「妻が病気で、強制送還されれば治療が
受けられない」

 不法滞在は問題だが、可哀想だから日本に居させてあげよう…こうした意見が出てくることで日本の世論は分断されかねない。巧妙な情報操作だ。

 政府が厳格に法を適用(逮捕、収容、強制送還)することが、あたかも冷酷な措置であるかのように報じ、その一方では不法滞在外国人の苦労話を美談として報じる。

 当局の摘発を逃れて生活しているのだから苦労も絶えないだろう。今まで机を並べていた級友らと離れ離れになることは辛く、寂しいことだろう。母国での生活も楽ではないかも知れない。

 だが、そんなことは当たり前のことだ!

 そんなことに、いちいち同情して右往左往していたら国家そのものが成り立たない!

 日本に不法滞在している外国人同士が結婚し、現在、その子供らが学校に通っている。その数まで含めた不法滞在外国人は、公式発表の少なくとも3倍は下らないだろう。

 文部科学省及び各自治体、教育委員会が実態調査に乗り出せない背景には、こうした問題も背景にあるのではないだろうか。

 不法に滞在している外国人が「人道的配慮」の一言で、いとも簡単に在留を認められてしまう…。これが後に、どれほど大きな禍根を残すかを考えれば、この善良だが、哀れな不法滞在外国人(特に児童)瓩海修、問題の核心である。

 思えば、我が国の治安に著しい悪影響をもたらしたばかりか、テロ・犯罪国家・北朝鮮を擁護する在日瓩箸いΣ匣が今なお残る発端となったのは、在日朝鮮人らに配慮瓩靴親段民塀算餝覆良嬪燭任呂覆ったか―。

 問題の本質は何ら変わらないと思うものだ。ここで安易な人道主義に与して、日本の世論を分断させてはならない。

72f6bd44.jpeg
《写真》
不法滞在ペルー人一家の長男・アロンソが在籍している滋賀県立野洲高等学校に対して、学校の責任を追及すべく警告文を送り付ける「FAX攻撃」を展開、継続中




有門大輔〕
ブログ・ランキングへの応援クリックを!

新しい風を求めてNET連合
http://shinpuren.jugem.jp/

NPO外国人犯罪追放運動 公式ブログ
http://blog.livedoor.jp/gaitsui/



Posted by samuraiari at 21:50 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
継続は力なりで、益々の活躍を願っております。

皇国史観研究会様の赤尾先生の言葉という
愛国運動に挺身するためにはからの部分は正に
管理人様に合うのではないでしょうか。

高みから哀れんでるのは侮辱と侮蔑とも受け取られる
こともあると思います。
本当に彼らのことを思うのならば、自分の国を発展する
ように促すべきでしょう。
Posted by 旗艦三笠 at 2007年03月23日 22:49
5
>旗艦三笠さま
激励のお言葉を有り難うございました。

時の流れは驚異的な早さで、12年の歳月が幻のようでさえあります。
赤尾先生について、私はリアルでは知りませんが、尊敬する大先輩の一人です。

不法滞在外国人らに対して、異なれど互いに母国を持つ人間だからこそ、自らの母国において自らを発展させるための努力を促したいですね。
Posted by 侍蟻 at 2007年03月23日 23:38
5
外国人にとっては、日本は居心地いいですからね。
でも不法滞在は駄目だって事を言い続けないといけませんね。

当たり前のことなのに、「FAX攻撃」になる現実がおかしいですよ。

侍さま、12周年おめでとうございます。

今日は叔母も来て、ここのサイト見ていきました。
2人分の応援です。
Posted by 聖子 at 2007年03月24日 00:15
5
光陰矢の如しでしょうか。これからもガンバて下さいね♪
▼韓国人の海外における犯罪は、日本で最多(worldNote)
資料は、韓国人による犯罪が、海外で日本地域が最も高いと分析している。(中略)05年に海外で罪を犯した韓国人は3079人。このうち1243人が日本での犯行で、全体の4割以上を占める。中でも、日本で窃盗、強盗を働いた韓国人は、286人と、前年(53人)に比べ、5倍以上に膨らんでいる。日本で韓国人の犯罪が多い背景には何があるのか。法務研修院の李相三教授は、「最初から犯行目的で日本に入国する者が増えているからだ」と見ている。韓国人犯罪で最も顕著なのが「韓国人武装スリ団」の存在だ。韓国の国内事情が絡んでいる。取り締まり強化で、追いつめられた一部のスリ犯の間で「日本に行けば稼ぎも楽だ」という噂が広まっていたというのだ。これまでは、日本で仕事を済ますと

Posted by ようちゃん at 2007年03月24日 00:53
すぐに国外へ高飛びするヒット・アンド・アウェー型が主流と見られてきた。最近では「目標額を定め、それを達成するまで犯行を重ねる大胆不敵なグループもある」と、日本の警察関係者は話す。一度検挙され強制送還されても、再び密入国して犯行を重ねるグループも確認されている。韓国人スリ犯にとって日本は、地理的に近く、1回あたりの金額も多いことから非常に魅力的な稼ぎ場となっているようだ。>最初から累犯者が勝手知ったる稼ぎ場とsいて来る。しかも中国より刑法が現行犯逮捕で甘いからだと思います。そして即刻韓国人のノービザ給付は廃止して欲しい!見て見ぬふりしたらしないで、警察に不審な外国人を目撃sたら通報するとか協力も大事です。駐停車中の車の周辺に不審者を見つけたらとか、小さい犯罪の追放からです。文中にある通り、子供をダシにして、居座る事が増えていますねー。

Posted by ようちゃん at 2007年03月24日 01:01
>聖子さま
叔母様とともに、2人分の応援を有り難うございます。

不法滞在は摘発が当然なのに、このまま法の空洞化が進んでしまい、暴動でも起きなければ事態の深刻さに気がつかないのですかね?
エントリー中には書いていませんが、学校に通っているだとか、この辺りは石原知事でも踏み込み難いようです。三選目を果たせば是非踏み込んでほしい!侍蟻もやります!
不法滞在問題は強窃盗犯のみが問題ではないはずです。
Posted by 侍蟻 at 2007年03月24日 01:02
>ようちゃん
コメントならびに激励を有り難う御座いました。
シナ人や朝鮮人による小さな犯罪から摘発を進めることは重要ですね。ゴミ出しのように日々の生活マナーの乱れも治安の悪化を招きます。
同様に、目についた、表面化した不法滞在は徹底して対象しなければ、善良な人だから良いなんてやっていたら、しまいに無法地帯になってしまいますね。十年以上も不法滞在だなんて、それだけで不良外国人です。
Posted by 侍蟻 at 2007年03月24日 01:09
侍蟻さんの記念日に(一日遅れですが・・)コメントできることを幸せに思います。いつも侍蟻さんのブログを見ながら私はいつも「外国人犯罪」7章の「不法滞在とエセ人権派団体」を振り返ります。各章はいいから7章だけ読んでみて、と本を渡した母も人権団体のやり口に腹を立てていました。 世界情勢を見ながら外交を見張るのも大事ですがやはり根腐りした中身から変えていくことが必要なのだと思います。その必要を察知し、何年も前から活動されている瀬戸先生や侍蟻さんに賛同します。
街宣の写真は、他ブログでも拝見していますがパソコンに向かわれる侍蟻さんや瀬戸先生の写真も臨場感が湧きますね!
見逃してしまいそうな、見る機会もなさそうなニュース、他、実践的に活動されている侍蟻さんからの情報、
エントリー更新を楽しみにしています。
Posted by kame at 2007年03月24日 05:48
5
>kameさま
激励のお言葉を有り難う御座いました。

あの『外国人犯罪』第7章は、人権派の動向を知らない人達にも知ってもらえるよう、分かり易く書きましたが、その狙いが見事に的中したことを嬉しく思います。
確か私が執筆、構成を任された章でした。

人権派団体の卑劣なやり口を白日の下に晒すべく、今後も奔走する所存です。
『極右評論』や『国民の総意』では見られない、普段の素顔もどんどん掲載して、我々をより身近に感じてもらおうと考えていますので、今後とも応援を宜しくお願い申し上げます。
Posted by 侍蟻 at 2007年03月24日 17:19
こんばんは
いつもアップありがとうございます。

日本に寄生虫がたかっています。
やがて本体が弱って倒れてしまいます。
はやく 除去しないと。

いろんなとこで 呼びかけていかないといけませんね。
Posted by あきつ at 2007年03月24日 20:38
12年間ありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いします。
外国人犯罪ネタを周囲にばら撒くなど微力ながら協力させていただきます。
Posted by TOM(薩摩製) at 2007年03月24日 20:47
>あきつ様
いつも応援を有り難うございます。

寄生虫…在日ごときが「多文化共生」などと日本の外国人政策を説く立場にはありません。ただでさえ寄生虫の者らを自治体の施策、まして政治に参加させるわけには参りません。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

>TOM(薩摩製)さま
いつも応援を有り難うございます。
TOMさんのコメントには、いつもながら助けられており、勉強になります。
今後とも宜しくお願い申し上げます。
Posted by 侍蟻 at 2007年03月24日 21:27