2007年05月30日

国際交流・親善をしないという選択肢

<千葉・元理事殺害>日中で研修費二重取り…生徒とトラブル
 外国人研修生を受け入れていた「千葉県農業協会」の元男性理事が、中国黒竜江省の「研修センター」を実質的に経営していたことが分かった。日中双方で研修費を受け取るなどのビジネスになっていた。同協会では研修生とトラブルに発展し、中国人研修生が昨年8月、元理事ら3人を死傷させる殺人事件が発生している。
(5月26日 毎日新聞)

まともじゃない奴らが利用すれば、まともじゃなくなる!

 今や外国人研修生問題は、大きな問題として社会的に広く知られつつある。

 技能・技術を学ぶ名目で来日した外国人(特に中国人)に、単純労働を強いるなど劣悪な職場環境や生活環境、賃金の未払いが問題となり、各地で裁判沙汰にまでなっている。

 外国人研修生ばかりが善良で、一方的に騙された被害者かと言うと、そうではない。

 こうした研修生制度で来日しながら研修先から失踪し、不法滞在化した者も相当数に上るという。

 外国人研修生制度が槍玉にあがる昨今、受け入れる日本側の不備も然ることながら、送り出す側の相手国(特に中国)の杜撰さも問われた上で、廃止論が進められなければなるまい。
:関連記事 [入管]脆弱な国は狙われる!
http://blog.livedoor.jp/samuraiari/archives/50686404.html

 この研修生受け入れを介在する者らの中には、「まともではない者」が多く介在している。
 
 真に国際貢献を考える、まともな企業が受け入れを求め、まともな受け入れ団体を介して、まともな受け入れ支援団体のサポートを受けながら、まともな外国機関を通じて、まともな外国人研修生が来日すれば何ら問題はなかった。

 しかし、往々にして、そのような崇高な理想とは程遠いところに現実は置かれているようだ。―と言うよりも、人間のエゴから制度が正しく利用されない場合のほうが多いと考えるべきかも知れない。

 外国人研修生の受け入れ事業を行なう「受け入れ団体」とは、どのようなものだろうか。
 
 インターネット上の検索で以下のような団体が引っかかった。

島根県で縫製業を営む業者の組合
エーネット協同組合  
http://www.wing-co.jp/~a-net/

協同組合 経営情報サービス
http://www.kjs.or.jp/

 どの団体がまともで、どの団体がまともでないかの議論はここではしない。
 外国人研修生を欲した各企業からの依頼を受け、こうした団体が外国の「送り出し機関」に受け入れを打診する。

 この「受け入れ団体」と「送り出し機関」の間を繋ぐブローカーが介在し、日中双方からマージンを受け取っていた実態が5月28日付の毎日新聞朝刊で報じられていた。
 当然、そのしわ寄せは外国人研修生に寄せられるのだが、複雑な闇システムの説明は新聞社に任せよう。

 蛇頭を通した集団密航よろしく来日手数料を支払った上に、日本企業で馬車馬の如く使われ、賃金から天引き―。
 母国での送り出し機関、ブローカー、日本企業…さんざん食い物にされた外国人研修生が失踪して不法滞在化…つくづく世の中には「まともな人」が一人もいないと思わされる。

 私がここで言いたいのは私利私欲やエゴが剥き出しになっている社会で、国際貢献だの国際親善・友好など崇高な理想は所詮、理想にしか過ぎないのだ。

 崇高な理念・理想に基づいて、立派な御題目を掲げた制度を設けようとも、それを利用する側が猝爾凌版笋雖瓩行なわれていた時代から何も進歩していないのだから、どうしようもない。

 国際化なるものが時代の言葉の如く流行した頃から言われているが、外国人を受け入れることが即国際関係の発展に繋がるというものではない。

 事勿れ主義が蔓延した現代日本人は、とかく摩擦や孤立というものを恐れる。

 小泉純一郎前首相の靖国参拝問題がたけなわの頃、日本のアジアでの孤立化が問題視されていたが、世界のほとんどの国が親日的なのに対し、反日姿勢を強める中国や韓国など、たった2〜3ヵ国との対話が無くなったところで何を恐れる必要があったのか―。

 同様に、現代日本人は敢えて国際交流の促進に与しない、国際親善に逆行するという立派な選択肢もある。

 国際親善やら国際交流などは、必ずしも絶対にやらなければならないものではない!

 まず、現代日本人はこの根底から糺すべきだろう!

〔有門大輔〕
ブログ・ランキングへの応援クリックを! 

トヨタ下請け団体を入管が行政処分  実習生の低賃金労働で
 愛知県豊田市のトヨタ自動車の下請け会社でベトナム人技能実習生が法定より低い賃金で働かされていたとして、名古屋入国管理局が、下請け企業23社で組織する実習生の受け入れ機関「豊田技術交流事業協同組合」に対し、<1>新規の実習生らの受け入れを3年間、停止する<2>実習生らは、9月上旬までに23社以外の職場に移らなければ、強制帰国させる――という行政処分をしていたことが29日、わかった。
 同県の産業別最低賃金は1時間722〜813円だったが、実習生の賃金は同700円前後だった。
 一方、県労働組合総連合によると、ベトナム人実習生約40人は、来日の際、母国の送り出し機関に保証金や紹介金名目で約130万円の借金をしており、実習途中で帰国すると、借金を背負ったままになるという。同協組は「人道上の責任もあるので、実習生らが強制帰国させられなくても済むように別の受け入れ先を探すなどの対応策を取っている」としている。 
(5月29日 読売新聞)



Posted by samuraiari at 21:16 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
拝啓、日本の国是は鎖国とすべきです。   草々
Posted by (^O^)風顛老人爺 at 2007年05月30日 23:24
5
有門様

瀬戸先生に随行しての講演活動ご苦労様です。

トヨタは正に鬼畜です。支那人を働かせると言う暴挙は言うに及ばずどちらかと言えば親日的なベトナム人を馬車馬のごとくこき使うとは言語道断!


しかし、トヨタのやるコストダウンてどういうことなのでしょうか?勤勉なベトナム人はともかく、支那人やブラジル人に車を作らせる、欧州での失敗をわかってないのかねトヨタは。
Posted by 憂国者 at 2007年05月31日 00:08
5
承前


以前のトヨタ車は金太郎飴とか80点主義とか言われたが、それなりながらも日本人の職人工員がきちんと組み立てたので壊れにくく、足替わりには最高の車と思っていました。

しかし、この10年位前から、マイナートラブルや些細な破損、故障が目立ち、リコールが目立って多くなったような気がします。
日本人の職人を育て仕込むよりも手っ取く労働力さえあれば競争に勝てると思っているのがトヨタ首脳陣でしょうか。
Posted by 憂国者 at 2007年05月31日 00:16
5
もう少し書き込みさせていただきます。

そしてあの奥田碩の社長就任で媚中屈中ぶりや支那中共へのおもねりぶりに怒りトヨタ車不買に走り、次第にコストダウンしかしない安物国産車群には目もくれなくなりました。

中には支那に媚びないで事業するメーカーもいるだろうがいまだに日本人の若者を育て仕込むより支那人を仕込む方がいいとかほざく経営者がいるとどつきたくなります。

日本の将来はどうでもいいんかい経営者!
Posted by 憂国者 at 2007年05月31日 00:29
5
日本鎖国を支持します。

特に支那中共と朝鮮半島を特に厳重に!
Posted by 憂国者 at 2007年05月31日 00:34
拝啓、トヨタのカローラをはじめとする大衆車は丈夫・燃費がいい・故障しない、総じて経済的であり 完成した乗り物でしたが 最近はワンボックス車の窓の不具合・オートマの微妙な不具合等々のリコールが相次ぎ スクラップになる迄乗れた20年前のタフで頑丈なカローラの面影はありません。          うーむ、とりあえず売国企業トヨタ・キャノン・朝日新聞・NHK・TBSそしてユニクロ・神戸物産・ヤフー・ロッテ・ロッテリア・ブックオフ等々を利用しない 本や雑誌を買わないところから始めます。             うーむ、経済力・お金の力が足りないのがかえすがえすも残念です。         僭越乱文にて  草々
Posted by (^O^)風顛老人爺 at 2007年05月31日 03:36
5
>(^O^)風顛老人爺さま

コメントを有り難う御座いました。
私なんて車は乗りませんが、それでも都市に氾濫する車の多さには、改めて驚きます。自動車会社でセールスをやっている方には申し訳ないのですが、これ以上、車は必要ないと考えます。
同様に、日本は外国人労働者を受け入れてまで生産性を向上させる必要はないという冷静な指摘もあります。
そこから考えると少子化による労働力減少で生産性が衰退するという経済界の指摘は的外れではないか―という議論が出てくるべきだと思いますね。結局、そういう風に既存の経済概念にとらわれている人々がリードするような企業って早晩、潰れるのではないでしょうか?
少子化社会で明るいビジョンを示してもらいたいです。もっとも増やす努力も必要ですが。
Posted by 侍蟻 at 2007年05月31日 11:25
5
>憂国者さま

コメントを有り難う御座いました。
欠陥自動車による事故が相次ぎ、リコールだのがさんざん問題になっているにも関わらず、自動車工場に勤める外国人労働者との因果関係がクローズアップされないというのは、何とももどかしいですね。それどころか外国人労働者は、少子化による労働力減少を補う上で必要不可欠…とまで言われる始末。
日本人の職人工員…こういう人材を育て大切にする企業でなければ最終的には生き残れないように思います。
トヨタの社宅が外国人窃盗・強盗団に襲われて何人か犠牲にならなければ分からないのですかね…いや、それでも分からないか。
Posted by 侍蟻こと有門大輔 at 2007年05月31日 11:37
5
>(^O^)風顛老人爺さま
>憂国者さま

私もまだ観ていませんが、日本が鎖国に踏み切った未来像を描いた映画がありますね。
映画はその時々の政治情勢や世界情勢を示唆していると言われます。米国が戦争をはじめる前に、戦争映画がタイミングよく出てくるといった具合に。
日本鎖国…映画はどういう方向性を示唆しているのでしょうか?
ご興味があればご鑑賞下さい。
Posted by 侍蟻こと有門大輔 at 2007年05月31日 11:42
5
制度の趣旨(タテマエ)と実態(ホンネ)が乖離しているところにありますねー。中小企業を中心に産業界には、日本人が就きたがらない職種でも、安い賃金で真面目に働いてくれる外国人労働者の受け入れを望む声が大きいことは事実です。(理想と夢を勝手にキメツケ、この制度が通過した)しかし実情は、単純労働者は日本人との雇用の競合、劣悪な雇用環境の温存、社会保障・教育・治安等の社会コスト増大と不法滞在に犯罪。規制緩和の大合唱が日本人に悲惨と不安な社会をもたらしたのです。規制緩和は事後法になるから、被害が出てから取り締まったり、犯罪立証の根拠となる法律そのものが無くて後から作って捕まえるんですから被害者は増えるはずです。大企業を中心に日本の企業が海外からの現地法人や合弁企業、取引先企業の常勤職員を直接受け入れる企業単独型」では不正行為がほとんど見られず、また失踪者も
Posted by ようちゃん at 2007年05月31日 13:04
5
大企業を中心に日本の企業が海外からの現地法人や合弁企業、取引先企業の常勤職員を直接受け入れる「企業単独型」では不正行為がほとんど見られず、また失踪者も1.5%にとどまっているのに対し、中小企業を対象とした「団体監理型」で不正行為が多発(法務省入国管理局が認定したもの98%)しており、また、失踪者が4.0%となっていることを見ても、このことは明らかです。国家としては開発途上国への技術移転を促進する立派な国際協力・貢献事業であっても、個々の中小企業としては、自らの負担においてそのような国際協力・貢献を行わなければならない理由がありません。従って廃止対象は中小企業の「団体監理型」を廃止する事です。彼らがこの法律を隠れ蓑にしてる。国内労働力の減少への対応は、基本的に機械化、IT化のさらなる推進による省力化、女性及び高齢者の労働市場への参入のさらなる促進、そして

Posted by ようちゃん at 2007年05月31日 13:15
少子化そのものに待ったをかけることによって対処するのが基本と思います。産婦人科医や小児科医の増員や保育施設の拡充、育児手当とあらゆる手段を駆使して、育児環境を充実して女性が安心して働ける環境を用意する事と繋がります。
外国人労働者受け入れ反対はとても中身が日本社会全体のシステム変更を伴います。地球の半分の女性の働く環境作りとも密接な面がありますが、行過ぎて暴走気味の今のジェンダーフリーには反対です。男女共同参画法案は無駄な予算の使い過ぎです。私達も中小企業が追い詰めれて廃業になる事は日本の産業の未来に得にならない、むしろモノ作り国家の根幹の小さな部品部門でなくてはならない位置にあることは分っています。中小企業への省力部門への政府補助など併用して提案して外国人研修修労働の中小企業部門「団体管理型」を撲滅させる事が国益になると思います。
Posted by ようちゃん at 2007年05月31日 13:29
拝啓、昔 20年程前に小学館の漫画雑誌 週刊ビッグコミックスピリッツに「平成鎖国論」と云う漫画がありました。   
別宮暖朗氏の 中国この困った隣人よりの引用ですが日本がシナに依存しているのは割り箸と備長炭ぐらいです、

シナが得意業・切り札とする核恫喝も日本は複雑な地形を利用し待避壕・シェルターを備え核攻撃は第一撃を凌げば何よりも多雨という天恵に恵まれている稀有な国です。        まっとうな島国の国是は鎖国とすべきであります。         

管理人さん 鎖国を描いた映画の題名を教えて貰えると幸いであります。        乱文にて  草々

追伸、20年前のカローラは漫画みたいにドアを乗っている者が手で押さえながら乗っている程古くなっていてもエンジンや足回りは何とも無く高速を走る事が出来ました。 振動が物凄く怖かったですが。
Posted by (^O^)風顛老人爺 at 2007年05月31日 17:14
5
>(^O^)風顛老人爺さま

『べクシル 2077日本鎖国』という映画です。今から70年後の世界でハイテク鎖国した日本を描いているようです。

↓下記の映画専門サイトで感想記事などもあります。

http://www.eiga-kawaraban.com/07/07051602.html


注意事項として、上記サイトの運営者は思想的には「左寄り」と思われ、彼がツマラナイと評した映画についも見方によってはまったく異なる感想が導き出されるものと思われます。まぁ映画なんて人によって視点も好みも異なりますから。
Posted by 侍蟻 at 2007年05月31日 23:04
追伸です。

>(^O^)風顛老人爺さま

自分も検索して初めて気づいたのですが、この映画、どうやらアニメのようです。
↓映画の公式サイト
http://www.vexille.jp/

実写の作品ならともかく、アニメか…。でも、(^O^)風顛老人爺さまはアニメも観られるようですね。
アニメも日本の行く末を指し示しているようなところがあって、それはそれで興味深いのでしょうけど。
ちなみに、まだ公開されていないのかも知れません。
Posted by 侍蟻 at 2007年05月31日 23:09
4
>ようちゃん
コメントを有り難う御座いました。

外国人研修生制度を創った自民党の二階俊博先生には責任をとってもらわねばなりませんね。ああいう人達って、その実態はともかく外国人受け入れに関する制度なり法をつくっては「国際交流に貢献した」だのと評されるのが何とも腹立たしい!それを周りで絶賛している奴らも、外国人犯罪の増加を知っているのか、己の家で受け入れて身を以って知れ―と言いたくなります。
国際化だの多文化だの、これ以上、外国人は必要ない!これ以上、車を増やすな―というのと同じく、これ以上、外国人を増やすような政策は犯罪でさえある、との認識が必要です。
Posted by 侍蟻 at 2007年05月31日 23:15
拝啓、アニメ漫画分野を問わずに良い面白いと感じた物は見ます。          映画館は上映中に喋る馬鹿な輩をフランスパンで叩きたくなるのであまり行きません。最近、街が下品になったと感じております。     
 駅の案内板 駅名表示にシナ朝鮮の文字が何時のまにか使われているのは不逞特ア3国・強盗
犯罪者を手引き歓迎するもので止めるべきであります。        最後に映画名御教示有り難うございます。        乱文にて  草々

Posted by (^O^)風顛老人爺 at 2007年06月01日 00:39
随分前の事件ですが中国人留学生の世話をした老夫婦が恩を最悪の仇で
返されるように殺害されたことがありましたね。
信じられないような事件でその頃から中国人への偏見を持つようになりました。

現在は身辺を見ましても受け入れる日本人にも問題があるように思います。
中小企業が労働力として受け入れざるを得ない状況は理解できますが
そのような環境を作っているのは大企業と行政(偏った)の癒着も
原因でしょう。
中国人の若い労働者が日本の末端の企業を支えているかのような宣伝をするNHKに
腹が立ちます。
ようちゃんさんが言われているように日本人が働きやすい環境を作ることを全く
怠っていると思います。
また、普通の日本人が参入できない特定の業種への壁を作り利権を占領している人間も
たくさんいるのでしょうね。
Posted by kame at 2007年06月01日 07:12
はじめまして
 愛知県豊田市保見ヶ丘5丁目付近にある
公団と県営、保見団地を見に来てほしい
 保見団地 、保見団地 放火 などで検索すると
様子がわかります。
Posted by abedenego at 2007年06月01日 07:59
ようちゃんさん
>少子化そのものに待ったをかけることによって対処するのが基本と思います。産婦人科医や小児科医の増員や保育施設の拡充、育児手当とあらゆる手段を駆使して、育児環境を充実して女性が安心して働ける環境を用意する事と繋がります。

ようちゃんさん、はじめまして。

 上記引用させてていただきましたが、私にはどうもわからないので、反論ではなく、質問という形で、お訊きしたいのですが、子育て中の女性が安心して働くける環境というのは、やはり必要なのでしょうか。

 例えば、自分が、子供を欲しいと願いながら、OLをやっているとしてですね、将来、安心して子供を預けて働ける環境が欲しいか、それとも、働かずとも安心して子育てに専念できる環境が欲しいかと問われれば、私の答えは後者であります。
Posted by 江戸屋 at 2007年06月01日 10:29
(続き)
また、将来、子供に手がかからなくった時点で(具体的には、子供が高校生になったくらい?)再び、働くことができれば、安心して離職し、安心して子育てし、安心して生活することができるように思うのです。

 この私の意見には非難も多いと承知してはおりますが、女性は母になる為に女性という性を持って生まれたのだと思うのです。社会進出よりもそのことを重く考えた方が、出生率は上がるように思うし、子供も健全に育つように思うのです。

 経済を考えれば、女性の社会進出は免れないことかもしれません。また、女性も学校を卒業した時点では、働いて自分の力を試してみたいでしょう。しかし、結婚相手が見つかれば、安心して、子育てができる環境を望むと思われます。できれば、子育て中は離職して、再び、復職することを望む女性が多いかと思われます。
Posted by 江戸屋 at 2007年06月01日 10:30
(続き:長くなって申し訳ありません)
専業主婦の穴埋めは、定年制度を改め、元気なうちは働くことと、一定の資格と財産を持った親日派の外国人(移民)や生涯子供を生む予定のない女性などで、埋めることはできないものなのでしょうか。
子供は国の宝。
健全な子供を育てるには、子育てを専業とする期間が必要でありましょうし、その期間を国民全体で理解し、支えなくてはと思うのです。
Posted by 江戸屋 at 2007年06月01日 10:31
5
各位 コメントを有り難う御座いました。

>kame様
当ブログでも触れましたが、ありましたね、そういう事件が。
連中は恩に感ずるということがないのでしょう。まさに生き馬の目を抜くというやつで、連中はあざとく人を出し抜くことを考えています。中国人を信用できるかどうかの問題ではなく、中国人に裏切らせないだけのパワーが日本人の側にあるか―という問題ですね。
それにしても、中国人(元中国人の妻を含め)による凶悪犯罪や猟奇的な事件が続発すれば、必然的に日本人は中国人に対する嫌悪感や偏見を持ちますよ。これは無理ないでしょう。多文化共生だの外国人労働者の受け入れに反するようなことをしているのは、現在の日本の外国人政策そのものですね。
Posted by 侍蟻 at 2007年06月01日 11:55
3
>abedenego様

どうも、はじめまして。当ブログの主宰者・侍蟻です。
保見団地…外国人問題で有名ですよね。
いずれ現地を自身の目で確かめる必要があります。
愛知は名古屋駅に着いた段階から外国人が多いと実感しました。地元の人も、外国人住民との軋轢が報告されています。
保見団地をはじめ、町中はもっと深刻でしょう。選挙戦でも、争点に掲げられて然るべき問題です。既成政党では言えないことを私たちが言います。
Posted by 侍蟻 at 2007年06月01日 12:01
江戸やさんにお返事します.専門職の場合は子供が生まれても継続して仕事を続けて行かないと技術の進歩に追いつけないようです、医療現場などでも10年以上のブランクは研修制度を受けても医薬品が多数開発されてて、焼け石に水.詰まり復帰は出来ないようですよ.私の実母なども高校の教師を3人子持ちで続けれたのは祖母がいたからです.私は独身ですが、姑つきの人で無いと、無理でしょう.今は時代の技術進歩が早くて、パソコンを見ても分るでしょうがIT関係ですと、中断は出来ない.復帰すると元の職場に戻れない職種が多いようです.単なる販売員とか事務員なら復帰はあるでしょうが.一般職の女性は、旦那の給料で生活出来るのなら一度退職して、10年後に仕事探してパートでも働く選択肢は自由でしょうが.今は女性も大卒で専門職に着いてるし、そう簡単に職場放棄と言うか退職は認めないです.スキルに金を会社も金を使って
Posted by ようちゃん at 2007年06月02日 01:54
ようちゃんさん
お返事ありがとうございます。
私も子供が生まれる前までは、専門職についておりましたので、あなたさまのおっしゃることはよくわかります。
しかし、子供を生むことを選択した以上、自分の手で子育てをすることに勝る使命があるのか、そこがわからないのです。
生活のため仕事をせざるえないのなら、わかります。
しかし、実際はそれだけではないように思えるのです。
自分の生きがい追求を子育てより上位においている方が多く見受けられるようですが、それについては如何でしょうか。
人それぞれ生き方があるとは思います。
私の生き方が正しいとは思っていませんが、今一度、女性の生き方を見直してもよいのではないかと思った次第であります。
Posted by 江戸屋 at 2007年06月02日 12:21
(続き)
学校のPTA活動を支えているのは主に専業主婦の方でありますし、彼女らのおかげで、子供たちが帰宅後、安心して安全に遊べているのではないかと思います。
誰しも、生きがいは必要でございましょうが、子供と仕事と生きがいと生活について、改めて、見直すことも必要ではないでしょうか。
Posted by 江戸屋 at 2007年06月02日 12:21
外国人とのお付き合いは程程にすべきだと思いますし極論を言えば鎖国でしょうね。皆さん気お付けてくださいね。
Posted by zephyrus at 2007年07月08日 18:38
5
>zephyrusさま
コメントを有り難う御座いました。

多文化への迎合もやめるべきでしょう。
私は変なところでアメリカン・ナイズされているのか、警察のパトカーや制服に「POLICE」と書かれているのは良いと思うのですが、駅や公共施設で徒に外国語の併記はやめるべきでしょう。
この間、案内板を見ると、日本語の他に英語、支那語、ハングル語で書かれていて見難いことこの上なかったものです。
こういうことから、止めるべきでしょう。
Posted by 侍蟻 at 2007年07月08日 21:07