2011年01月19日

『AERA』の排外主義バッシングに反駁!

極右の旗へ集え!
応援クリック宜しくお願いします。



朝日と新右翼が言う「愛国の作法」って何じゃ?

桜井誠在特会会長こそは次代のニュー・ヒーロー!

行動勢力(=排害運動勢力)を「ネット右翼」として実社会との隔絶図る工作に気をつけろ

d0178541_10594100

 このほど『朝日新聞社』が発行する週刊誌『AERA』「ネット右翼に告ぐ リアル右翼『愛国の作法』」と題した記事(同編集部・藤生明)を掲載した。

 この記事では右翼民族派団体の代表らを登場させる形で、今やインターネット動画から街頭行動に至るまで話題を掻っ攫い、在日朝鮮人に付与された在日特権を徹底追及することで知られる市民団体在特会(在日特権を許さない市民の会)』への批判を展開したものである。

TS3R01530001 アエラ記事の見出しには「ヘイト・スピーチを連呼する『ネット右翼系』の罵詈雑言は正直聞くに堪えない。ここはぜひ、リアル右翼に愛国の覚悟と作法を学んではどうか」と書かれていたが、大きなお世話とだけ返しておきたい。

 全般的な論調として、アエラと右翼団体代表らが言うには「ゴキブリ朝鮮人を叩き出せ!」「ウジムシ支那人(中国人)を叩き出せ!」とする在特会ら行動勢力が声高に叫ぶ主張が差別的で、要するに「排外主義だからダメ」ということに尽きる。

 これは我々が街頭行動におよぶ際にも「排外主義反対!」と書かれたプラカードを手に妨害行為を仕掛けてくる反日左翼分子にも共通することだが、まさしく左から右そしてマスコミとカルト宗教勢力までが我々を「排外主義者である」として社会からの抹殺を図っているのである。
 しかし、皮肉にもそうした批難・バッシングの数々が我らが現在の日本社会に位置する「存在意義」を示してくれてもいよう。

 今日のように組織暴力団の上層部を在日朝鮮人が占め、膨大なパチンコ・マネーを操る在日朝鮮人組織は今以って日本人拉致という国家犯罪を実行してなお憚らない共産主義軍事独裁の隣国・北朝鮮へ送金し続けてこれを支えているほど、わが国に脅威の存在となっているではないか。
 その在日朝鮮人らに与えられた「特別永住資格」なるものは、世界に類を見ない特権的な永住制度であり、これを定めた入管法を見直せと主張するのは必然的な動きである。

 ここで在特会の桜井誠会長にも苦言を呈しておくとすれば、「私たちを人種差別主義者、排外主義者と呼ぶバカたれどもがいる。でも、この声に負けちゃいけない!」と発言したことが記事中にも紹介されていたが、いかに当然の主張をしようとも在日朝鮮人を叩き出せとする「戦後タブー」に言及した時点で、どのように弁明しようとも旧態依然とした世の中では「排外主義」のレッテルを貼られることは避けられない。
 ここは在特会としても公然と排外主義を標榜してはどうか。

 在日朝鮮人に続いて、それを遥かに凌ぐ勢いで侵出している支那人は驚異的なスピードで日本社会の表と裏を牛耳ろうと隅々まで根を張り巡らせ続けている。

 このように政財官界からマスコミまでが「事実上の植民地」状態で、日本を防衛するためのあらゆる機能が不全に陥っている中、日本社会が外国人に蹂躙され続ける現実を排そうとする排外主義なる「民意」を在特会という団体こそが公然と発していくべきである。

TS3R01540001 文中、民族派団体『國の子評論社』社主の横山孝平氏は在特会のスタイルについて、「自分の安全を確保しながら好き勝手言っている印象」としているが、本当に自分の保身ばかりを考えていれば公安警察にもマークされかねない街頭行動には出て来ずに『2ちゃんねる』などの匿名掲示板に入り浸ったままであろう。

 横山氏は「何より気になるのは排外的な部分。『朝鮮人だから出て行け』『スパイの子め』とか言う彼らの品性は下劣だと思う」としているが、戦時下も然り、民族対立が起きて然るべき現在の状況で日本人の尖兵として戦うべき「右翼」「民族派」が品性などを問うている場合ではない。

 右翼がよく言う「国難」が在日朝鮮人や支那人という形によって具現化している今、戦わずして両手をあげて全面降伏する姿勢が美しいとか立派だと言えるだろうか?
 もはや状況は品性などというものに悠長に拘っている時ではなく、猛然となりふり構わず戦うべき状況に来ている。

「こんな僕の発言が雑誌に載ると、『お前、朝鮮人だろ!』と言われるんでしょう。自分と考えの違う相手はすべて『朝鮮人』『支那人』なんですよね」(横山氏)

 至極無念極まりないが、この民族対立・紛争という事態にあって、状況次第ではそのようにも言わざるを得ない。

 現在のように日本への帰化要件も極めて簡略化され、国籍こそ日本でも忠誠心は故国にあるとする者が特に支那系を中心に増殖している状況にあっては一概に日本人だからとか、日本国籍だから…と安心してもいられず、そこまで日本の民族問題が深刻化してしまった。
 外国人参政権の問題も結局は日本への忠誠心の問題である。

 東京・池袋チャイナタウン計画への反対行動において、我々に「お前ら日本の恥なんだよ!」とする野次を飛ばしてきたのも支那残留孤児3世ではあるが、「日本人の少年」が所謂「中国系日本人」として発した言葉であった。

 日本の政財官界そしてマスコミまでを篭絡した支那・中共が残留孤児の返還という形で日本人の中に挿入した「異民族」がまさに今、その独裁国家の意を汲んで本分を全うせんとしているのである。

 池袋チャイナタウン計画と残留孤児の子孫について触れておくと、あの界隈に屯している支那系マフィア・グループもその大部分は残留孤児子孫という所謂「中国系日本人」によって構成されているという。

 しかし、残留孤児が帰国した当時、当人またはその家族・親族に成り済まして日本入国を果たした支那人不法入国者は数知れず。また、それらの血縁を判別する術も意思も当時の日本国にはなかった。
 
 全てとは言えないまでも大多数はただの支那人が残留孤児およびその血縁者として日本国籍なり永住許可を取得し、日本社会で息を潜め、やがて牙を剥き出したというのが実情だろうか。
 兵庫県では昨年末、そのようにして日本人に成り済ましたのか、日本では華人学校へ通って度々支那へ赴くなど支那を故国に持つ所謂「中国系日本人」による凄惨なリンチ殺人事件が発生。「妹を連れ回した」として二人の男性に仲間らと共に激しい暴行を長時間にわたって加え、一人を殺害、一人に瀕死の重傷を負わせた事件は記憶に新しい。

 ここまで深刻化し社会問題にまで発展しているからこそ、「民族の触覚」を自負する右翼民族派には民族問題に鋭敏になってほしかったし、彼らこそが先陣を切って戦ってほしかった。
 母国への忠誠心が問われた民族対立にあっては、敵性民族(支那人・朝鮮人)におもねった一切の妥協も譲歩も許されない。

 日本人の品性について右翼はよく「教育勅語の復活」などを挙げるが、この混迷にあってそのようなものを復活させたところで何の役にも立たない。

 この教育勅語を定めて国民に徳を説き、日本国の統一と日本人の団結を図った明治政府、時の体制の成り立ちを振り返ってみよう。
 「戊辰戦争」によって官軍が幕府軍を打ち破って明治新政府が樹立された明治維新は右翼民族派もよく引き合いに出すところだが、錦の御旗を立てて勝利した後、今度は西郷隆盛率いる薩摩との西南戦争に勝利。

 この2度にわたる「日本人同士の壮絶な争い」を勝ち抜いた新体制という「チカラの裏付け」があったからこそ時の明治政府は教育勅語によって日本人を律することが出来たのである。
 そして後の外敵(清国とロシア)との戦いにも勝利してその体制を第2次大戦の敗北まで持続させることが出来た。

 現在のように敗戦後の体制が今なお続いている状態にあって、徳のみを説いて何の意味があるのだろうか。

 アエラ記事では「訴えを聞いてもらわないと街宣の意味がない」とする右翼団体代表の言葉を用いて、ここでも在特会の運動手法を遠回しに批難する。

 だが、訴えを聴かせることも然ることながら、それ以上に重要なのは日本人は自らのため誰と戦い、誰と衝突しなければならないのか、どのような不条理を打ち破らなければならないのか。

 それを在特会が端的且つ「行動」によって示しているのであり、これこそが社会運動において肝要なのである!

次エントリーに続く

no_2ch_0

極右の旗へ集え!
応援クリック宜しくお願いします。
 



Posted by samuraiari at 23:42 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
再三言うがもはや化石であるあの連中に右翼・民族派などと名乗ってほしくないですね
どこが『民族派』なんだ? あんたらが言うべきときに言わず、何も反対せずに来たからこんな事態に陥ってんだろうよ
実態はサヨクどもと主張が全く同じでラベリングが右翼 というだけじゃないか
喜々としてこんな発言をする時点で詰んでいる 奇麗事とかいう以前の問題でしょう
『愛国の作法』?
マスコミや在日サヨクに都合よい黙ったその化石右翼連中が望ましいってか

私は戦後日本におけるこのふざけた連中やサヨク在日タブーに勇気を持って抗議の声を上げる有門さんや桜井さん達を支持する
どんなに周りが罵詈雑言を吐こうがね

それと昨今、一部の質の低い情報誌がネット右翼というレッテル貼り奔走してますが これだけのやりたい放題やられて日本人から怒りや非難が出ないわけないだろう
ネットではダイレクトにリアクションが出る
ネット上の存在や声だと信じたがっているがそれは「サヨクや在日の現実逃避のための虚像」だとも言える
そんな考えではいつか痛い目にあうぞ
Posted by 多文化強制 at 2011年01月20日 01:29
5
●仰天!あの「SEX教団」元幹部が市長になった
(週刊朝日 2011年01月28日号配信掲載)
  2011年1月19日(水)配信
 http://news.nifty.com/cs/magazine/detail/asahi-20110119-01/1.htm
「SEX教団」として知られる「摂理」である。
1980年ごろに韓国で創設され、特異なキリスト教解釈をベースに勢力を拡大し、数年後には日本にも進出。

昨年11月、福岡県古賀市の市長選で当選した竹下司津男氏(42)

「カルト出身の市長が誕生した。すごい時代になったものだ」
 さる公安関係者がそう漏らした。
昨年11月、福岡県古賀市の市長選で当選した竹下司津男氏(42)のことだ。
「当人は、もう教団とは関係ないと言っているようですが、わからない。
 ともあれ、一時期は教団のリーダー的な存在だったのは事実です」
 (同じ公安関係者)

http://toriton.blog2.fc2.com/
Posted by 22 at 2011年01月20日 03:47
>「こんな僕の発言が雑誌に載ると、『お前、朝鮮人だろ!』と言われるんでしょう。自分と考えの違う相手はすべて『朝鮮人』『支那人』なんですよね」(横山氏)

この横山とか言う奴、己の精神が朝鮮人、支那人であることに気付いていないようだ。
Posted by 応援 at 2011年01月20日 03:59
5
自称民族派って人達は街宣車に乗って大使館に突っ込んだり信号無視したり特攻服にパンチパーマやサングラスで拡声器で怒鳴ってるイメージがあるので、品性とか聞くと「お前が言うな」って突っ込みたくなりますが、大衆に対するアピールとか考えると、やっぱりそう言う自称民族派の人達とは一線を隔した在特会とかネット右翼の方が上だと思いますね。しかもそう言う人達が排外主義を演じながら、実は在日や外国人の悪事を隠して日本や日本人のイメージを歪めて来たと個人的には思ってるので、記事の中の人がどう言う人かは知りませんが、お前等には言われたくないって気がしますね。寧ろなんて言うかこう言う朝日と自称民族派右翼の協力関係を見ると、ああ矢張りそうだったのかと言う感じがします。道理で右翼を名乗る人達に朝鮮人がいる訳だと納得できます。
Posted by nk at 2011年01月20日 04:40
「リアル右翼の愛国の作法」とは未解決事件に便乗し鈴木邦男宅に放火し、お寒く自爆糞漏れブルーギルする事かね
Posted by 問題解決 at 2011年01月20日 08:09
ネットを中心に団結している我々が保守するべきものは
あくまでも日本民族としての「精神」である、
いわゆる保守や右翼が保守している個別の歴史や文化、地域の利権とはまったく別なのである。
マスコミが我々を侮蔑するために使っている「ネトウヨ」や「右翼、保守」などの言葉で我々を定義してはならないのである。
Posted by たカメ at 2011年01月20日 10:21
一水会の木村三浩
代表(54)はこう見ている。
 「在特会などの集会はしがらみもない。そこでは思いの丈を語り、極論も言える。すると、『自分が世の中では要注意人物と
見られているのでは』と錯覚するようで、時代を切り開いている革命家になったつもりになるんでしょうね」
 ある時、ネット右翼に軍歌を知っているかと尋ねたら、「サビだけ」と答えた。どんなサビだと聞くと、曲名は無論知らずに、本当に
サビのサビ、「日本男児」とだけ口ずさんだという。
 「在特会みたいのを育ててしまったのは右翼側にも責任がある。効果的な運動ができなかったわけですから」(木村氏)
 昨夏以降、警察による在特会などへの取り締まりが本格化し、「当局の『お目こぼし』は終わった」との観測が広がっている。
「反撃されると弱い」(木村氏)とも指摘されているネット右翼系の人々。

++++++++++
反撃は兎も角、うしろ弾には弱い時もある。
Posted by 伊波タケオ at 2011年01月20日 12:27
>「ヘイト・スピーチを連呼する『ネット右翼系』の罵詈雑言は正直聞くに堪えない。ここはぜひ、リアル右翼に愛国の覚悟と作法を学んではどうか」

このような差別的言動は言論ではなく相手に石を投げて攻撃しているのと同じと自覚するべきでしょう。
なんの「道理」もなくやっているように見られたらそれは「ならずもの」と見られているのです。
Posted by たカメ at 2011年01月20日 12:46
1つ口を挟みたいのですが、いわゆる後進国などから本当に日本を慕って、学びたくて来た人がまるで外国人全部排除しようとする運動に見えたら日本にマイナスに働きます。
排外すべきポイントをより分かり易くした方が良いと思いました。

どうも失礼しました。
Posted by kt at 2011年01月20日 14:50
ゴキブリや ウジ虫が 悪ければ

シロアリ朝鮮人・オニヒトデ支那人・アリジゴク韓国人は 如何?

これ以上 日本国内に 外国人を 増やさないのが 一番の愛国
Posted by ネオ東條英機 at 2011年01月20日 15:46
竹島強盗の韓国人

人さらいの朝鮮人

池袋侵略の支那人 これなら 誰からも文句つかない ですよね
Posted by ネオ東條英機 at 2011年01月20日 15:50
日本の右翼は異質

池袋の実態にしてもそう。外国の右翼のように民族問題に取り組む気がない
そもそもの問題意識があるのかすら疑問
Posted by nig at 2011年01月20日 16:56
「生活保護」(2)
弘前市生活福祉課に次のような質問書を提出した。
−−−−−−−−−−−−−−−−−

弘前市生活福祉課長 殿

平成23年1月20日                 弘前市富田町8−1 菊池医院
                              菊池 晃

私は開業医として永年生活保護を受けている人の疾病、外傷等の治療を行い
市の福祉事業には充分寄与して来たと思っております。
しかしながら、「生活保護」の実情を見てきた感想は非常に「苦苦しく思っている」
という事です。

親と別居し「生活保護」を受けさせ、自分は毎夜高級飲食店に通っている息子が
おりました。 当院は弱ったその親を入院させ、死ぬまで面倒を見ました。

あまりにも理不尽なことが横行しております。
あなた方はそれに目をつむっているのでは有りませんか?

先日も電話で「生活保護」支給の要件などについて問い合わせをしましたが、充分な
ご返事は頂けなかったので、お勧め通り書面をもって質問したします。

1 五体満足で壮健な男性が「生活保護」をうけているのは何故か。
2 「失業中なので取り合えず『生活保護』を支給する」というのは、正しいこと
  なのか?
3 上記の者が就職しなければ、いつまで『生活保護』は続くのか。

4 過去5年間の『生活保護』の人数、費用のデータを紹介してほしい。
  (コピーして頂けるならコピー代を払います)
  その際、動的な実態、即ち新規受給者、継続受給者がわかる資料がほしい。

Posted by 菊池 晃 at 2011年01月20日 19:26
5 巷間、『生活保護』受給には、議員、政党が関係しているとも聞くが、事実か。

6 「生活保護」受給者の中に外国人は居りますか。
  居りましたら、その人数、国籍をお教えください。 費用もです。

7上記、外国人が「生活保護」を受けているとしたら、その根拠は何か。

公務でおいそがしいでしょうから、充分時間をとり、1月末日までご回答くださるよう
お願い申し上げます。

Posted by 菊池 晃 at 2011年01月20日 19:27
在来型の右翼には在日が多いようですが、よくよく考えてみれば、かつては強姦酷は日本の一部として、連中も一等国の一員として君臨できた。こんなところに、在日が右翼に参入している理由があるのでしょう。
旧帝国が復活すれば、在日連中も紛れもなく日本帝国の一員として堂々と君臨できる。と言うのは考えすぎでしょうか。現状でも在日特権があるわけですし、どちらが得かと言う点が迷う所です。
Posted by 桜井一也 at 2011年01月20日 19:52
従来の愛国者は 国士舘大学がシナ人で 溢れかえり 

池袋や上野や新宿他 日本人が 小さくなって 暮らさなければ 成らなくなって しまった状態を 放置したまま

ヨーロッパの ネオナチ運動の方が よっぽどマシである


Posted by ネオ東條英機 at 2011年01月20日 21:43
まず、AERAは、桜井誠 様か氏 をつけるべきですね。

朝日新聞の与党派右翼(自称新右翼)一水会の鈴木は

侍蟻さまの横浜での街頭活動等での邪魔をしてきてゴミなんですけど。

朝日新聞、AERAは軍事評論家?スタッフライターの田岡の間抜けを

消せば良いのに。

 朝日新聞は販売部数が多い割りあいには、世論誘導をして我が国の
外国人、朝鮮人、中国人、ブラジル人の利益誘導組織のようです。


 侍蟻さまらが朝日新聞を訪れた時は応接室に通してお話を聞いてそれから
じゃないとだめですね。
Posted by 左翼殲滅 at 2011年01月20日 22:01
5
本当にうざいですネ。支那・朝鮮は。排斥されるのは、「日本が大好きで、日本に利益をもたらす外国人」ではなく、「日本が大嫌いなのに日本から出て行かず、コソコソと日本を滅ぼそうとする害国人」だけです。「支那・朝鮮」は、間違い無く、後者です。叩き出されるのは当然です。『支那・朝鮮は、日本に存在していてはイケナイ存在』です。「支那・朝鮮」は、明白に日本の『敵』であり、『侵略者』です。どーしても出て行かず、日本破壊を続ける気なら、『支那・朝鮮は、日本に仇為す日本の敵』認定で、狸の泥船に詰め込み、MY魚雷発射で、日本海に沈めましょう♪(^ω^)
Posted by 守ろう日本!! at 2011年01月21日 03:03
青森県弘前市

菊池病院

菊池晃 先生 御侍史

前略
弘前市役所の 弘前市情報公開制度 pdfを読んでみましょう。
 弘前市立病院に転院して貰う。
 患者の放蕩息子? ADHAD,アスペルガー症候群、自閉症、人格障害でなければ 生活保護が中止になると刑務所か凍死、餓死になるでしょう。

 弘前市役所と市役所福祉課長が情報公開を拒んだら

青森地方裁判所 弘前支部に
電話:0172-32-4371
 弘前市役所と福祉課長を情報公開拒否
について裁判を起こす?

 生活保護者の医療費は全額支給ですけど・・・
雑費は病院持ちだと思います。 医師として偉いですね。

菊池晃 先生は 弘前市、青森県、日本国の偉人ですね。

 お元気で、これからもご活躍を期待してます。
Posted by blogファン at 2011年01月21日 19:55
有難う。
死ぬまでもう一寸、がんばります。
Posted by 菊池 晃 at 2011年01月22日 11:53
5
各位 ご意見を有り難う御座いました。

よく「異なる意見の者に対して朝鮮人、支那人のレッテルを貼る」のが我々の手口だという指摘が散見されますが、事態がそこまでひっ迫している状況で、民族の生存圏という観点で見た場合、暢気なことを言っている場合ではない、そのことに気づいた人々が危機感の表われとして用いているのだと思っています。
「今の常識」で言えば表現は乱暴かも知れませんが、本来的に日本人がしっかりしていれば日本の政治もしっかりしている。日本人がここまでガタガタになってしまったがゆえに乱暴な表現も使わざるを得ないところにまで来てしまった。本来的に「民族の触覚」であるべき右翼民族派が在特会バッシングに見られるように停滞している様は、日本社会そのものがそこまで低迷してしまったことを反映するものでしょう。全てがダメになった、だから新たな形で新たな価値観を示す動きが必然的に起きてくるのです。
Posted by 有門大輔 at 2011年01月23日 01:54