2012年08月20日

極東戦争、真っ只中!

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

★日本の方途は「排外主義」のみ!

中韓連合軍の対日侵略は現代版「元寇」「蒙古襲来」だ

20120816-567-OYT1T00254-20120816-743216-1-L

 平成24年8月19日、洋上慰霊祭を行なっていた団体のメンバーが尖閣諸島沖に展開。このうち約10名が同島への上陸を果たした。一行は超党派の国会議員でつくる『日本の領土を守るため行動する議員連盟』(会長・山谷えり子自民党参院議員)の会員ら150名。先に尖閣諸島へ中国人活動家14人が上陸したことに触発されたのだろう。
SEB201208180022

 一方、中国では20都市以上で大規模な反日デモ暴動がまたも発生!

20120820k0000m030073000p_size5
 それ以前には李明博が韓国大統領として不法占拠を続ける竹島に上陸。韓国人俳優も加わった竹島への遠泳パフォーマンスも行なわれた。さながら領土をめぐり、日本と中韓連合軍による「極東戦争」の様相が濃くなっている。

 しかし、日中間または日本と中韓の間における「戦略」という意味では大きな差があると言える。必然、両国間の勢いの差においても。

01 中国には尖閣諸島のみならず朝鮮半島や日本列島そのものを名実ともに支配・統治下に収め、やがては太平洋へと大きく侵出する「海洋戦略」「世界戦略」に基づいて情報と人口そして軍事オペレーションを用いた戦術を展開・実行しており、韓国の対日戦略もまた然り。
 一方の日本側にはどこそこを自国領として日本人移民を送り込み、次はどこそこへ進出するといった外洋・進出戦略は一切ない。

 もっぱら実際的な軍事力を行使(竹島の不法占拠)して、大統領までがその陣頭指揮に乗り出しているのは韓国のほうである。
 鎌倉時代、中国大陸を支配していたモンゴル帝国(元)と、その服属政権となった高麗王国(現在の朝鮮半島)によって2度にわたって引き起こされた元寇(げんこう)・蒙古(もうこ)襲来と言われる対日侵攻はよく知られているが、そのリバイバルを見ているかのようだ。しかも本格的な侵略・侵攻が実現した形で。

 ひところ、自民党政権末期の麻生(太郎)内閣の時代、「自由と繁栄の弧」なる対中包囲網が提唱されて保守層が喝采した時期もあったが、所詮は軍事的プレゼンスを有さない国の影響力など無きに等しく、同和勢力のバックアップを受けている政権・内閣の持ち回り時間というのも限られているもので、露(つゆ)と消えてしまった。オモチャや箱モノのような軍隊を無理に持つよりも、現時点のままでも日本一国で採り得る方途を選択したほうが現実的というものだろう。

 世界の多くの国がそうであるように正規軍を持つということは、外部に対して何らかの戦略を有することと同義である。紛争地帯への平和維持や復興活動に各国の軍隊が各地で展開している。軍を有さない日本が自衛隊なる「疑似軍隊」を派遣して米欧の外国軍に守られながら活動しているのは、やはり「疑似展開」「擬似活動」に過ぎない。

PK2012081602100049_size0 現在の日本が採り得るべき戦略は、そのような正規軍を有して海洋進出するような方途ではなく、既に入り込んだ者をいかに排斥していくか、これから入ってくる者をいかに防ぐか、また、尖閣問題に見られるように明らかに侵略を企図して不法入国してきた「侵略の先兵(スパイ工作員)」は単に強制送還するのみならず、いかに厳罰に処して重罪を科していくかに限る。

 一言で言い表すなら「排外主義」であり、外に出ない向かわないの「排外戦略」

 現在の日本の場合は外への進出をどうこう言うよりも、いかに防ぎ守りつつも失ったもの、奪われた領域を取り戻していくか、これさえ出来れば大成功である。だが、それとて上手くいくのかどうかさえも分からない。この時代に憲法改正・新設や国軍の保持、海外進出に汲々とするのはその実、トンだ売国行為とさえ言える。

 そのような憲法上、法律上の手続きを云々している暇があったら、現行法のままで構わないので最前線にいる者らがその場その場で必要な対処をしていく以外にない。例えば「尖閣に不法上陸した中国人スパイに攻撃した」「銃撃した」「射殺した」…それが憲法や刑法に抵触すると言うなら、事後法として順次、必要に応じて憲法なり刑法を改正すれば良い。海上保安庁もしくは入国管理局または警察は権限と責務に基づいて発砲した、制圧したと法的な裏付けを与えれば良いのである。

☆戦争状態という排外主義の正当性

001

 こと外交面で言えば敵国との如何なる通商も情報共有も取り引きも停止して当然である。この極東戦争の真っ只中で、韓国との国交を断絶せよ、中共(中国)との国交を断絶せよとする保守・右派の機運は盛り上がっているものの、それでも世間全般的には中韓との関係をより深めようという方向性に変わりはない。

 日本の場合、北朝鮮と韓国という朝鮮半島を二分する南北両国と対峙する位置にあるが、拉致問題を抱える北朝鮮とは国交を持たず、あらゆる製品の輸出入を禁止した経済制裁を科している。この北朝鮮へのけん制として韓国を同盟国であるかのように見なす傾向が強いが、韓国こそはカルト統一教会による日本人信者の連れ去り(拉致)を看過し続ける拉致国家であり、竹島問題においては不法占拠を続ける侵略国家である。

 北朝鮮も韓国も両方とも有害であるが、韓国に対してこそ日本のあらゆる開発製品を輸出し、軍事衛星の打ち上げなどで科学技術を提供してきたことを反省して外為法違反など、刑法や経済制裁措置を整備しなければならない。

 先ごろ、韓国を訪れたことのある知人が教えてくれたことだが、韓国では各駅前に抗日運動で活躍した英雄の銅像が建っているという。日本で言えば明治維新の立役者らの銅像がJR・地下鉄の各駅前に建っているようなものだ。さらに大通りには5メートルくらいの間隔で、「日本海を東海に改めよ」とするスローガンが書かれた旗が林立しているという。

 日本もこのくらいになるところから始めなければいけない。韓流などというものが裏DVDの如く隠れて闇で売買され、在日韓国系パチンコ店が裏カジノのように闇で営業され、遠からず潰えさせるくらいの勢いで親韓国の傾向を追い払っていかなければならない。そこまでいって初めて関係断絶である。

 その意味でいかに竹島への問題意識や危機感を訴えようとも、いかに現行憲法の破棄・新憲法の創設を訴えようとも、いかに保守や愛国者を標榜しようとも、SNS『my日本』を運営する西田省人のように、企業として反日ゲームまで開発していた韓国企業と取り引きすることがいかに売国的で犯罪性を帯びたものであるか、厳しく追及・断罪されなければならない。

20120819-00000006-jij_afp-000-view
 竹島問題における韓国への弱腰があったために尖閣への中国人スパイの活動が活発化、反日暴動も勃発した。竹島のみならず、韓国への強硬姿勢は必然、中国や北朝鮮による対日戦略にも影響を及ぼす。だから現在進行形で日本領土(竹島)への侵略を継続し、今なお韓国民団(在日本大韓民国民団)が日本社会で依然と影響力を持っていることからも所謂「極東戦争」で真っ先に叩くべきは韓国。

 戦争とは物理的な軍事力の衝突のみを指すのではなく、今この段階から既に始まっている。

 日清・日露両戦争と第1次世界大戦そして第2次世界大戦と、近代日本が経験した戦争をリアルで知らない現代日本人には想像におよび難いが、スポーツの強化試合ではあるまいし戦争とはある日、突如として両国の軍隊が対峙してホイッスルやヨ〜イドンで始まったわけではない。
 今日の在日外国人との共生のように交流の中で幾度となく軋轢があり、和平を模索した交渉(話し合い)の末に幾度とない決裂があり、個人間での友情や愛情がありながらも個々人の人生を翻弄して、遂に大がかりな衝突へと発展している。

 異民族とも形容すべき悪しき薩長閥による明治維新をもたらした戊辰戦争も幕末におけるテロの応酬の末、大激突で雌雄を決した。

 まず、(極東)戦争であるという現実に立脚すること。

 そうでない限り、何故に排外主義でなければならないのか、欧州各国で人々がイスラム系移民との軋轢を戦争と認識したがゆえに排外主義が支持と理解を得てきているように、韓国・朝鮮人と中国人を排斥せよとする排外主義の正当性は見えては来ない。

 極右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪

同特連へGO!
同和・在日体制の「報道官」
http://ameblo.jp/arikadodaisuke/entry-11331535656.html


同盟強化月間、実施中!!
みたいな実さんのブログ

太賢さんのブログ

2ちゃんねる撲滅!
★警視庁 「2ちゃんねる強制捜査」!!

覚せい剤と脱法ドラッグを蔓延させた『2ちゃんねる』

脱法ドラッグにも2ちゃんねるにも法規制が早急に必要!

脱法であれば何をやってもOKの風潮を蔓延させた責務!

ファシズム的にでも摘発されるべきは当然だ!

NPO外追



Posted by samuraiari at 01:11 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
この記事へのコメント
お盆休みでネットやTVを離れて旅をしていた間に、緊迫の度合いがましている。
在日の中韓排除は必須として、反日の中韓。特に韓国と取引している売国奴は頭おかしいのではないかと心底思うわ。
my日本カルトにも呆れる。TOPの管理人が反日朝鮮人取引しているが、信者はマンセー状態。こいつら朝鮮総連か?と疑いたくなる。
あの西田と2chの関係も興味深い。西田は2chを執拗なまでに気にしており批判しているが、西田たちも2chで工作している実態があった。
特に興味深かったのが、去年講演か何かで2chの批判者を訴えるような話をしたが、その内容が発表前に2chで書き込まれ恫喝していた事だ。
おそらくmy日本の運営の誰かかネットシーズの関係者かいつもの素うどんだと思うが、2chで荒らしていた奴が、西田の講演内容を発表前にいたるところにコピペして恫喝してという事は、西田が常日頃から2chでの荒しや工作を指示したりしていたと言われても仕方がない。
以下がその書き込み(但し三重県という表示は実際の発信元とは限らないのは確認済)

10 : [―{}@{}@{}-] 名無しさん@涙目です。(三重県):2011/11/27(日) 13:20:55.95 ID:2O9HCejLP
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

現在、株式会社 my日本 は証拠もなくデマを流す人へ
弁護士と相談し【訴訟】へ向けての準備を行っています。

本日開催の総会でも【訴訟】について発表予定です。

代理スレ立てとはいえ、誹謗中傷の片棒を担ぐことになります。

訴えられるリスクを含めて納得した方は
スレ立て代行をされますよう、よろしくお願いします。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

依頼主は自分が訴えられることかから逃げる為に
この場所を利用していることをご理解ください


「株式会社my日本」だということをお忘れなく
Posted by 報告 at 2012年08月20日 06:30
> 異民族とも形容すべき悪しき薩長閥による明治維新をもたらした戊辰戦争も幕末におけるテロの応酬の末、大激突で雌雄を決した。

・。・
薩摩は薩英戦争、長州は馬関戦争でイギリスに大敗してますね。

それとイギリス植民地拡大外交戦略には伝統的な方程式があります。つまり反政府組織を正当化し、援助します。なので本来ならば日本の幕末は非常に分かりやすい構図ではあるんですが、嘘の幕末明治神話によって真実が隠されてしまっています。

山川浩箸の「京都守護職始末」でも読んでもらえれば分かりやすいと思うんですが、いわゆる官軍を自称している西南軍に本物の勅書を天皇は一通も下してはいませんでした。本物の勅書を受けとっていたのは、賊軍とされている佐幕側の会津藩だけでした。それが真実です。

実は明治の暮れにその真実を分かってからは、日本の学会ではその真実に憚り、つまり孝明天皇や会津藩に憚りがあって戊辰戦争の位置付けは官軍賊軍としての構図では見ず、西軍東軍とした位置付けをしている状態が常識となっているのですが、不思議と世間に出る時には、あらゆる御用聞きのフィルターがかかってしまい、反政府組織ポア薩長連合軍が官軍に変化し、本当の官軍であるはずの幕府側が逆賊とされた位置付けとなっては大嘘で覆いつくした幕末明治神話が平気なツラして表を歩きます。

ご覧下さい。日本の社会を、西南政府が導き入れた同和や在日の姿を、西南政府と全く一緒です。ありもしない英雄・悲劇談を作り、日本中に嘘を撒き散らし、日本人の心を侵略しています。この憎むべき工作活動の事の発端は明治朝廷がその正体そのものです。まず発端の嘘を見破らない限り、先端の嘘をいくら見破っていても埒が明く事はないでしょう。発端は、自分達の本当の姿を見られない為にも新たな嘘を工作し続ける同和・在日カードを永遠に使って行くつもりでいるでしょう。
Posted by みたいな実 at 2012年08月20日 06:40
今回は14人、じゃあ次回は何十隻もの船を用意させて140人と数で圧倒して押し掛けるのか?

右手で握手 左手には銃が外交の基本姿勢だが、左手で国民の血税を熨斗付けて畜生を丁寧に送り返す旧自民(今も何ら変わらん)と民主党…。

腹を括って立ち向かえる気概者はいないのか?

それをわざとらしく、小難しいナショナリズムを煽るだのと宣う三流学者の理屈じゃないんだよ。

相手に舐められてんのかどうなのか?ただそれだけを具現化する為に、一歩前に進む毅然とした勇気が足りないんだよな?



Posted by ぐり― at 2012年08月20日 21:46
日本の歴史上純粋な祖国防衛戦争と言うのは鎌倉時代の元寇まで遡らなければ存在しませんね。勿論保守や民族派は認めたくないでしょうけどね。
Posted by 輿水 東 at 2012年08月20日 22:57
>みたいな実さん

薩長等の倒幕計画と言うのは関ヶ原の戦い直後から存在した様ですね。もの凄い執念と言うかルサンチマンだと思います。島津は知りませんが毛利は元々西南地方では何処にでもいる弱小豪族に過ぎなかったんですよね。秀吉や信長等よりも成り上がり者だと言えます。
Posted by 輿水 東 at 2012年08月20日 23:16
>本物の勅書を受けとっていたのは、賊軍とされている佐幕側の会津藩だけでした。それが真実です。
昔の時代劇ドラマ 白虎隊でその辺も描かれていましたね。
最近みたので覚えています。
話変わるが、昔の日本のドラマって秀逸なのが多い。
それに比べ今のレベルの低さは酷い。
やはり朝鮮人がTV局の上にいるからだろうか?
Posted by 報告 at 2012年08月21日 00:00
輿水 東さん

島原の乱もカトリックからの防衛戦争でしたね、そう教わる事はないでしょうが。
Posted by みたいな実 at 2012年08月21日 07:12
まさにその通りです!!
自分自身、反韓・中・民主党ブログをしていた時(閉鎖しましたが)、去年の例のフジの韓流ごり押し問題を機に、終戦の日を持って、韓中との戦争開戦を宣言しました。
でも、あの終戦の日から、新たな戦争は始まっていて、既に67年の歳月が過ぎたことになります。
そう、武器や軍隊を『使わない』戦争のことです。
しかし、それも終わってもいいでしょうね。そろそろ我が国も、奴らに本気で怒り武器を持って排斥・殲滅をしなければ、領土奪還・民族死守はなし得ません。

改めて言っておきます。我が国は、既に戦争勃発しているのです!!
Posted by sv_jpn at 2012年08月21日 08:09