2022年04月27日

老舗料亭の不法就労とペルー人の凶行!

suri2
画像:不法就労スリランカ人の雇用で摘発された大阪・西成の老舗料亭『鯛よし百番』

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 「法治主義」の在り方を問う!

 この4月、拙ブログでは2度にわたって南米系、とりわけペルー人による凶悪犯罪に言及している。

:拙ブログの直近の関連エントリーより

2022年04月13日 移民型の外国人犯罪!


2022年04月20日 不良ペルー人による女子高生「誘拐事件」!


 その中でも6年半前に埼玉・熊谷市で発生したペルー人のナカダ・ルデナ・バイロン・ジョナタン受刑者による6人殺害事件の記憶は未だ生々しく、幼子を含む妻子3人を失った男性遺族の心中を思うと非常に痛々しい。

 熊谷事件の男性遺族が起こした国家賠償請求訴訟についてのニュースが報じられていたので、まずはこちらに言及しておきたい。

熊谷6人殺害・国賠訴訟 原告の遺族が控訴/埼玉県
4/26(火) 21:54配信 テレ玉

 7年前に熊谷市で起きた男女6人殺害事件で、妻と娘2人が殺害されたのは県警の不審者情報の提供が不十分だったためとして、遺族の男性が起こした国家賠償請求訴訟で、遺族の男性は26日、一審の判決を不服として控訴しました。

 15日のさいたま地裁の判決では、県警の捜査での不備を認めず、原告の訴えを退けていました。
peru2

 …熊谷市での事件当日、確かに警察の現場レベルで一度は容疑者となる不審なペルー人の身柄を確保していながらそれを逃してしまったばかりか、周辺住民への周知徹底が為されていなかった点は悔まれる。

 もし、ここで不審者情報の周知・提供が徹底されていれば…あるいはそれ以前に容疑者の身柄を確保出来ていれば…と思うところだが、過ぎた人の運命に「たら、れば」論を云々していても仕方がない。

 仮に不審者情報の周知・提供が徹底されていたとしても、状況次第では別の誰かが犠牲になっていたかも知れず、こればかりは紙一重とも言える人の運命なので何とも言えない。

 ところで拙ブログでも過去に言及したことだが、警察(県警)レベルでの不手際は確かに改善が徹底されなければならないが、それ以前の段階にこそ元凶がある。

 男性遺族が国を相手取って起こした民事賠償請求訴訟では、県警による情報提供の不十分さに起因するとしている。その結果、一審では男性遺族の訴えが退けられ、このほど一審判決を不服として控訴に踏み切ったと報じられた。

 だが、本当の「問題点」とは、「そこ」ではない。

 熊谷殺害事件を引き起こしたペルー人については犯行以前より精神異常や心神喪失などが指摘されていたが、そうした精神疾患を抱えた者の入国・来日を日本側で精査・選別することは出来ない。…にも関わらず、そういうリスクを承知の上で日系南米人に限定した優遇的な受け入れ拡大をしてきた日本政府の対応にこそ「全責任」がある。

 ただ、安価な労働力を欲する企業・財界の声に押され、一国民の生命・安全を一顧だにせずに受け入れを拡大してきた日本政府にこそ。

 無論、外国人受け入れに伴なう入管法の改正(改悪)は国会で審議されているが、かの相互ノー・ビザ制度にせよ、法務省や警察庁からは「好ましからざる外国人が入国して来るリスク」として治安上の懸念を進言している。…にも関わらず、受け入れ拡大にGOサインを出してきたのが時々の政府・与党だったのだ。

 日系南米人の受け入れについては当初、ブラジル警察の高官より「(日本で)何の問題も起きていないのは今はまだ高学歴の優秀な人ばかりだからです。今にそうでない者も入って来るでしょう」として日本側に懸念を伝えている。…これはそっくりそのままペルー人にも置き換えられるわけで、こうした情報も警察庁より政府・与党に伝えられていたはずだ。

 なら大卒以上に限定すれば良い…とする意見もあるだろうが、各国で当たり前のように行なわれている卒業証書の偽造を日本側で見抜けなかったりするので、どうにもならない。そういう時に各国の在外公館(日本大使館・領事館)を通じた情報共有による審査・精査が行なわれれば良いのだろうが、世界各国の日本大使館・領事館に法務省の入管職員(入国審査官)が常駐しているとは到底思えない。

 かくして何らの法整備も体制も整わぬうちに外国人労働者の受け入れ拡大ばかりが前のめりに進められてしまったわけだが、従ってブラジルとの間では「犯罪人引き渡し条約」も締結されていない。

 熊谷市でのペルー人は現行犯で身柄を押さえられているが、これがもし容疑者が断定されていない中で南米の母国に逃げ込まれでもしていれば、日本中を震撼させた大事件だというのに犯罪人の引き渡しさえ実現しなかったかも知れない。

 さすがに「代理処罰」なるものは実施されただろうが、遺族にとっても世論にとっても釈然としない結果となったことだろう。

 熊谷6人殺害事件の元凶は政府・与党による暴挙とも言える受け入れ拡大政策こそが発端。

 そこを国家賠償請求訴訟で追及しなければならないが、では、遺族にそうした訴訟の提起が出来得るのかと言えば、現実問題としてはなかなか難しい。法律的なこともそうだが、現在の日本社会のメンタリティからしても…。

 実際、法律事務所の関係者・専門家にこうしたケースでの提訴について相談したことがあるが、かの京都・勧進橋児童公園の(朝鮮学校からの)奪還を目指した事例で保守運動関係者が民事賠償を問われた際、『朝鮮総連』サイドが実に100〜200人の弁護士の名を連ねて訴えを起こしてきたように、相応の「弁護団」を組まなければ現実問題としては難しいだろうと言う。

 さりとて、凶悪事件の「被害者遺族である張本人」が訴えを起こそうと思えば、極端な話、本人訴訟でも出来なくはない。

 こうした時に…こういう時にこそ良識ある有為な弁護士たちが(たとえ無償であっても)必然と集うような社会になってくれば、妙な凶悪犯罪者のところにばかり妙な人権派弁護士が集うような風潮も次第に改められてくるのではないか。

 必然、それが凶悪犯罪を未然に防ぐ社会へとつながっていく。

peru
画像:静岡県湖西市にて20歳のペルー人を乾燥大麻密輸で逮捕! こういう薬物の氾濫も凶悪犯罪・大事故を引き起こす主要因となる!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 法治主義が「放置主義」になっている現状…!

 大阪・西成の老舗料亭『鯛よし百番』で不法就労スリランカ人の男3人を雇用していたとして、同社の女性社長(65歳)と管理部長の男(80歳)、そして法人としての『鯛よし』が出入国管理法違反(不法就労助長)の容疑で書類送検された。

suri
画像:ネットニュースより

 「ご予約以外のお客様はお断わり」…とは大層な殿様商売でも繁盛しているようで何よりだが、不法就労のスリランカ人が3人も働いているような店はいかに老舗と言えども、お客様のほうからお断わりといったところだろう。

 不法就労外国人の雇用をめぐっては、その世界で「大手」や「一流」と目される企業でさえもついつい、やってしまうこと。

 いかに当該の分野での歴史が長かろうと、新興の競合相手からの通報もあると思われるだけに、各企業においては細心の注意を払って気をつけたほうが良い。

 今回の事例でも注目すべきは警察としても「起訴を求める厳重処分の意見」を付けたというところ…。

 相当悪質だったりする場合に付け加えられるものだが、そもそも起訴を求める厳重処分の意見が付け加えられなければ起訴されないというのがおかしい。

 記事にもあるように給与明細に「日本人名」を記すなど、書類上での隠蔽も巧妙。「店舗での売り上げを重視した」との供述だが、老舗料亭にあって日本人の熟練職人を育てるよりも安易な不法就労外国人の雇用とは、老舗料亭の看板が泣くというものだろう。

 繰り返しの雇用…もしくは相当な長期間に及ぶ雇用だったのかも知れないが、雇用者側こそが即座に実刑というくらいに厳しく罰せられるよう、入管法の強化・改正が急務である。

 不起訴・起訴猶予が既定路線で、最悪でも軽微な罰金程度など、実質合法・事実上の無罪確定のような法律で法治主義が「放置主義」であってはならない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 その他、直近の外国人犯罪ニュースより!

◆ ネオ行動保守 ポータルサイト(外国人犯罪・事件簿)
http://gaitsui.web.fc2.com/2nd_section/jiken/jikenbo_15.htm

ukur
画像上:所謂ウクライナ難民の中からも既に数十人の失踪者が出ているという! 所謂、難民として地道な就労よりも金髪で白人であることなど、自らの外見・容姿を生かした不法就労に勤しんだほうが割が良いとでも判断したのか? 確かにウクライナ・デリヘルが増殖しそうな気配である!

shina
画像上:ブランドのコピー商品を販売していたとして支那人(中国人)の女を告発! 要は偽ブランドの密売組織の末端販売員が摘発された事例である!

beto
画像上:欧州から国際郵便で合成麻薬を密輸した20歳代のベトナム人男女2人を逮捕! 麻薬密売組織の一員であることは言うまでもなく、この2人がどういう資格で来日し、どういう資格で在留していたのか、それこそを重点的に報道せよ! 薬物事犯こそが死罪に相当するのが当然と考えれば現行法下で在留資格の公表は当然!

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


【カンパのお振込先】

ゆうちょ銀行

記号:10100

番号:68224881

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動


他の金融機関からのお振込みはこちら

店名:〇一八(ぜろいちはち)

店番:018

預金種目:普通預金

口座番号:6822488

口座名:特定非営利活動法人 外国人犯罪追放運動


2ちゃんねる撲滅!
同盟ブログによるリブログ・シリーズ
1fc8e0a4-s




gaitsui


Posted by samuraiari at 18:26 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 | ブラジル人犯罪・日系人特権問題