2023年09月18日

近未来「麻薬農園」と外国人犯罪!

beto1
画像:岐阜県警によって摘発・押収されたベトナム人容疑者らによる栽培大麻
意外や栽培はそう難しいことでもないらしく、反社や組織犯罪とは無縁の麻薬常習者の間でも昔から普通に売買・譲渡されているらしい
誰もがその名を知る一流企業に勤める者が旧知の友人に再会するや、通称「ミドリ君」と称される栽培大麻をプレゼントされた…という話も身近で聞く

:拙ブログの関連エントリー
2023年09月09日


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◆ 外国人犯罪対策本部 公式サイト(広報)より

2023年09月17日 【東京】日韓スワップ再開断固反対・国民大行進(参加報告)



◆ 外国人ストーカー犯罪対策本部 公式サイト(外国人犯罪・事件簿)

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 反社会勢力が絡む組織的な栽培だ!

空き家・空き店舗・空き工場の次に来る犯罪拠点?

 岐阜県で営利目的の大麻を栽培していたとして、ベトナム人留学生の男2人が送検された。

 大麻栽培が行なわれていたのは岐阜県中津川市内の住宅で、驚くべきは送検された2人のベトナム人が現役の留学生だった、ということである。

 手入れのあった住宅内からは大麻栽培に必要な器具も押収されているというのに、2人のベトナム人の男はいずれも容疑を否認しているという。


以下、ニュース記事より引用

営利目的で大麻草を栽培か ベトナム人留学生の男2人送検 背後に密売組織の可能性も 岐阜県警
社会岐阜 2023/9/17 19:03 中京テレビ

 岐阜県中津川市の自宅で、営利目的で大麻草を栽培したとして、ベトナム国籍の留学生の男2人が送検されました。

 警察によりますと、いずれもベトナム国籍の留学生で、グエン・ドウック・ジャン容疑者(23)と、チャン・クオック・フイ容疑者(23)の2人は15日、岐阜県中津川市にある自宅で、営利目的でそれぞれ大麻草1本を栽培した疑いで17日送検されました。

 部屋からは大麻草や栽培に必要な照明器具などが押収されましたが、2人は容疑を否認しているということです。

 警察は、背後に密売組織がある可能性もあるとみて調べています。

beto2
画像:岐阜県警によって摘発・押収されたベトナム人容疑者らによる栽培大麻

 …警察では背後に密売組織が介在していたとして捜査・追及する方針のようだが、間違いなく背後に密売組織がいるのだろう。

 大麻・覚せい剤の密売と外国人をめぐっては、海外から国際郵便などで密輸した大麻・覚せい剤の受け取り人が外国人であったという手口はよく見聞きする。

 しかし、そうした手口が相次いで逮捕・摘発され、成功率が低くなっていることから日本国内での栽培に手口をシフトさせているのかも知れない。

 実際問題、地方では空き店舗となった物件にベトナム人男女数人が住み着き、数人がかりでの大麻の栽培が摘発されてもいる。

 今回の岐阜・中津川市内で摘発されたケースもそうした手口の一環だったと言えるだろう。

 尤も外国人にばかり栽培を担わせるケースのみならず、暴力団員が直接的に大麻栽培に従事していたケースも摘発されているが、こちらは他人(外国人)に担わせることで情報漏れを警戒してのものだったと見られる。

 だが、これとて逮捕・摘発されれば暴力団の上部組織にまで累が及ぶかも知れないだけに、外国人に担わせるケースが主流なのだろう。

 容疑は明らかなのに容疑を否認している2人のベトナム人容疑者だが、容疑を認めれば背後の密売組織についても追及されるのは必至なので、必死で否認を続けているに違いない。

 もし背後の密売組織について供述すれば、どこでどのような報復を受けるとも分からない。

 「ベトナム人犯罪の急増」…ということが言われて久しい昨今だが、既に日本の刑務所内とてどのようなベトナム人同士によるネットワークが構築されているとも分からない。

 刑務所での収容者の割合で外国人が占める率は高くなっているが、中でもベトナム人が群を抜く勢いなのではないか?

 必然、反社会勢力と繋がっているベトナム人収容者もいれば、(刑務所内なら当たり前だが)不良ベトナム人同士のグループ化も進んでいることだろう。

 意外や、口を割った者(所謂、裏切り者)に対する報復は世間で思われているほど難しいことではないように思える。

 言うまでもないことだが、暴力団と外国人犯罪はセット。かつては集団密航(不法入国)の身請けを担っていたし、不法就労の斡旋から強窃盗で略奪した貴金属類やブランド物を売り買いする盗品マーケットも暴力団組織の管轄下。

 盗難車の輸出や大麻・覚せい剤の卸し(密輸入)から密売に至るまでも組織の管轄。国際郵便を悪用しての密輸の成功率が下がるや空き家・空き店舗・空き工場を悪用しての大麻栽培はその不動産物件を見つけては借りるまで、表向きは外国人を使ってやっているように見せかけ、その背後に介在して一切表面に出てこないのがプロ組織の暴力団である。

 昨今やたら暴力団への締めつけが強化され、凶悪事件に絡んだとされる暴力団組長には10年前なら普通に無罪になっていそうな罪状で(物的証拠がなしに推論だけで)死刑判決が下されたりしているが、こうした刑法での締めつけ強化は全ての外国人犯罪に絡んだ暴力団組織そのものへの締めつけ強化でもあると考えられる。

 暴力団が組織(一家)として生き残るには昔ながらに外国人犯罪に絡まないスタイルに立ち返るしかないが、おそらく締めつけが強化されればされるほどに一部はマフィア化し、こと大麻栽培にあっても「どうせなら」という発想でより大掛かりに「大麻・麻薬農園」としての栽培に乗り出す近未来像が目に浮かぶ。

 民家や店舗・工場を利用すれば出入りの者からして近隣の人目にも目につきやすいが、辺り一帯を山岳地帯の密林で覆われた休耕地や空き地を悪用されれば周りからも上空からも確認し難いだけに、既にそうした麻薬農園はどこかに設立されているのかも知れない。

 いよいよ山岳レンジャー部隊や空挺部隊など、自衛隊の手を借りてでも麻薬摘発に乗り出す時代が来るのかも知れない。

rikuji
画像:ミリタリー専門SATマガジンの公式チャンネルより

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


 次は同じく中部地方でのパキスタン人による危険運転による凶悪事件より。

 愛知県愛西市内で自動車を運転していたパキスタン人の男(26歳)が自転車に乗った女子小学生(8歳)をはねて逃走したものである。


以下、ニュースより引用

8歳女児をはねて逃げる 無免許で軽乗用車を運転していたパキスタン国籍の男を逮捕
2023年9月16日 12時29分 CBC NEWS

paki
写真拡大

14日、愛知県愛西市で軽乗用車を運転し、自転車に乗っていた小学生の女の子をはね、そのまま逃げたとして、パキスタン国籍の男が逮捕されました。

8歳女児をはねて逃げる 無免許で軽乗用車を運転していたパキスタン国籍の男を逮捕 

逮捕されたのは、パキスタン国籍で自称・岐阜県瑞穂市の無職サルフラズ・アミル容疑者(26)です。
警察によりますと、サルフラズ容疑者は14日午後5時半すぎ、愛西市早尾町の信号のない交差点で無免許で軽乗用車を運転し、自転車に乗っていた8歳の女の子をはねて、そのまま逃げた無免許過失運転傷害などの疑いがもたれています。女の子は後頭部を5針ほど縫うなどのけがをしました。

警察の調べに対しサルフラズ容疑者は、「間違いありません」と容疑を認めているということです。

以上、引用終了

 …都心でもクルド人による暴走行為が摘発され、愛知県や静岡県など中部・東海地方ではブラジル人など南米系外国人による改造車での暴走・危険運転が目立つ。実際に死傷者が出ては容疑者が母国に逃げ帰るケースもあるだけに事件発生の段階での逮捕・身柄拘束が急務である。

 今回の事件のようにパキスタン人容疑者が逮捕されたところで保険にも加入していない…賠償能力(資産)もないとあっては被害者は何ら救われない。

 しかも、逮捕された26歳のパキスタン人の男は無免許だったというのだから余計に何も期待出来ない。

 無免許での過失運転傷害などは甘過ぎるし、どう見ても危険運転の類だろう。

 パキスタン人容疑者への厳罰は当然として、被害者の少女は後頭部を5針も縫う重傷だったが、家族ともども犯罪被害者を救済する機関なり制度なり利用出来るものを利用して治療費なりを受け取ることが望ましい。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!




gaitsui


Posted by samuraiari at 19:57 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 
この記事へのコメント
フェミニストの背後に韓国あり


https://www.zakzak.co.jp/article/20230902-AFNZD3OYDVPYNFDDSULUHRYPQQ/
良かったな
反日団体、特定野党や自称フェミらが
どんなポーズとっても守ってくれるよ!
日本人のグラビアアイドルには規制を重くしあんただけ売れる様にしてくれる!
そして…日本で無理矢理仕事させられたとか、性接待を強要されたって日本から金引っ張れる!
本当に良かったね!
Posted by 韓国オンナは入国禁止でいい at 2023年09月19日 07:34
あの韓国バカ女DJのみならず、芸能界は韓国系で完全支配・独占の時代。
TVのみならず、芸能界そのものに見切りをつけなければなりません。
かわら乞食と言われる世界に戻せば良いんです。
Posted by 有門大輔 at 2023年09月27日 20:41