2023年09月19日

『日本第一党』反移民シークレット街宣Vol.2

1
画像:埼玉・JR蕨駅前にて演説する日本第一党の中村和弘幹事長


◆ 外国人犯罪対策本部 公式サイト(広報)より再掲
2023年09月10日 【埼玉】『日本第一党』政策周知・反移民街宣(参加報告)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 参加報告 9/19 IN蕨〜川口

『日本第一党』主催 政策周知・反移民街宣

グローバル政党・自民党と新藤経済再生相を徹底糾弾!

来たる「10月8日 反移民デー」デモ行進の概要固まる!

5
画像:JR川口駅前での街宣風景

 令和5年9月19日(火曜日)、『日本第一党』による政策周知の街頭演説活動が埼玉県のJR蕨駅前と川口駅前で、それぞれ実施されたものである。

 弁士は同党の中村和弘幹事長と米田隆司副幹事長の「日本一コンビ」。

 今回も「妨害集団」に肩すかしを食らわせるためにSNSなどでは非告知(シークレット)での街宣実施となったものである。蕨〜川口にかけてのシークレット街宣は今回が2度目。

 加えてこれまで蕨〜川口にかけては土日にしか街宣の実施はなかったが、通行人の質が異なる上にサラリーマン・労働者が帰宅途中でごった返す両駅前での街宣実施となったものである。

 演説の主題は移民政策によって日本人の国民生活が著しく貧しくなっており、今後、貧しさは一層加速していくもので、そうしたグローバル政策に狂奔する自民党政治が蔓延ってしまった主要因は選挙での投票率の低さに起因しているということ。

 こと埼玉県にあっては地元選出の自民党国会議員である新藤義孝氏が先の第2次岸田改造内閣にて経済再生担当相として再入閣したものの、何ら再生される兆しにない日本経済の未来は極めて暗いと言わずにはおられない。

 労働者が報われない…雇用を奪われる…賃金が上がらない…少々ガソリン代や電気代が抑制されても驚異的な物価高に増税…ますます生活が困窮していく中で次代を担う子供たちの顔色も先行きも暗くなる一方、移民の若者が続々と組織犯罪や凶悪犯罪に手を染めていく中で日本人の安全は何ら保障されない。日本人も移民も不幸になっているが、日本人こそが真っ先に生活苦の極貧へと追いやられていく。

 国民の生活・安全よりも目先の利益に狂奔しているのが現在の政権与党の姿であり、与野党が挙って狂奔するのが外国人労働者の受け入れ拡大による移民政策であるわけだが、こうした国民生活の方向を顧みない売国政策を是正する唯一絶対の手段は選挙権を持った有権者が投票へ行くこと。

 求めずとも郵送されてきた投票用紙を手に定められた投票所へと足を運び、選びたい候補者がいなければ白紙投票で政権政党、与野党の全てに「不信任」を突きつける以外にないわけだが、こういうごく簡単なことさえも出来なくなってしまっている。

 投票に行きさえすれば良い。棄権や(投票権という)権利の放棄ではなく、投票に行きさえすれば政権政党への不信任となり、貧しく苦しめられ続ける日本人の生活は劇的且つ飛躍的に改善されるだろう。

 投票に行きさえすれば、減税も消費税の廃止も実現されて日本人の国民生活は是正される。

 投票に行きさえすれば、日本人にとっての治安も安全保障も確約される。投票に行きさえすれば、日本人の大多数が疑問や不安に思っていることの大部分が改められると言っても過言ではない。

 北朝鮮による日本人拉致事件も一斉的に解決へと向かうだろう。そのためには、どうやって有権者に投票へと赴かせるかが最大の問題である。

 無関心な人たちに投票所へと足を運ばせるのは決して容易なことではないだろう。しかし、投票という単純で簡単なことだからこそ誰もなかなか、せずにいる。

 選挙で自民が勝った…誰それが国会議員になった…初当選だ再選だで政権発足や内閣改造の度に誰それが入閣した、しなかったで一喜一憂する。

 しかし、それらの勝利も議席や政権の維持も真の民主主義によるものではない。飽くまでも「組織票」での勝利であり政権の維持である。

 組織票だからこそ、ごく一握りの組織のみによって、ごく一握りの組織にとっての利益にしかならない政治がまかり通っては移民政策というトンデモな政策が実行・拡大され続けている。

 クルド人が川口市内で大暴れした。どこそこで大乱闘を繰り広げたで地元もメディアも大騒ぎとなり、ようやく自民党系の首長や議員らが重い腰を上げ始めた。投票を経ずとも国民的関心・反発が拡がったことで曲がりなりにも「政治が動く」ということが立証された。これが選挙での投票ともなれば、重い腰を上げない議員も政党も慌てふためいて動くこととなるだろう。

 トルコ大使館としても不法滞在クルド人の強制送還への対日協力を表明した。しかし、単にクルド人だけの問題で終わってもいけない。

 その他の外国人まで含めた移民政策そのものを抜本的且つ全面的に見直しさせなければならない。

 敵は外国人移民ではなく「内なる敵」であり、自民党政権とそれに連なる(支持・支援)組織による移民政策(日本人を貧しくさせて日本人も移民もその双方を不幸にさせる政策)を全廃させるための投票行動が呼びかけられたものである。

 なお、今回の街頭演説活動を通じて、米田幹事長より来たる令和5年10月8日(日曜日)の「反移民デー」全国一斉アクションにて関東圏は埼玉・川口市内でデモ行進を実施する方向性が表明されたものだ。

◆ 「行動する保守運動カレンダー」より

【反移民デー】 移民受け入れ拒絶デモ


2
画像上下:蕨駅前と川口駅前のそれぞれで弁士を務めた日本第一党の米田隆司副幹事長
3


4
画像上:川口駅前で演説する中村幹事長


hanimin
画像上:日本第一党による反移民デー(10月8日)の告知チラシ

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!




gaitsui


Posted by samuraiari at 23:42 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
調査その他の活動 
この記事へのコメント
自民公明東京復縁(笑)、統一教会解散請求検討、また関西万博の黄信号や来年初頭の経団連中国訪問など踏まえますと、流れはすでに決まっていたようです。途中、農水大臣の「中国が嫌がらせするなど想定していなかった」→野党・左翼「岸田政権けしからん!」 の中国愛コントはともかく、石を投げつけられ焼き討ちされても「中国は日本が無くてもやっていける。日本は中国が無くなればひとたまりもない」と言う橋下徹やテロ朝玉川徹らのように、ハナから『日本など無い』連中の共通認識は=この岸田自民公明+野党、財界官界みんなでさらに中国様に寄り添って・・・ さあ内閣改造もした『あすはきょうよりよくなる』(!) はっきり言って何をする気も無ければ解散総選挙などさらさらやる気も無さそうです。
Posted by 怒心頭 at 2023年09月20日 05:40
中絶を経験した大学生が伝える「性」のこと 「中絶は必ずしも悪ではない」 自分で決めていく“性の新常識” SRHRとは?【報道ランナー】
https://youtube.com/watch?v=1IXCSzAhnX4&si=qbSG7t6hDvkaTgca

「中絶は悪くない」と高校生を洗脳する反日左翼マスコミ
だから少子化になるんですよね
Posted by 日本人を増やして、移民に対抗したい at 2023年09月21日 13:47
各位

反移民デーまであと10日あまり。
政権政党や世の動きに惑わされず、こちらはこちらがやるべきことを粛々と。
Posted by 有門大輔 at 2023年09月27日 20:48