2023年09月28日

外国人犯罪者の起訴・再逮捕!

bei2
画像:米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアで頻発する100人以上もの若者(移民系?)が大型スーパーに押し入り、商品を略奪・店舗を破壊しては店が閉鎖に追い込まれる事態が続発!
もはや強盗団ではなく、「暴動」の類であり、平時からこういう事態が続発していることが米国内の混乱・内戦状態を物語る?


※「外国人犯罪・事件簿」のページが更新されました
◆ 外国人犯罪対策本部 公式サイト(事件簿)より

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 乱闘・暴動の頻発という米国社会の後追い!?

今に「略奪」「革命騒動」に拡大するグローバリズムの帰結!?

 冒頭、まず埼玉県さいたま市内などで組織的に窃盗を繰り返していたクルド人3容疑者について、さいたま地検がこのほど同容疑者らを住居侵入と強盗致傷罪で起訴したことからお伝えしたい。


以下、ニュースより引用

川口のトルコ国籍男ら起訴、強盗致傷の罪など さいたま地検
9/27(水) 20:17配信 産経新聞

さいたま地検は27日、住居侵入と強盗致傷の罪などで、トルコ国籍で埼玉県川口市の無職、パーラック・バイラム容疑者(23)ら4人を起訴した。

起訴状などによると、パーラック被告は今年5月16日、さいたま市南区の住宅に窃盗目的で侵入し、帰宅した男性=当時(55)=に顔を殴る暴行を加えたとしている。ほかに起訴されたのは、いずれも同国籍で川口市の、自称解体工のパーラック・ジュマ容疑者(26)、無職のパーラック・オヌル容疑者(21)、無職のウズディリ・ハジ・アリ容疑者(20)。

以上、引用終了

:拙ブログのクルド人窃盗団の関連エントリー
2023年09月07日


 …既にネット上のSNSではユーザーから再三指摘されているところだが、容疑者らの国籍はトルコ国籍ではあっても正確には「クルド人」。

 新聞・ニュースでの表記が国籍を基準にしている以上、やむを得ないことかも知れないが、最低限、「クルド系のトルコ国籍者」と表現されなければならないだろう。

 在日トルコ人の圧倒的多数はクルド人。これでは生っ粋のトルコ人への誤解や偏見を助長するようなもので、マスコミ報道にあっても正しく「クルド人」「クルド人容疑者」と表現されなければならない。

 直接的な容疑は今年5月、さいたま市南区の民家に侵入したところ、帰宅した家人(当時55歳)と出くわしてしまい、顔面を殴打するなどして暴行を加えたもの。

 これは明らかに意図的な暴行であり、家人に見つかれば最初から危害を加えるつもりだったのだろう。

 強盗致傷…ではなく、「強盗傷害」事件として起訴・断罪されなければならない。

 それはともかく、最近、地検レベルでは全国規模で世間を騒がせた外国人犯罪が不可解にも不起訴処分とされたりしているだけに、久々のクルド人らによる組織犯罪の起訴を評価したい。

 しかしながら、クルド人をめぐっては今年7月初旬、川口市内の病院『川口市立医療センター』前に100人以上のクルド人が集結しての大乱闘事件。

 同センターは県内にあっても特に重傷病者の緊急搬送先として指定されているが、ここがクルド人の大乱闘によって5時間以上も緊急搬送の受け入れがストップしてしまった。

 この大乱闘事件でも、その直前の刺傷事件と含めて逮捕されたクルド人は僅か数人。その他は大勢が入り乱れていたがゆえに容疑者の特定や犯罪事実の認定が難しいのだろうが、不起訴どころか逮捕すらされず。

 もう、この時点を以って日本の治安状況は78年前の終戦直後の混乱期も同然。

 埼玉・川口市内を中心に生息しているとされるクルド人は公式には3千人前後とされているが、それとてかなり以前の統計であり、現段階では既に5〜6千人とも言われている。


 …次は神奈川県内などで暗躍していたベトナム人3容疑者による窃盗事件での再逮捕。


以下、ニュースより引用

11都県で窃盗180件か ベトナム国籍3容疑者再逮捕 神奈川県警
9/28(木) 10:31配信 毎日新聞

 空き家に侵入して盗みを働いたとして、神奈川県警捜査3課などは27日、邸宅侵入と窃盗の疑いでベトナム国籍の男性3人を再逮捕した。いずれも2015〜21年に技能実習生として来日したが、その後に離職。うち2人は在留資格が切れて不法滞在の状態だった。「生活費や来日にかかった借金の返済のため盗みをしていた」などと話しているという。

 再逮捕されたのは、いずれも茨城県下妻市で同居する無職、チャン・ミン・ヴオン(30)▽ズオン・ヴァン・ズン(25)▽ズオン・ヴァン・ズン(22)――の3容疑者。別の邸宅侵入罪などで既に逮捕、起訴されている。

 再逮捕容疑は、7月10日〜8月2日に、新潟市の空き家に侵入し、金杯1個(時価約100円相当)を盗んだとしている。

 県警によると、未遂を含む同種の余罪が1都10県で約180件あるとみて調べを進めている。【園部仁史】

以上、引用終了

 …こちらも埼玉県でのクルド人窃盗団と同様、余罪が発覚しての再逮捕となったものだが、間違いなく起訴まで持って行かれるだろう。

 前述のように外国人犯罪の不可解な不起訴が問題視されているものの、おそらくだが、「起訴」と「不起訴」のターニングポイントは「背後に犯罪組織が絡む組織的な犯行か否か」「余罪が出そうか否か」、そしてもう一つは「捜査に協力的だったか否か」が大きなポイントになっているのではないか?

 組織的な犯行だったとしても「背後の黒幕」までを含めて事件の全容解明につながればポイントが高そうだし、逮捕された事件が「初犯」だったとすれば余罪は出てきそうにない。その両方の要件を満たせば不起訴になる確率はかなり高くなりそうな気はする。

 だが、全面自供となれば背後に反社会勢力も絡むであろう犯行だけに、不起訴処分にしたとしても地検としては確かに不起訴にした「理由」まで公表するには至らないだろう。

 パキスタン人の男が都内の公園で女性への強制性交(強姦)に及んだ事件が不起訴になったと聞き及ぶ。

 これなどは互いに面識がある者同士で、事件当時、双方が酒に酔った上で行為に及んだ点で不起訴処分になったものと思われる。要するに面識のない被害者を無理やり引きずり込んで強制性交に及んだ犯行ではなかったことがポイントになったものと思われる。ただ、それでも起訴すべきだっただろう。

 
 …次は三重県四日市市の路上で現金約700万円が入ったカバンを強奪して逮捕されたブラジル人容疑者。


以下、ニュースより引用

貴金属買取店の経営者襲われる…路上で700万円余りが奪われた事件でブラジル人逮捕 当時男2人目撃される
9/27(水) 11:31配信 東海テレビ

bura
事件があった現場 三重県四日市市 2022年12月

 去年12月、三重県四日市市の路上で現金700万円余りが奪われた事件で、ブラジル国籍の男が逮捕されました。

 逮捕されたのは、住所不定・無職のオオニシ・ジュニオル・ヒロミ容疑者(24)で去年12月、四日市市大井手2丁目の路上で38歳の男性に暴行を加えてケガをさせたうえ、現金約705万円などが入ったカバンを奪った疑いが持たれています。

 男性は貴金属買い取り店の経営者で、顔などに軽いケガをしました。

 警察は認否を明らかにしていません。

 当時、男2人がカバンを奪い車で逃走する様子が目撃されていて、警察はもう1人の男の行方を追っています。

以上、引用終了

 …前出の関東地方でのクルド人にベトナム人、そして中部地方ではブラジル人だが、こうした集団的・組織的な強窃盗事件の続発が日本社会の近未来を物語る。


 既にその兆候を米国での事象に見ることが出来るわけで、米東部ペンシルベニア州フィラデルフィアでは移民系と思しき若者100人以上が一度に、一斉的に大型ショッピングセンターに押し入っては店舗を破壊しまくり、商品を略奪する事件が続発しているという。


以下、ニュースより引用

フィラデルフィアでおよそ100人の若者たちが集団略奪 少なくとも52人が逮捕 「あまりにも頻繁に起きていて」各地で若者を中心とした集団による略奪事件が相次ぐ
9/28(木) 10:00配信 TBS NEWS DIG Powered by JNN

アメリカ東部のフィラデルフィアで26日夜、およそ100人の若者たちがショッピングセンターなどに押し入り、商品を略奪しました。これまでに少なくとも52人が逮捕されています。

窓ガラスが割られ、荒らされた店内。

アメリカ東部・ペンシルベニア州のフィラデルフィアで、およそ100人の若者が市内のショッピングセンターなど数十の店舗に押し入り、商品を略奪しました。

地元警察は組織的な犯行とみて捜査していて、これまでに少なくとも52人を逮捕したと発表しました。

フィラデルフィアの住民
「あまりにも頻繁に起きていて、ひどく動揺しています」

アメリカでは各地で若者を中心とした集団による略奪事件が相次いでいて、大型スーパーが閉鎖に追い込まれるなど深刻な影響が出ています。

bei
画像:ニュース映像より

以上、引用終了

 …本稿の冒頭にも記しているが、強盗団ではなく、もはや暴徒。

 災害時に見られそうな略奪行為で、近年の米国なら大統領選など大きな政変があった時に起きそうな破壊行為が平時の日常から繰り広げられている。

 これ自体が米国社会の現状を物語るものであり、こうした組織的な犯行が瞬く間に数百人から数千人規模…潜在的な者らまで含めれば数万人規模で繰り広げられるのも時間の問題だろう。

 金品の略奪という「実利」以外に、その背後には政治的な…即ち「共産革命」の如し暴動・略奪である。

 米国は既に内側から倒壊しているも同然であり、20世紀中には旧ソ連の崩壊を目の当たりにした人類はこの21世紀初頭には米国の崩壊・解体を目の当たりにするのかも知れない。

 これが「移民」「難民」受け入れなどの美名で不法入国者を放置してきたグローバリズムの行き着く先である。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


その他、直近の外国人犯罪ニュースより!

shina2
画像上:ネットへの不正アクセスでJR東日本のポイントサービスを悪用し、美容液など約13万円分を詐取していた詐欺グループの支那人(中国人)を逮捕! 盗品売買マーケットで売り捌く算段だったのだろうが、組織の末端における「仕入れ作業」も店舗での窃盗行為に限らず、巧妙化している!

shina
画像上:他人名義のキャッシュカードで約5千万円を引き出した支那人容疑者の女を逮捕! 元は暗号資産の投資詐欺被害に遭った女性のカードだったそうだが、暗号資産などネット上での投資ビジネスは背後に犯罪組織が絡んでいると見たほうが良い!

ru
画像上:東京・渋谷の貴金属店で高級腕時計を盗み、一度は日本から出国したものの、あまりにも日本という国を舐め過ぎたせいか、出戻りで逮捕されたルーマニア人容疑者! ルーマニア人犯罪と言えば、東京・吉祥寺で強殺事件を引き起こしたルーマニア人少年は普段から家庭内でも手癖の悪さが指摘されていたが、彼らのお家芸なのか?

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


hanimin
画像上:日本第一党による反移民デー(10月8日)の告知チラシ

◆ 「行動する保守運動カレンダー」より

〜 日本は日本人だけのもの 〜
毎年10月第二週の日曜日は世界共通の『反移民デー』の日です。

※ 9月29日確定情報

【実施時間】
令和5年10月8日(日)
13:30集合
14:00出発

【集合場所】
川口駅西口緑地噴水(JR川口駅下車西口)

【現場責任者】
中村和弘  (日本第一党 幹事長)


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


2ちゃんねる撲滅!




gaitsui


Posted by samuraiari at 17:37 │ このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪