2024年01月24日

埼玉県、不法滞在者への感謝状!?

kuru2
画像:不法滞在クルド人に感謝状を贈呈した大野元裕・埼玉県知事(右)
然る埼玉県民は「今年早々、一番の衝撃ニュースでした。今後ますますクルド人が調子づくのでは?」と懸念する…

これこそ、徹底追及しなければならない「裏金」事件だろう!


:拙ブログの直近の関連エントリー
2024年01月17日 不法滞在クルド人と外国人犯罪!



kuru3
画像上下:人命をも危ぶませる積載オーバーで、これが不法滞在クルド人業者による解体作業の実態だ!
kuru4

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


<独自>不法滞在のクルド人男性に埼玉県の大野知事が感謝状 難民申請中に100万円寄付
2024/1/22 18:56 産経新聞

kuru
埼玉県の大野元裕知事(右)から感謝状を受け取るクルド人男性=22日午前、知事室(県提供)

トルコの少数民族クルド人の30代男性が実質経営する解体工事会社が埼玉県に100万円を寄付したとして、大野元裕知事が22日、男性に感謝状を手渡していたことが分かった。男性は難民認定申請中で、入管施設への収容を一時的に解かれた仮放免の立場にあり不法滞在の状態が続いている。県は「ご本人の立場は承知しているが、寄付は法人からのもので問題はない」としている。

寄付したのは地域の福祉活動などに使う「シラコバト長寿社会福祉基金(シラコバト基金)」。県によると、大野知事が知事室で男性に感謝状を手渡した。知事は「大切に使わせていただく」と述べ、男性は「埼玉県に貢献するため、特に子供たちの明るい未来に向けて役立ててほしい」と話したという。

同基金では法人は50万円以上、個人は10万円以上の寄付に対して県が感謝状を送っている。希望者には贈呈式が行われ、男性側が希望したという。

男性は約20年前に来日、川口市内で解体工事会社を実質経営する一方で難民申請を繰り返し、5回目の申請中。現在は仮放免され、不法滞在の状態という。

県福祉政策課は「ご本人が難民申請中で仮放免中なのは確認した。寄付は法人からのもので、ご本人は『会長』と名乗っているが法人の役員ではないことも確認している。感謝状は必ずしも法人の代表者が受け取るものではなく、贈呈式は本人から希望があったので行った」と話した。

同基金は昭和52年設立で、令和5年度はこれまでに17個人・法人が感謝状を授与されている。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 知事による法治主義を無視した愚行!

大乱闘・凶悪犯罪を頻発させたコミュニティという元凶に対し…

 埼玉県川口市内で解体工事会社を「実質経営」している不法滞在クルド人(トルコ国籍、難民申請5回目)が地域の福祉活動などに使われる『シラコバト長寿社会福祉基金(略称:シラコバト基金)』に100万円を寄付したという。

 寄付をするのは寄付する側の勝手だし、おそらくはこのクルド人が実質経営する解体工事業で得た収益から支出した100万円だと思われるが、不法滞在外国人が(不法)就労によって得た労働収益など「犯罪収益」も同然。と言うか、犯罪収益そのものだ。

 従い、日本社会への返還金とでも思えば合点がいくが、おそらくは強制送還を免れるためのポーズであり、川口市内などでの防犯ボランティアと同様、一種のパフォーマンスと見て間違いない。事実、在日のクルド人団体にはトルコ政府から「テロ組織支援者」指定を受け、紛れもない「事実」を追及されたことに対する焦りもあるに違いない。

 直接寄付をした解体工事会社の実質経営者たるクルド人にしたところで来日以降、難民申請は5度目。昨年、春先に成立・施行された「改正入管法」に照らせば5度に及ぶ難民申請など言語道断であり、とうに強制送還の対象になっているどころか、母国トルコへの強制送還が完了していて当然の身である。

 川口市内で実質経営などとされる解体工事会社にしたところで、新聞記事でも「実質経営」とされているように実際の(登記上の)経営者は異なるが、この不法滞在クルド人が「社長代行」「現場責任者代行」となって実際の業務を担っているものなのだろう。

 経営者は何者なのか…果たして日本人なのか…支那人(中国人)だったりするのではないかと思われるが、事実、支那人経営の解体工事会社が安価で請け負った解体業を下請的にクルド人らに担わせているという「不法就労フロンティア」が水面下では拡大していると伝えられる。
 今回寄付したとされる不法滞在クルド人のケースがこの解体工事会社における「実質経営」なのではないか?

kuru5
画像上下:解体現場では実際の経営者か請負人なのか…詳細は分からないが、クルド人以外の外国人らしき男の姿も?
b7e53c66

 前述の通り、寄付する側が自らのお金をどこに寄付しようが勝手であり、あってはならないことながら日本での在留さえ認められない不法滞在クルド人が福祉基金に寄付するのも百歩譲って勝手。

 しかし、問題は埼玉県の大野元裕知事がさる1月22日、この寄付した不法滞在クルド人に対して感謝状を手渡したことだろう。

 本来なら埼玉県ともあろう自治体の首長が感謝状を贈ることはおろか、クルド人のみならず、不法滞在外国人からの寄付などあった時点でこれを断らなければならないし、寄付された後であっても直ちに返還していなければならない。

 たとえ法制度上の問題はなかったとしても、これは道義的に受けてはならないし、ましてや感謝状など贈ってはならなかった。

 周知の通り、埼玉・川口市とその周辺に猖獗(しょうけつ)する不法滞在クルド人コミュニティの問題は非常にセンシティブ。

 まして川口市の奥ノ木信夫市長が政府・法務省入管庁に対して川口市内の不法滞在クルド人問題での断固たる対処を要請している折。

 その一方でいかに入管法の運用とはまったく別次元の別問題であれ、埼玉県知事がその在留を容認するが如し、お墨付きを与えるかのように感謝状の贈呈など言語道断と言えるだろう。

 先にも述べた通り、実質経営者の不法滞在クルド人はこれまで4度も難民申請を却下されており、どう見ても政治難民・亡命者には認定されない単なる不法滞在外国人。不法滞在は入管法に抵触した(外国人)犯罪であり、犯罪者扱いではなく、名実ともに犯罪者。

 入管法の制度上認められた仮放免だろうと不法滞在である事実に変わりはなく、仮放免で娑婆にいられたとしても在留資格が付与されたわけでもない。

 しかも、実質経営の不法滞在クルド人は来日以降、その不法滞在歴は約20年にも及ぶ。

 知らずに感謝状と贈呈式を執り行なってしまったのならいざ知らず、外国人犯罪者に対し、その素性を分かっていながら感謝状贈呈を執り行なった大野・埼玉県知事の責任はとてつもなく大きい。仮放免中だからと何でも通るような風潮をつくることは許されない。

 外国人犯罪者に県という自治体の長が感謝状贈呈など、これこそは日本の法治主義を蔑ろにするような暴挙であり、間接的な「日本人へのヘイト」にさえ該当すると言えるだろう。

 実際、今回の不法滞在クルド人による寄付行為を「善行」として讃える向きもあるが、まさに木を見て森を見ずの発想であり、断言して不法滞在クルド人擁護のキャンペーンはクルド人問題に直面して畏怖する川口市民・蕨市民ら全ての日本人を愚弄する蛮行だ。

 特に大乱闘や暴動といった凶悪犯罪を頻発させた不法滞在クルド人の問題が社会的に大きくクローズアップされている折、感謝状贈呈などブラック・ジョークにもほどがある。

 奥ノ木・川口市長は曲がりなりにも国・法務省に対して同市内の不法滞在クルド人問題への徹底摘発を要請している手前、その本心や思想信条はともかく、大野・埼玉県知事に対して厳正なる抗議を申し入れなければなるまい。

 尤も、それも大野・埼玉県知事〜奥ノ木・川口市長との間で示し合わされた出来レースだと言うなら、それも大いに結構であるが。

 おそらく寄付も(本人の希望による)感謝状の贈呈式も、全ては不法滞在クルド人コミュニティを擁護する人権派団体などの入知恵でもあると思われるが、こうもポジティブ・キャンペーンを繰り広げられると、川口市内に限った不法滞在クルド人の強制送還一つ取っても一筋縄ではいきそうにない状況となりつつある。

 不法滞在クルド人コミュニティを擁護する側も必死だが、法務省入管をはじめ国にとっても相当に器量と胆力が問われる。

 引き続き、埼玉・川口〜蕨の両市にかけて不法滞在クルド人追放の正当性を主張し続けなければならない。

◆ 外国人犯罪撲滅協議会 公式サイト(広報)より再掲

2023年10月22日 【埼玉】反移民政策デモ行進(反移民デー)参加報告!


2023年10月26日 【埼玉】川口市役所前 街頭演説活動!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪








◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト

gaiboku


Posted by samuraiari at 00:48│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 
この記事へのコメント
英語圏の掲示板

「なぜ日本人は、白人の外見をそんなに崇拝するのか?」
Why do many Japanese worship white people so much?
https://www.quora.com/Why-do-many-Japanese-worship-white-people-so-much

ウクライナ女をミス日本に選ぶことは、このような白人社会から日本人への侮蔑を助長します

国辱ものです
Posted by 白人をミス日本に選ぶことに反対! at 2024年01月25日 15:05
確かに国籍は日本かも知れませんが、
まぁ難しくてややこしい問題です。

「帰化人コンテスト」でも設けてはどうか?
Posted by 有門大輔 at 2024年02月20日 00:17

コメントする

名前
 
  絵文字