2024年04月27日

埼玉・蕨〜川口/テロ犯罪との戦い!


クルド人へのデモで市民に「雑魚ども」 埼玉県警、職員の暴言認める
4/19(金) 21:30配信 朝日新聞デジタル

sai
埼玉県警本部

 今年2月に埼玉県蕨市であったクルド人に対するデモで、警備中の埼玉県警職員が、デモに抗議する市民に対して「雑魚ども」と発言していたことが19日、わかった。市民団体「埼玉から差別をなくす会」の質問状に対し、県警が文書で「当該職員個人による不適切な発言であり、遺憾」と認めた。

 問題の発言は、デモ参加者が撮影したとみられる動画に記録されていた。デモに対して抗議する市民について、撮影者とみられる男性が「今日、多いですね」と話しかけ、警察職員とみられる男性が「雑魚どもだから」と話す様子が映っていた。動画サイトに投稿されていたが、現在は非公開になっている。

 市民団体は今月3日、この動画の発言が県警職員によるものかなどを問う公開質問状を、県警本部長や県公安委員会などに宛てて提出していた。県警は「今後このようなことがないよう、警察職員に対する指導・教養を進めてまいります」とも回答している。

 市民団体の世話人の中島麻由子さん(39)は回答を受け、「警察の左派の運動への嫌悪感を感じた。不適切な言動をすれば、市民からの信頼を失う。今後の指導を頑張ってほしい」と話した。(浅田朋範、宮島昌英)


:拙ブログの関連エントリー
2024年04月05日 不法クルド人及び支援者たる「ザコども」!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◆ いよいよ今日明日、開催!!

あの「カリスマ」の降臨は果たしてあるのか!?

4・28 日本・トルコ友情のデモ行進 2024 IN 川口

エルトゥール号事件から150年、我が国とトルコの間に築かれた友情の架け橋は今なお続いています。しかし、この二国間関係にヒビを入れいている勢力がクルド人問題です。トルコ政府は彼らをテロリストとして認定しています。日本だけではなく世界各地で暴動テロを起こすクルド人とテロ支援者たちの妨害に屈せず、日本第一党は埼玉県においてトルコとの友情を謳うデモ行進を実施します。

【実施日時】
令和6年4月28日(日)
14:00 集合
14:30 デモ隊出発

【集合場所】
丁張(ちょうはり)公園
(最寄り駅:JR西川口駅 東口)

【生放送】
日本第一党デモ・街宣チャンネルほかで中継予定
https://www.youtube.com/@ch-rb5lt

【総指揮】
堀切笹美 (日本第一党 副党首)

【現場責任者】
有門大輔 (日本第一党 副幹事長)

【取材申し込み】
国内外メディアの取材希望は以下の問い合わせ先まで
https://japan-first.net/press/

【注意事項】
日本とトルコの友情を謳うデモになります。
無関係の言動については厳に慎んで下さい。
生放送・動画撮影が入りますので各自対応下さい。
埼玉県警の誘導に従って行動して下さい。
現場スタッフの指示に必ず従って下さい。
指示に従わない、行動を乱す方は参加をお断りします。
テロリストパヨク(テロパヨ)の参加は固くお断りします。
当日、体調がすぐれない方は参加をお控え下さい。


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 不法滞在クルド人シンパを蹴散らせ!

ザコどもを「ザコども」と表現して何が悪い!?

 いよいよ『日本第一党』(桜井 誠 党首)主催による埼玉県(蕨市、JR西川口駅周辺)でのデモ行進が開催直前となった。

 開催日は令和6年4月28日(日曜日)。

 その丸2週間前となる4月14日には他の保守系団体によるテロ支援のクルド人団体追放デモ行進が埼玉・川口市内で開催されている。

aab0e720
画像上下:デモ行進を妨害しようと公道を占有して待ち受ける妨害集団(今年4月14日、埼玉県川口市〜蕨市)
db842e4a-s


:拙ブログの関連エントリー
2024年04月14日 不法滞在クルド人問題と保守系デモ!


 同団体が今年2月に同じく川口市内で開催したデモ行進の最中、警戒に当たっていた警察官が極めてオフレコで発言した内容が不適切であったとしてメディアで問題視されている。

 詳細は本稿冒頭にて転載した『朝日新聞』の記事に書かれているが、朝日による記事の書き方は明らかに意図的であり、おかしい。

 「デモに抗議する市民に対して『雑魚(ザコ)ども』と発言…」とあるが、明らかに事実に反している。

 その者らに対してダイレクトに浴びせた発言ではなく、極めて雑談程度に私見をポロリと述べたものに過ぎない。

 同じく文章を生業(なりわい)にする者として思うことだが、正しく書くとすれば「デモに抗議する市民に つ い て …」と表記すべきだろう。

 何よりも「デモに抗議する市民…」などと表現する朝日新聞の捉え方こそが意図的で偏向的・偏重的である。

 デモに抗議する側が市民なら、デモ行進を敢行している側も同じく(保守系)市民ではないのか。

 今に始まったことではないにせよ、朝日新聞の論調はあたかもデモ行進を行なっている側が反社会勢力であるかのように言いたげだが、そもそもその前提こそが大間違い。

 大体、デモ行進は(埼玉県)公安条例に基づいて許可を得たものであり、それが「ヘイト」だとか「差別」だとか一部で言われていようと、具体的な文言として何ら明確に指摘されていない。

 許可云々で言えば、その「デモに抗議する市民」の側こそ公道で横断幕やプラカードを高らかに掲げたり、拡声器を用いて発言(罵詈雑言)を浴びせるなど、無許可のデモンストレーションに他ならないものだろう。

 見ようによっては反社会勢力と言うか「反社会分子」。まさにゴロツキ、ならず者の類である。

 こういうザコ(雑魚)どもをザコどもと表現して何が悪いのか。

 こうした現場の警察官による発言がメディアで問題視されたぐらいで発言を認め、まるで謝罪のような見解を表明してしまう埼玉県警本部(上層部)も情けない。

 埼玉県警に抗議文を届けた然る市民団体(?)の幹部は朝日新聞の取材に対し、「警察の左派の運動への嫌悪感を感じた」とコメントしたようだが、このコメントの意味はとてつもなく大きい。

 これまで保守系デモへの妨害集団は少なくとも「ネットの呼びかけなどで市井の人々が自発的に集まったもの」として、少なくとも表層的には左右のイデオロギーによる政治的意図・関与などを否定してきたのではなかったか?

 それが図らずも「左派の運動」などと自らの出自・正体を露呈したようなものである。意味は異なるが、自らこそ「不適切な言動」によって自らの首を絞めている。

 やはり、「左翼」「共産主義者」とそのシンパであることを自ら認めたも同然。元より左右両派の問題と言うよりも、ルールを守らずに無許可で横断幕やプラカードを掲げ、拡声器を用いては(デモ・コールを掻き消す目的で)騒音を立て続け、人の迷惑も考えずに大挙して公道を占拠・占有するような行ないは誰からも嫌悪の目で見られても致し方ない。

 左派だとか右派だとか、政治イデオロギーが云々以前の問題である。

 埼玉県警察への抗議も揚げ足を取って警察バッシングをするネタとして格好の口実だったのだろう。その所謂「左派の運動」として警察を叩くことで警察を委縮させることが目論見であったと捉えるのが妥当である。

 ここでハッキリしたのは、やはり不法滞在クルド人やトルコ本国から「テロ支援指定」を受けているようなクルド人団体と共闘している連中というのは、そういう政治的思想を持つザコども…なのである。

 こうして警察や行政、国までもが委縮させられることで、ますます(市民団体の皮をかぶった)左翼・共産主義者勢力がさらに増長しては川口市にあっても蕨市にあってもザコどもの拠点を構築させることにしかならない。

 まさに川口市や蕨市で繰り広げられようとしている衝突とは、「クルド人ほか不法滞在外国人やテロ支援団体の追放を掲げた良識の保守派(右派)」と、「クルド人ほか不法滞在外国人を擁護・支援する左派」の全面衝突でもある。

 この拠点をめぐる一種の勢力争いとは、川口市や蕨市など埼玉県のみならず、日本国の不法滞在外国人の取り扱いについて雌雄を決する戦いとも言えるだろう。

 絶対にこの拠点をめぐる一種の勢力争いから撤退することは許されない。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪






◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト&Youtubeチャンネル



gaiboku


Posted by samuraiari at 22:23│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 

コメントする

名前
 
  絵文字