2024年05月04日

栃木・那須/殺人・遺体遺棄事件!

t9
画像上下:ニュース映像より
t2

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ 元子役や外国人が絡む組織的な犯行だが…?

歓楽街・盛り場でのビジネスさえ命がけの時代に突入!

 栃木・那須の山林で、飲食店経営者の夫妻が焼死体で発見されたセンセーショナルな事件では既に遺体遺棄に関わった20歳代の男ら4人が逮捕されている。

 それぞれが出身も経歴もバラバラで、中でも20歳の容疑者の一人がNHK大河ドラマにも出演するなど芸能界で活躍していた元子役であったことが注目を集めている他、もう一人の20歳の容疑者が韓国籍だった。

 絞殺と見られる手口で殺害された後に山林で焼かれたと見られる宝島龍太郎さん夫妻は東京・台東区の上野界隈で手広く飲食店を営んでおり、事件の全体像は判然としないものの、特にチャイナ系(中国系)の進出が著しい上野界隈でのトラブルも伝えられただけに「外国人絡みの組織的犯行」との見方も強い。

 逮捕された、いずれも20歳代の容疑者らについてだが、任されたのは飽くまでも「遺体運搬」「処理」のみで、宝島さん夫妻が「殺害された以降のこと」だったのである。

 前述のように出身も経歴もバラバラで金銭の授受のみで犯行を請け負った言わば闇バイト。警察に捕まれば口を割ることが自明の者ら、それもド素人の集まりに殺害まで任せたとも考え難い。

 このまま捜査が進んで逮捕・起訴される過程で殺人まで認めて罪を被るのか…それとも遺体遺棄罪のみで裁かれて殊の外、軽微な罪で済まされるのか? いずれにしても容疑者らに更生の道など残されていないことは事実である。

t5
画像上下:ニュース映像より
t3

 若山耀人(きらと)容疑者がNHK大河ドラマにも出演した子役出身者ということで、これまた一大センセーショナルに注目を集めた栃木・那須での死体遺棄事件だが、子役・芸能界出身者による犯行も別段、珍しくはない。

 男女トラブルに端を発して交際相手の女性とその浮気相手の男性らを刺傷したとして、子供時代にはNHKドラマ『中学生日記』にレギュラー出演していた男が逮捕された事例を身近に見聞きしたし、平成時代には昭和期の連続時代劇『子連れ狼』に出演した名子役の男が殺人事件を引き起こして世間に衝撃を与えた。

 子役出身ではないが、「北野ブランド」で知られるキタノ(武)映画に出演した俳優が生活苦から引ったくりの強盗を繰り返していたとして逮捕されたりしたものだ。

 「全員悪人」がキャッチフレーズの劇中ではコワモテのヤクザ役として注目を集めたが、リアルな現実世界では本物の悪党だったというのだから驚く。

 およそ外部からは気楽な商売にも思われがちな芸能界だが、ある種、見世物小屋でもあるので並の神経では務まらない。神経質な人が多いとされる芸能界。若くしてそこから脱落する者が出てしまうのも必然的なことではあるのだろう。

 特に子役は名子役であればあるほど俳優として大成はしない、というのが芸能界でも定説となっている。一度でもカタにハマってしまえば、そこから次々と新たな境地を開くのも容易ではないのだろう。

 華やかな舞台だった芸能界から完全に脱線して歓楽街で屯(たむろ)しては好ましからざる外国人ともツルみ、悪しき繋がりから良からぬ儲け話が持ち込まれたものと思われる。

t
画像上下:ニュース映像より
t6

 肝心の事件そのものの全体像についてだが、先述のように逮捕された20代歳の4容疑者はいずれも使い捨ての単なる逮捕要員。

 既に殺害そのものはその道の「プロ」たちの手によって仕上げられており、死体そのものを完全に消去する方法もあるのだが、「ラスボス」的な上位・背後の者らにとってはそこまで死体処理に費用をかけることもない。

 逮捕された佐々木 光や平山綾拳、姜光紀、若山耀人の各容疑者など、最初から飽くまでも使いっパシリの逮捕要員。

 死体の遺棄・損壊が露見しようと露見しまいと、処理に関わった4人とその他の者らが捕まろうと捕まるまいと、ラスボス的な上位者・背後関係者らにとっては知ったこっちゃないのである。

 犯行を仕組んだ者らにとって宝島夫妻を社会から抹消することによる「利得」は既に達成されており、栃木・那須で露見した死体の損壊と遺棄とは、飽くまでも「それ以降のどうでも良い部分」だったのである。

 死体の遺棄・損壊に関わる場所が栃木・那須の山林である必要はなかったし、単にそれを手掛けた4容疑者があまりに浅はかで未熟、愚かだったがゆえに早期に露見したというだけの話だろう。

 チャイナ系はじめ外国人による侵食が目立つ都心の歓楽街だが、今後、利権に絡むこうした殺傷沙汰が増えることは間違いない。

 特段、複雑な謀殺劇などではなく、暴力団抗争におけるそれと同様、単に「アイツうぜぇ」「消せ」が発端であったりする。

 まさに歓楽街、盛り場でのビジネスの拡大も命がけの時代になったのが今日の移民社会であると言えそうだ。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪






◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト&Youtubeチャンネル



gaiboku


Posted by samuraiari at 01:15│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 

コメントする

名前
 
  絵文字