2024年05月15日

不法滞在クルド人追放街宣での暴力事件!?


wara
画像:デモ街宣に対する(極左崩れの)妨害集団による演説・行進妨害は常態化して10年以上になるが…
(さる令和6年4月28日の『日本第一党』による蕨デモ行進より)


◆ 外国人犯罪撲滅協議会 公式サイト(広報)より再掲
2024年04月28日 【埼玉】〜不法滞在クルド人追放〜 日本・トルコ友情デモ行進!


最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪


◇ SNS投稿こそは「真の民意」が発信・反映されている!

いずれ不法滞在クルド人問題が特に顕著な地域での行動を再開?

 さる令和6年5月12日(日曜日)、埼玉県のJR川口駅前(東口のデッキ上)にて保守系市民団体が行なった街頭演説活動の終了後、参加者と妨害者の間での小競り合いによる暴力事件(?)が発生したと報じられた。


以下、ニュースより引用

暴力のハードルが下がっている…川口で行われた街宣活動の参加者、抗議の男性に暴行 川口署に被害届を提出
5/14(火) 16:10配信 埼玉新聞

排斥街宣活動で抗議者が暴行被害=埼玉県川口市

 12日に埼玉県川口市のJR川口駅で行われた在日外国人民族の排斥を訴える団体の街宣活動に対し抗議をしていた東京都の男性(53)が、街宣活動の参加者から暴行を受けたとして、暴行容疑で川口署に被害届を提出したことが分かった。

 男性によると、同日午後3時18分ごろ、活動を終了し川口駅西口に向かう参加者を追いかけながら抗議した際、向かってきた参加者らの一人が男性の顔に向けて手を出し、手の甲が眼球に当たった。

 男性は取材に「(抗議という)言論に暴力で応じるのは民主主義の否定であり、許されない。差別をする人にとって暴力のハードルが下がっていると感じる」と話した。

以上、引用終了

 …当該の保守系団体とは、おそらくはSNS(X)で告知が出されていた以下の団体だろう。

 告知では過去2度にわたる川口街宣と同様、「クルド人よ、郷に入りては郷に従え」「不法滞在は犯罪だ、即刻強制送還せよ」等をテーマに街頭演説会を行います…と呼びかけられている。


画像:有志団体によるXポストより

 ニュースが報じられたSNSの掲示板では事件について投稿者らが口々に言及していた。

 おそらくは妨害者が帰途に着く(街宣)参加者を追いかけ、追われた参加者が何らかの接触トラブルにならないように手を振りかざそうとしたところに妨害者が接触したものではないかと見立てられている。

 コメント欄での多くの方の見解がそうだった。おそらく警察の見立ても同様のものとなるだろう。

 要は「被害者だ」と称する妨害者の側こそが仕掛けたトラブルであるが、たとえ刑事事件にならずとも妨害者サイドにとってこうした事件を誘発するメリットはある。
 少なくとも警察沙汰になったことで相手(標的とする街宣参加者)の氏名、住所なりが警察の捜査記録に残されるからだ。

 弁護士なりを使うなどすれば、その素性が割れるからに他ならない。仮に刑事事件での告訴云々は難しくとも民事訴訟を起こす口実にもなるだろう。

 しかし、SNSのコメント欄での反応はむしろニュースで報じられているような「下がっている暴力のハードル」とは、クルド人ほか外国人による乱闘事件などの暴力行為が頻発するようになってきた状況だ、と懸念する向きが大勢だ。

 クルド人ら外国人による犯罪についても、それらを擁護する妨害集団によるデモ演説妨害にしても、見ている人はしっかりと見ていて状況を把握しているもの。

 デモ街宣への妨害はニュースでは「抗議」などと称されているようだが、このあたりを抗議なる「妨害」に加担している者らもよくよく考えたほうが良いだろう。

 …実は今年4月中、川口市内での不法滞在クルド人問題をめぐり、然る川口市議会の関係者らと同市内で面会した。

 面会は然る仲介者を介して行なわれたもので、詳細についてここで書くわけにはいかないが、仲介者と市議会関係者らは実は私(有門大輔)よりも、前出の保守系市民団体の代表者に会いたいようだった。どうしても直に会って言いたいことがあるようだった。

◆ 関連動画再掲!
令和6年3月20日 秋ヶ瀬公園 「ネウロズ」

(提供:NPO法人 外国人犯罪追放運動チャンネル)

 …川口市内で同市議会関係者や仲介者らと会った際、件の保守系市民団体の代表者にも声をかけることは出来た。正直、しまった、呼んでおけば良かった、呼ぶべきだったとは思ったが、私は彼ら市議会関係者や仲介者のメッセンジャーボーイではないので、今になってもそこまでには至らない。

 しかし、今後も川口市内もしくは隣接する蕨市内でクルド人問題での(保守系市民団体による)デモ街宣が続く以上、いずれそのような機会があるかも知れないので、その連絡役を担うことくらいは吝(やぶさか)ではない。

 それにしても妨害集団による件の保守系市民団体への狙い撃ちは熾烈である。
 同じく川口市内もしくは蕨市内でのクルド人問題でのデモ街宣と言えば、私ども『日本第一党』(桜井 誠 党首)としても積極果敢に取り組んだところだが、曲がりなりにも政党として国政選や地方選を戦った団体よりも一保守系市民団体のほうが「ヘイト団体」などとレッテル貼りして攻撃するには格好の標的なのだろう。

 遂には今回、街宣終了後の参加者に付きまとっては妨害者との間で「暴力事件」が演出されるに至ってしまった。

 自ら争いを仕掛けて挑発しては抵抗せざるを得ない状況に仕向け、一たび手足や身体の接触があれば相手側を「加害者」に仕立て上げて殊更に被害を叫んで誇張する様子は、今日のクルド人問題に通ずるものがある。

 自ら不法入国の上に不法滞在・不法就労を続け、暴動・乱闘などの暴力事件から凶悪事件まで頻発させ、日本社会のクルド人観が硬化すれば忽ち「ヘイトだ」「差別だ」と喚き立てては自らの正当化を図ろうとする。

 マスコミや人権団体のみならず、国や地方自治体までがクルド人に緩い姿勢になってしまっているところが余計によろしくない。


以下、ニュースより引用

経済悪化で高収入求め密航1万数千キロ 「日本は安い」 トルコから脱出するクルド人の実情
5/4(土) 14:50配信 産経新聞

kuru
東京出入国在留管理庁

高額な手数料でトルコの少数民族クルド人の欧米への密航を手引きする違法なネットワークの存在が、現地調査で明らかになった。浮かび上がるのは、トルコ政府からの迫害から逃げ延びてきた難民というより、経済的な観点からトルコを出て北米や日本へ移り住もうとするクルド人もいるという、日本国内の議論では語られない「実情」だ。

■仕事求め

「トルコ経済は最悪。弟は高収入を求めて国外に飛んだんだ」

トルコ国内に住む40代のクルド人男性は、匿名を条件に、弟がトルコから北米へ密航した詳細を産経新聞に打ち明けた。

この男性の弟は30代。2022年末、トルコの最低賃金の3年半分にあたる約1万5千ドル(229万円相当)を遠くメキシコのある組織に支払い、国外への切符を手にした。用意されたのは、大量の偽造書類だったという。

トルコではここ数年、インフレが恒常化。今年3月の消費者物価指数が前年同月比で70%近く上昇したほか、昨年2月にはクルド人の多い南部を中心に大地震が発生。内戦が長引くシリアからは、クルド人を中心に300万人以上の難民を受け入れ、経済の停滞が続く。

男性の弟も大学卒業後、安定した仕事が見つからず、故郷を離れる決意を固めた。

まずトルコから1万キロ超離れたメキシコに空路で向い、査証(ビザ)のないままブローカーの手引きで入国審査を通過。さらに米国国境を陸路で突破し、難民認定を申請。1万数千キロ以上の行程の末、難民と認められた。現在は運転手などをしながら、家族の滞在許可を待っているという。

「難民?弟は迫害を受けたこともない、ただの移民だ。仕事のないトルコから豊かな国に向かうのは当然だ」。男性はこう話す。

■北米より安い

ただ、支援が充実した国に密航できるのはごくわずか。その意味で、最近は日本が注目を集めている。トルコから日本への入国にはビザが不要で、数十万円程度の航空券さえ手に入れれば正規に入国できるからだ。

「日本はビザもいらないから北米よりも安く行けて、仕事ももらえる。手続きに必要な書類もいくらでも偽造できる」とこの男性はいう。実際、人口数万人のトルコのある地区では、住んでいたクルド人の相当数が日本に入国しているといい「親族が呼び寄せたのではないか」としている。

川口市長、外国人の子への教育支援を国に要望「外国人や仮放免の人の入国を国が認めている」「責任持ってバックアップを」
5/14(火) 8:11配信 読売新聞オンライン

kawa
川口市役所

 埼玉県川口市の奥ノ木信夫市長は13日、外国人の子どもに対する教育支援の拡充を求めて、要望書を文部科学省、法務省などに提出した。市内では1500人余りの児童生徒が、学校で特別な日本語の指導を受けている。同日には、学校現場への視察も行った。

 市内の小中学校には4月1日現在で、3134人の外国人の児童生徒が在籍。半数にあたる1538人が特別な日本語指導を受けている。そのうち7割が中国籍で、1割がトルコ国籍という。指導は、授業の一部で別室に移って行われることが多い。担当する「日本語指導支援員」の人件費などとして、市は今年度当初予算で2360万円を計上している。

 このほか教材費など就学援助にかかる費用もあり、市は要望書で「大きな財政負担となっており、今後ますますの負担増が見込まれる」と強調。市内には、2000人以上のクルド人がいるとされ、在留資格を持たず、正規の仕事に就けない「仮放免」の人が相当数いるとされている。そうした状況にある世帯の子どもへの新たな支援策を求めた。

 この日の視察には文科省職員のほか自民党衆院議員らも参加した。中国籍やトルコ国籍の子どもが多く通う小学校と中学校の現状を確認した。奥ノ木市長は報道陣の取材に対し、「外国人や仮放免の人の入国を国が認めている以上、国が責任を持ってバックアップしてくれないと困る」と語った。

以上、引用終了

 …川口市長が自ら不法滞在クルド人の教育やら面倒を国の税金で見ろ、とは一体何事なのか?

 主に埼玉県内での不法滞在クルド人問題は今後4〜5年の間に大方の目途がつくとされているが、4〜5年ならずとも1〜2年でも大変な(日本残留の)既成事実。それが4〜5年ともなると乳児も児童も大変な成長を遂げて余計に更なる既成事実。

 結局はコミュニティの大部分について在留を容認する羽目になる事態も懸念されるが、(所属する日本第一党の)党活動などの諸事情が整えば、いずれこちらとしても川口〜蕨両市内での行動を再始動させたい。

最右翼勢力を支持! ←ブログランキング応援クリックお願いします♪






◆『外国人犯罪撲滅協議会』公式サイト&Youtubeチャンネル



gaiboku


Posted by samuraiari at 20:36│Comments(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
外国人犯罪 / 凶悪・組織犯罪 

コメントする

名前
 
  絵文字